コミュニティインターンに参加して

1202noriko

長嶋徳子さん
跡見学園女子大学文学部3年
イギリス・2012年2月参加


はじめに

今回私がこのコミュニティインターンに参加したきっかけは、以前参加したことのある友人に誘われたことでした。私は教育学部や国際学部などに所属しているわけでもありませんし、将来、教師や国際的な仕事をしたいというわけでもありませんでした。今まで海外に行ったこともなかったので、最初は参加するかどうかとても戸惑いました。しかし何か新しいことに挑戦して新しい経験をすることで、「今までの自分の持っていた世界の幅が広げられる」と思い、参加を決意しました。そしてその思いはこのコミュニティインターンに参加するにあたっての目標にもなりました。実際にコミュニティインターンに参加してみて、日本とイギリスの文化・人・教育などの違いを多く知ることができ、私にとってとても刺激の多い日々を過ごすことが出来ました。また、改めて日本が良い国であると感じる事も出来ました。楽しかったこと・辛かったこと色々ありましたが、総合的に見ても満足の行く知識・経験が積まれたものと思っています。


日本の文化を紹介して(書道・折り紙・日本文化かるた作り)

今回私が取り組んだ日本文化は、書道・折り紙・日本文化かるたづくりの3つでした。

書道の時間では、墨やすずり、半紙などの道具がイギリスの子供たちにとって珍しいものだったのでとても食いつきが良かったと思います。イギリスでつかう文字はアルファベットだけなのに対し、日本はひらがな・カタカナ・漢字の3種類を使う事を教えた時も、とても驚いてくれました。実際に筆と墨をつかって書道の体験をさせた時、どの生徒も思ったよりしっかり書けていたことに感動しました。日本では字を綺麗に書く意識がある中で、イギリスをはじめアルファベットを使うところでは字を綺麗に書くという意識があまり無いということもこの時初めて知りました。だからこそ字の美しさを表し、芸術となる書道は素晴らしいものだなと我ながら感じることが出来ました。

折り紙では一人ひとりに新聞紙で「かぶと」を作らせ、最後にみんなで記念撮影をしました。どの生徒もとても楽しそうに折り紙を折っていて、中にはかぶと以外の物も折れるようになるくらい上達する子もいました。

日本文化かるた作りはフロムジャパンでは初めて行うものでした。そもそも日本文化をあまり知らない(知っていてもアニメ・マンガ・寿司・忍者くらいでしょうか)子供たちに日本文化の読み札と絵札を作る体験をさせるのですから、こちら側の準備がとても重要なものでした。日本文化かるたの題材としていくつか日本の文化をパワーポイントで作り、実際に見せたりすることで理解を深めてもらう工夫をしました。個人的に思ったことは、相手が小学生ということもあったのか、日本の小学校について説明をした時はとても反応が良かった気がします。(給食・ランドセル・登下校・掃除の時間など)生徒たちが作ったかるたを含めてかるた大会をした時はとても白熱しました。中には生徒同士でかるたの取り合いの喧嘩が起きてしまったりもしましたが、それほど日本のかるたに興味を持ってくれた証拠だと思います。

この3つの日本文化を紹介する上で、授業の流れについて全体的に工夫した点もあります。一つは、説明をする場面ではところどころ生徒に質問を入れることで退屈させない授業にすることです。こちら側が淡々と説明だけするのではなく、質問を入れることで“一緒に参加する場”を作り上げることが大切だと知りました。質問は単純なものでよいので、ちゃんと聞く・話すやり取りがある方が良いことを学びました。もう一つは自分たちが日本で用意してきたキャラクターのシールをワークシートに貼ってあげたり、折り紙で花やメダルを作ってよくできた子には授業の最後にプレゼントをしたりと、生徒が喜びそうなことを自分たちなりに行なってきたことです。どれも生徒が喜んでくれ、良い経験をすることができました。


参加者達から学んだこと、チームで良い物を作り上げていく経験

今回はイギリスの現地のことだけでなく、コミュニティインターンに参加した人たちからも多くを学ぶことが出来ました。私は英語があまり得意ではなく、準備も満足にできていませんでした。現地では英語の得意な参加者に助けられたことも多々ありました。単語や文法を知っていたとしても、会話をしようとするととっさに英語が出てこなくなってしまうので、かなり苦しみました。しかしメンバーが「まずはなんでもいいから話してみないと始まらない」「中学生レベルの英語でも会話はできる」などアドバイスをくれました。それから少しずつ、日本人同士でも会話を英語だけにしてみたり、ホストファミリーと会話をする機会を増やすなど工夫しました。完璧とは言えませんが、この時にコミュニケーションをとる勇気を教えられました。

日本文化を紹介する時は数人のグループになって取り組んでいました。どのグループも「こうしたらいいんじゃないか」「ああしたらもっと良くなるのでは」とマニュアル以外のことも沢山自分の中で考えている人が多く、「チームで良い物を作り上げていく」ことの大切さにも気付かされました。自分で良く考え、それをチームに伝え、そしてよりよいものが作られていく。この環境にいた事で私は参加者達から多くの刺激を受けることができました。それ以外でもメンバーとは夜にバーに行ったり、休日にカンタベリやロンドンをめぐったりもして良い思い出ができました。オンとオフの切り替えをしっかりしていたのも良かった所だと思います。


日本とイギリスの違い、そして改めて感じる日本の良さ

私にとっては初めての海外だったので、人・文化・教育など様々なものが日本と違っていて沢山の驚きがありました。イギリスの小学生を見ていて個人的にまず思ったことは、授業中に積極的に発言をする子が多いということです。質問を投げかけていない時でも、「それ知ってる、〇〇でしょ!」「〇〇だ!」という風に何か自分の知ってることや思っていることをすぐ述べたい生徒が多かったです。その事に加えて私が印象に残ったのは、別の日に語学学校で英語を教えてくれた先生が行った言葉。「イギリスはとにかく“話す”ことが大切な文化。今日何があった?調子はどう?など、とにかく何か話をすることでお互いを理解するんだ」(というように私は先生の英語を解釈しました。多少違っているかも知れません)という言葉です。だから積極的に発言する子が多いのかなと私は感じました。日本では「言わなくてもわかる」「あうんの呼吸」というような考えがあり、必要以上に話さなくてもいいというような文化もあると思います。それに対してイギリスは話すことで相手に自分を伝えることしているのだと感じました。これらのことはコミュニケーションと言う分野で考えると、私にはとても関心が深かったです。またイギリスの人たちの会話の姿を見ていると、とにかくアイコンタクトが凄く、話す相手の目をじっとみているのが印象的でした。身振り手振りも大きく、だからこそきちんと伝える意識も強いのだと思います。

また、以下に挙げるのは私がイギリスで2週間生活をしていて個人的に感じたことです。主に日常生活についてですが、初めての海外だったので初心者なりに感じた部分です。
・電車やバスの運転が荒い ・トイレが流れない時がある ・お店の人の態度がフランク(テキトーな面も?) ・バーが多い=お酒好き?お酒に強い? ・見知らぬ人でも話しかける ・食べ物がジャンク ・ゴミの分別がされてない(地域による?)

ざっくりと挙げてしまいましたが、これらを日本の場合と比べると大きな違いがあるのではないかと思いました。総合すると、日本には「繊細さ・丁寧さ・サービス(おもてなし)の心」がある国であるということに気づきました。これは日本を離れて初めて実感しました。お店の人の対応であったり、素材を大切にする食べ物であったり…。帰国してから日本のファミレスに行った時、店員さんの対応がやけに丁寧に感じたりもしました(笑)まだまだ言い足りない事もありますが、私はイギリスで2週間生活をしてみたことで、日本という国が改めて良い国であるということを再認識することができたと思います。


終わりに

今回のコミュニティインターンに参加したことによって、私の中で得るものが沢山あったと思います。また、目標としていた「今までの自分の持っていた世界の幅を広げる」ことは、イギリスに行って様々なものを体験したことで「こういう考え方もあるんだ」「こういう人や文化がいるんだ」「こういう社会の国もあるんだ」と総合的な所で吸収することができ、幅を広げることができたので、目標は達成できたと思います。この経験を活かして今度の生活に役立てていけたらと思います。