筑波の高校生が「姉妹都市かるた」について発表

4月22日(土)につくば市へ出かけました。「つくば・ミルピタス姉妹都市かるた」を作った竹園高校の生徒たちが、JICA(国際協力機構)のイベントで発表すると聞いたからです。会場はJICA筑波施設内の体育館(体育館があるのが不思議にスゴイ)。茨城だけでなく、栃木からも高校生が自分達のブースを設け、国際協力について学んだり、体験したことを発表していました。竹園高校の生徒の発表は英語と日本語のバイリンガル。英語の発音がきれいでびっくりです。先生に聞くと、卒業したら筑波大の国際専攻や国際基督教大学に進むとのこと。納得です。竹園高校の発表の最後は、もちろんかるた大会、楽しく終わることができました。