イギリスで日本文化を紹介して

1102kana

原田 香納子さん
山梨大学教育人間科学部3年
イギリス・2011年2月参加


今回、私は『日本文化紹介』を通した文化交流を目的に、このコミュニティ・インターンに参加しました。以前大学のプログラムで行った短期留学とは違い、自らも文化発信する体験をすることで、将来に活かしたいと思ったためです。このレポートでは、大学で異文化について学んできた国際文化コースとしての視点から、「イギリスで日本文化を紹介して」という題で、気づいたことや感じたことについて記したいと思います。


カルタ作り

最初のクラスはMiss Pollardのクラスでした。自己紹介で名前を言うと、子どもたちが「Hello,Kana~.」と温かく迎えてくれました。日本では黙って話を聞くことが多いので、教師や私たちのアプローチに反応する姿がとても新鮮に感じられました。

私が担当したカルタ作りは「School Karuta」ということで、学校に関連したものを作ってもらいました。イギリスにはカルタゲームのような遊びがないと聞いていたので、ルールなど分かってもらえるか心配でしたが、意外にもすぐできたので驚きました。カルタゲームのシミュレーションをしたとき、見学の子どもたちは誰が早かったかどうかしっかり見ていて、自然とレフリーの役割をしていたことが面白かったです。
カルタは書道や折り紙と違い、作った後にゲームとして使えるので私たちが帰ったあとでも継続して楽しんでもらえるので、今後もぜひ取り入れてほしいと思いました。


書道

聞くところによると、私のチーム(Green)は書道の多いチームのようでした。小学校の頃に書道を習っていたことがあるので、嬉しかったです。しかし、他の人に教えた経験はなかったので、新たなチャレンジとして行うことができ新鮮で面白かったです。

イギリスの子どもたちはPaintingに慣れているためか、文字をイラストのように書く子が多く、なぞったり辺とつくりを離して書いてしまったりして、始めは教えるのに苦労しました。しかし、最終的にはそれぞれ素敵な作品が仕上がり、短い時間で子どもたちの成長が感じられたので、とてもやりがいのある活動でした。

また、1回目では名前の練習はしないのですが、個人的に「私の名前は日本語でどうやって書くの?」と質問してきた子が沢山いました。日本文化体験を楽しんでくれて、さらに日本に興味を持ってくれていることが伝わってきて、とても嬉しかったです。


折り紙

私のチームは折り紙の授業は少なかったのですが、日本との違いを一番感じたのはこの活動だったように思います。カルタでは使い慣れている鉛筆や絵の具、書道では使ったことのない筆とは言え、絵の具の筆を使い慣れているので、呑み込みが早いように感じられました。しかし、折り紙は、あまり触る機会がない正方形の紙を丁寧に折っていくという細かい作業です。

第一に気づいたことは、正方形の紙を半分に三角に折るとき、角が合っていないということでした。合わせるように言ってもなかなか上手くできず、特に年齢が下のクラスになると、代わりにやってほしいと頼んでくる子が多かったです。些細なことですが、日本文化の特徴を感じられた場面でした。とはいえ、折る順番は説明をしなくても折り図のみで理解してしまう子もいて、どんどん先に進んでいく様子には驚きました。1つ完成しても「もう一回折りたい」と言ってくれたのも嬉しかったです。

子どもたちがとても積極的で、好奇心旺盛だったことが印象に残りました。私があるクラスで担当したグループの男の子はたくさん話しかけてくれましたが、その度に先生や周りの子に注意されていました。少し可哀相だったので休憩のときに話を聞くと、忍者の本を見せてくれて、忍者について質問されました。
しかし、私には忍者についての知識がないので、「手裏剣」など簡単な単語くらいしか教えられず残念でした。それでもその男の子は嬉しそうで、他にも日本や私たちについて沢山質問してくれたので、私も嬉しかったです。


その他

『文化紹介』には、Kazuが行った空手や、パーティーでの茶道紹介、着物・浴衣の披露もあり、授業以外でも触れることの多いテーマだったように思います。

◎空手演武
空手では、私たち含めその場にいた全員がKazuのパフォーマンスに注目し、静かな空気のなかで行われました。あの緊張感で精神統一されたような気分になり、日本独特の雰囲気がつくられていたように思います。全員揃った掛け声も日本らしく感じられ、言葉でなく身をもって体感できた発表でした。子どもたちは、いつも休み時間になると外に飛び出して走り回っているので、その様子から、体を動かすことが好きで空手も楽しんでいるようにみえました。機会があれば、日本の遊び(缶けりなど)を紹介しても面白いなと思いました。

◎茶道・着物・浴衣披露
今回私は用意できなかったのですが、Tea Partyなどで着物を着る機会もありました。そこで感じたことは、着物を着ていてもあまり驚かれないということです。私はもっと大きなリアクションがあるかと予想していたのですが、日本との交流に慣れているせいか、思ったよりはびっくりしていませんでした。しかし、その理由は”慣れている”だけではないのではないか、とふと思いました。

私がそう感じただけで正しいか分かりませんが、イギリスは日本に比べて異文化に対する理解が行きとどいていると思ったのです。日本は、周りと少しでも違うと「変わっている」と言われます。しかし、イギリスではみんな違うことが当然で、個性的は褒め言葉。これは学校訪問のときにも感じたことです。

例えば教師は、子どもたちの意見に対して「間違っている」とは言いません。数学などでは「間違っている」と言うかもしれませんが、案を出してもらうようなときには、できるだけ色々な意見を反映させてまとめているように感じられました。また、手を挙げて当てたのに、「う~ん」と言ったり「忘れた」と言ったりする子にも寛容なことには驚きました。(笑)

このように、普段から違いや異なるものを理解してくれる環境が整っているからこそ、着物(変わった服?)や私たちが紹介した日本文化をすんなり受け入れてくれたのだと思います。


ホームステイ先での文化紹介

また、今回はホームステイということで、ステイ先でも英語でした。日本とは違った生活スタイルの中で過ごすことで、活動を終えて家に帰ってからも異文化体験をすることができ、鍛えられたと思います。
ホストファザーとホストマザーには、毎日「今日はどうだった?」「今日は何をしたの?」と尋ねられました。その日の活動を話すと、自然と日本文化紹介をする流れになるので、学校で教えたことを再び話すことになります。

学校で教えるときとは違って教材・教具がないので、「○○ってどんなもの?」と聞かれたときの説明が難しかったです。しかし、ホストファザーとマザーはジェスチャーなどを見て興味を持って理解しようとしてくれたので、回数をこなすうちに紹介するのが楽しくなっていきました。

夕食メニュー(実例)
また、文化という観点からみると、食文化や食事のスタイルにも興味深いものがありました。下の表は、私のステイ先の夕食メニューを一覧にしたものです。
Date Main Dessert
3/1 ドライカレー プリン
3/2 パーティーで
3/3 フィッシュ&チップス チョコレートプリン
3/4 ミートパイ カスタードプディング
3/5 カレー風味のピラフ Mars(アイスクリーム)
3/6 チキン、野菜の付け合わせ プチシュークリーム
3/7 記録なし 記録なし
3/8 ハッシュドビーフ キャラメルチョコタルト
3/9 ラザニア パンケーキ
3/10 ピザとフライドポテト ライスヨーグルト(?)
3/11 チキン・野菜・クスクスの盛り合わせ チョコレートプリン
3/12 サーモンのムニエル、野菜の付け合わせ プリン
3/13 ロンドンで
3/14 チキン、野菜の付け合わせ Mars(アイスクリーム)

≪驚いたこと・気づいたこと≫
・毎回デザートが出ること。
・必ずワンプレートで出てくること。
・じゃがいもが必ずと言っていいほど入っている。(よく採れるのでしょうか?)
・日本のように、中央におかずがあってみんなで取るスタイルではないこと。
・いつも「無理に全部食べなくてもいいよ。」と言われるけれど、残飯は必ずごみ箱行きなのでもったいないと感じた。
・昨晩の残り物というものがなく、1回1回の食事が独立していること。


食文化の面でも日本との違いを感じたホームステイ体験でした。

日本食を紹介
そして、『日本食紹介』という意味も込めて、Yukiと一緒に”お土産用”として持ってきた日本食をホストファザーとホストマザーに渡しました。

3月3日には、「ひな祭り」ということで、日本から持ってきた”ひなあられ”と甘納豆、お煎餅などを渡し、それを一緒に食べながら紹介しました。行事の説明は、その日学校で少し紹介したので何とか出来ましたが、食べ物の説明は慣れていないせいか、難しかったです。

甘納豆は『Sweet beans』と説明し分かってもらえましたが、ひなあられとお煎餅がどちらも『Rice』であることを話すと、「どうやって作っているの?」「どう違うの?」など、次々と質問されました。私が答えられることもありましたが、ホストファザーに「加工しているんだよね?」「こうやって作っているんじゃない?」と逆に助けてもらう場面もあり、知らない自分が恥ずかしく感じられました。
日本に住んでいると自分が知らないことがあっても気づきにくく、それが当たり前になっていることに気づかされました。


結び
ここまで、大きく分けて『学校』『地域』『家庭』での文化紹介体験について記してきました。こうして振り返ってみると、基礎・応用・発展と、自ら活動を広げていけたことに自分でも驚いています。これには、事前指導や(事務局)の作ってくださったプリントで基礎知識を得ることができたこと、そして実際の活動を通して”必要なボキャブラリーや表現”を自然に身につけられたことが大きいと思います。

また、「文化紹介」ということで私は教える立場にあるはずなのに、逆に多くのことを学び気づかせて頂き、とても勉強になりました。特に、自分が思っているより『日本文化』を知らないことにはショックを受けましたが、そのことに気づけたということをプラスに捉え、今後の課題として取り組みたいと思いました。

そして、たとえ”日本文化を紹介する”という場がなくても、今回の経験を日々の生活で少しでも活かしていきたいと考えています。たとえば、留学生や海外の方と接するとき、イギリスで紹介した日本文化を話題にすることもできます。今回の反省点である”質問に対応すること”ができるよう、普段から疑問を持つよう意識したいです。

そして、今回のインターンに参加したからこそ気づけたことを大切に、文化交流をより楽しく意義あるものにするべく、自分にできることがあれば何でも積極的に取り組んでいきたいと思います。