珍しい!企業が自社PR用の読み札(かるた)を募集

珍しい企業PR用のかるたの読み句が募集されています。募集しているのは、ヨーロッパの工作機械の輸入を明治39年(1906年)に開始し創業したアズビル株式会社です。現在はビルや工場、介護などの現場でのオートメーションシステムを提供している会社のようです。

去年の4月に社名をアズビルに変更したそうですが、「もっと知ってね、アズビルのこと」をテーマに、会社の知名度をあげる企画です。応募開始して10日で219件の応募があったそうです。

8月末まで応募を受け付け、10月1日に結果発表されます。入選者にはかるたのセットと5千円から3万円までの賞金が提供されます。ちなみに社名の「ア」「ズ」「ビ」「ル」の読み句だけは、以下の通り決まっています。

「ア」 あちこちで 安心見守る オートメーション
「ズ」 ズットと支える 現場で叶える 達成感
「ビ」 ビルも工場も住宅も まとめて省エネ 実現します
「ル」 ルンルンと 仕事はかどる 快適空間

企業がかるたを作る事例といえば、自動車メーカーのホンダが作成した交通安全かるた、カメラメーカーのニコンが作成した「いきものかるた」等、社会貢献活動の一環としてのかるたが一般的です。このように自社PRを目的とした、しかも公募型の企業かるた制作は、もしかしたら初めての取り組みではないかと思われます。(他の事例があれば、ぜひおしらせください。)

ぜひ1セットもらいたいので、頑張って応募しようかと考えています。

また、海外にも事業所があるので、ぜひかるたプロジェクトインターンを派遣して、英語版にも挑戦してみたいです。

関連サイト:
アズビル
ホンダ「交通安全かるた」
500円で市販されています。 「赤信号 必ずと止まる 合図だよ」(「あ」の読み句)
ニコン「いき物かるた」
教育関係者にのみ提供している非売品です。