イギリスの文化・英語にふれて感じたこと

1208keita

寺門啓太さん
琉球大学教育学部2年
イギリス・2012年8月参加


 

私が、今回のこのインターンに参加したのには、2つの目的があります。1つは、英語が話せる環境に挑戦してみたい。というものと、2つめに、私が目指している教師に関連することで、イギリス(外国)の教育事情が実際に目で見ることができ、さらには、体験することもできるということに多くの魅力を感じ、参加に至りました。

この2つの観点で、今回のインターンを振り返ってみたいと思います。まず、1つめの英語の話せる環境という点ですが、痛感したのは、自分の英語力の無さでした。現地についてすぐ、日本人に会うことなく、ホームステイ先に滞在しました。この空港からホームステイの家につく間、私はなにを話すか考えて、なかなか口に発することのできないまま、ホームステイ先に到着しました。この行動の中には、今まで英語を私生活で口にしたことのない私でしたから、英語が苦手だから話せない。というより英語を口にする恥ずかしさに直面しました。またそれだけでなく、ある程度質問は出来ても、なにを言っているのか、一度では聞き取ることのできない、リスニングの問題もありました。到着早々いろいろな局面に襲われ、不安にもなりましたが、翌日は日本から来た仲間たちにも会い、少なからず安心感をいただくことができたのを覚えています。

そして、このインターンでは英語に触れる際に4つの行動パターンがありました。1つはホームステイ先の家族と自分だけというものです。わたしはこの関係でのやり取りが今回のインターンで英語を学ぶ1番の機会だと思います。家族とは毎晩一緒に食事をとり、語学学校での宿題や翌日に行く観光地の話を聞いたり、英語をもっと勉強したいと言ったところ、いちいち発音にも注意を配ってくれて、私も納得できるまで発音練習を繰り返したこともありました。今でもメールでやりとりをしています。この中で英語を話す恥ずかしさを取り払うことができたと思っています。

2つめに、第三者と仲間たちと自分があります。これは、語学学校内や街の探索などの時にこのような体型で英語を話す機会があります。この形の時は分かる通り、英語ができる人が話して、それ以外の人は、できる人に自分の英語を聞かれるのを恥ずかしがり、そのできる人に話すのを任せたりする機会が多くあります。自分は少しでも話したい!!という思いがあったので、率先して話してみました。うまくはいかなくても、自分の力になるのでこのような機会は率先して前に出て行ったほうが良いと思います。

3つめに、自分一人で街歩きをするパターンです。私は1回だけカンタベリーまで一人で出かけてみました。この旅で感じたのは、一人だとあまり話さなくても済んでしまう。ということです。これは自分でもびっくりしたのですが、書いてあることをたどって行けば何とかなってしまうのです。一応、カンタベリーでは観光できたので良かったのですが、英語を話そうとするならば、何かしらの目的があるとこの一人旅も活きてくるのかなと思います。

そして、最後に仲間と自分だけというパターンです。日本人だけだったら英語は学べるのか?と思われるかもしれませんが、私は学べると思っています。私は私生活の中で、自分の言ったことで、『これであってるのかなー?』や、Body languageで説明が不十分な部分がたくさんあったので、その足りない部分を仲間に「あなただったらどう言う?」と質問をかなりしました。嫌な顔ひとつせず私の面倒な質問に答えてくれた仲間には感謝しています。他人の表現を真似ることでも、英語を深めることにつながると思います。

英語を話す環境に挑戦してみた結果、表面的な部分は、3週間で伸びたかと言われれば、話すこと、聞くことにおいて正直大きな変化はないと思います。しかし、英語をもっと勉強して身につけたいという意識的には自分の中で大きな変化がありました。

そして、2つめに、教育現場を見ることができたということから、日本とイギリスの教育の違い、またイギリスの教育の特徴などをみつけることができたことですが、まず、参加者全員が驚いた電子黒板です。正直な話、私は教育学部の授業で、これからの時代は電子黒板が導入されるということで何回か電子黒板を見たことがありました。しかし、今回は私も驚いてしまいました。なぜなら、見聞きしていたものが、学校のすべてのクラスに配備されていたからです。少なくとも私が今回訪問した2つの学校ではそのような状態でした。また、親が学校まで送り迎えをしている光景、さらに、昼休みに担当の教師以外の子供たちの安全を管理するスタッフ、掃除をするスタッフ、授業中に教室で担任の補助をするスタッフなどの姿を見て、日本に比べて、教育にお金、または時間をかけているのが一目瞭然でした。

ただ、一点だけ掃除をするということについて、疑問が残りました。なぜなら、日本において掃除をすることは当たり前で、その場でなんらかの作業をしたら、最初より綺麗にいてからその場を離れる考え方があるので、イギリスの食後の食堂や、制作活動の終わったあとの教室などは見るも無残な光景が広がっていました。それをなんとも思わない心というのは、この掃除をやらない習慣からくるのではないでしょうか?実際にイギリスの街を歩けばすぐにわかると思いますが、バスや、道路は綺麗な景観とは言い難いものが広がっていました。日本人の誇れる部分だな。と密かに思っていました。

教師を注意深く見てみると、日本のように重い空気はなく、悪い言い方かもしれませんが、楽にやっている感じが見受けられました。これは、日本のように堅苦しい職員室がなくカフェのようなスタッフルームがあるからなのかなと思いました。残業をしないのが当たり前な感じのした職場の空気も気持ちの良いものでした。

そして、肝心の子供は、日本でもイギリスでも遊んでいるときはなんら変わりなく、元気いっぱいに遊んでいたので、難しく考えずに、昼休みはどんどん遊びに混ぜてもらえば、すぐに仲良くなれる気がします。

今回のこの経験を大学の教育学部の仲間たち、またはそれ以外の友達、そして、これからこのインターンに参加する仲間たちに伝えていき参考に少しでもなればいいと思います。