日本とイギリスの教育

1202satomi

武井理美さん
信州大学教育学部3年
イギリス・2012年2月参加


私は大学で英語教育を専攻し,将来は中学校で英語の教員になることを目指して勉強しています。しかし,これまで海外に行った経験がなく,ネイティブスピーカーの人に対して英語を使う機会もなかったため,自分の英語力に自信がもつことができませんでした。そこで,大学生活が残り一年となった3年生の春休みに,最後のチャンスだと思い,海外に短期留学することを決めました。始めのうちは留学代理店を通した一般的な語学留学を考えていましたが,大学の掲示板でフロムジャパンのポスターを見つけ,英語を学ぶことができ,更にイギリスの教育現場を見ることができるというプログラムに魅力を感じ,すぐに応募しました。


私は3週間のプログラムに参加し,2つの小学校で日本文化を紹介し,子どもたちに体験してもらう活動を行いました。その中で日本とイギリスの教育の違いを感じる点がいくつかありました。

まず1つ目は入学年齢の違いです。イギリスは日本より入学年齢が2年早く,5歳で小学校に上がります。私は最初の授業で3年生のクラスを担当しました。日本では小学1年生にあたる歳の子どもたちです。私は実習で小学1年生のクラスに配属された経験があったため,その時のクラスと同じような学級の雰囲気を想像していました。しかし,活動を行ったクラスの子どもたちは,想像以上に集中力が高く驚きました。特に,教師や発言している他の児童の話を聞く姿勢が整っていて,教室を静かにさせることに苦労した日本のクラスに比べてかなり落ち着いているという印象がありました。年齢は同じでも早くから学校という環境の中で教育を受けることで,成長が早まるのかなと感じました。

2つ目は,イギリスではティームティーチングが徹底されていたことです。1クラス約30名の学級には必ず2名の教師がいました。私が見学したクラスでは1人が主に授業を進め,もう1人は支援が必要な児童に付いて手助けするという形でした。日本でも学級の小規模化が目指されていますが実現されていない学校も多く,私の実習校でも40人の生徒に対し1人の教師が授業を行っていました。実際に授業をしてみても,40人の生徒1人1人を満足いくように指導できませんでした。ティームティーチングが徹底されているイギリスはとても良いと思いました。

授業形態については他にも日本とは異なる点がありました。日本では生徒全員が黒板の方を向いて列を作るようにしたり,コの字型に机を配置するのが一般的ですが,イギリスでは5人から6人で机を合わせたグループ学習が行われていました。日本でも必要に応じてグループ学習が行われますが,多くの場合,効率が良いとされている集団方式の授業(教師が生徒全員に対して講義する形態)が行われているので,新鮮に感じました。また,グループ学習では生徒同士が顔を合わせているため,おしゃべりなどで教室が騒がしくなるのではないかと考えていましたが,子どもたちは課題に打ち込んでおり,集中力の高さに驚きました。

また,教師たちの違いも感じました。イギリスの教師たちは子どもたちの発言や取り組みを本当によく褒めます。子どもたちを認めてやることで自信を付けさせるためだそうです。それに比べて日本の教師たちは,褒めることが少ないと思います。私は授業中,問題に正しく答えても褒められたという記憶はほとんどありません。中学校ではいちいち「すごいね!」「よくできました!」という言葉がけをすることに違和感があるからかもしれません。しかし,英語の授業なら「Good!」「Well done!」「Excellent!」などの言葉がけがとても自然に感じられるのではないでしょうか。これは英語という言語や教科の特性であり大きな強みだと思います。私はイギリス滞在中このような英語の特性を感じる機会が何度もありました。日本では知らない人に道を尋ねることができませんでしたがイギリスでは気軽に声をかけることができました。イギリス人の明るい人柄と英語の気軽な雰囲気によって積極的になることができたのだと思います。

以上が私が感じたイギリスと日本の教育の違いです。


私はこのプログラムに参加し,改めて日本の教育について考えることができました。また,日本文化を伝えることを通して日本文化の魅力を再発見しました。特に折り紙は子どもだけでなく大人にも人気があり,一枚の紙から精巧な作品が出来上がることに感動されました。この経験を生かし,子どもたちが世界の言語や文化に興味をもつことができる英語の授業を作っていきたいです。

最後に感謝の気持ちを書きたいと思います。このプログラムではとてもたくさんの人に出会い刺激を受け,助けてもらいました。他の参加者や語学学校の先生,主催者である景谷さんのおかげで日本語が通じない環境でも,なんとか授業をすることができました。そして,私を温かく迎え入れてくれたホストファミリーなしではこんなにも楽しい時間は過ごせなかったと思います。初めての海外は周りの人に恵まれ,とても良い思い出になりました。