「自国の文化が受け入れられるのは、こんなにも嬉しいことなんだ」体験談

宮北真生子さん
筑波大学
 ・人間学群2年
イギリス・2016年9月参加 

大学生のうちに必ずしたいと思っていた、憧れの海外研修・ホームステイを経験できてとてもよかった。かなり濃い3週間を過ごすことができた。

コミュニケーションに大切なこと

今まで「科目」という感覚だった英語が「言語」になった。ペラペラと話せるようにはなっていないけれど、感情を込めて話せるようになり、なんとか自分の気持ちを伝えることができた。ただ、つたない英語でもコミュニケーションがとれたのは、お互いに理解しよう、伝えようという気持ちをもっていたからだと思う。

ホストマザーはいつもわかりやすく言い換えてくれたり、私が言葉に詰まったら助け舟をだしてくれたりした。生徒たちも辛抱強く聞いてくれ、私が言いたいことを察して言い換えてくれた。このように、お互いに理解し合おうという気持ちがあったから、たどたどしい英語でもコミュニケーションがとれたのだと思う。

一方で、日本人と日本語で会話するほうが難しいと感じることがあった。日本語は理解できるものという前提があるから、理解しよう、伝えようという気持ちや相手への配慮が足りておらず、その結果噛み合わないことも多かった。私はとてもわかりづらい話し方をしていると気がついたので、もっと相手が理解しやすい話し方を身に着けようと思った。

続きを読む