いかにシンプルで分かりやすく伝えるかが大切

1209eri

相川恵理さん
広島市立大学国際学部2年
イギリス・2012年9月参加


今回フロムジャパンのプログラムに参加した目的は、外国という地で日本文化を伝える授業をすることでコミュニケーション力と人前で話す度胸をつけることと、英語力を伸ばすということでした。以前外国でホームスティをした際、日本文化を紹介したらとても喜ばれ、日本文化がいかに誇れるものであるかを感じました。そのころからもっと外国の人々に日本の文化を知ってほしいという思いがあり、今回のこのプログラムに参加できたことをとても嬉しく思いました。

また、英語はもともと好きで大学でも英語を学んでいますが、なかなか実践的な英語学習の機会が少なく、本物の英語に触れて英語でコミュニケーションをとることができるようになりたいと思いました。私は人前で話すのが得意ではないですが、事前の準備をしっかりとしたため、思いのほか堂々と授業をすることができました。実際に授業をする前に語学学校で、模擬授業をして授業で使われる英語を教えていただいたり、授業を進める段取りや時間配分や役割分担を決めたり、必要な道具の準備をしたりできたのでとても有意義な時間となりました。

人前で何かを伝えるためには、分かりやすく、聞いている人を退屈にさせないように人を惹きつけなければなりません。そのようなことを意識しつつ、実際に小学校で授業をしてみて、子どもたちの興味深々な視線を感じつつ授業を進めることができ、人前で話す自信が持てました。子どもたちの話す英語は私たちにとって聞き取るのがとても難しいのですが、ゆっくり話したり、目を見てジェスチャーをしながら話したりしてコミュニケーションもとれたと思います。大学でもプレゼンテーションをしなければならない機会が多くありますが、その手助けとなる経験ができました。

そしてもう一つの目的である英語ですが、英語を使う機会は自分次第でいくらでも広げられました。小学校での授業だけでなく、語学学校で友達を作って話したり、ホームスティ先のホストファミリーと話したりすることができます。イギリスに行く前は多少は聞き取れるだろうと思っていましたが、実際に初めてイギリスについたとき自分の英語の聞き取れなさにショックを受けたのを覚えています。日本で聞く英語ではなく現地の人々の早い英語に全くついていけませんでした。しかし徐々に耳が慣れていき、最後は多少聞き取りやすくなりました。今回のインターンでは日本人の学生と過ごすことが多かったため、あまり英語を話す機会は少なかったのでもっと自分から積極的に英語を話す機会を増やしていけばよかったと思いました。ただ、イタリアの子や韓国の子と友達になることができ、英語を話すきっかけを作ることができたのはよかったです。子どもたちに授業してみても思ったのですが、英語は難しい単語や表現をしようとせずに、いかにシンプルで分かりやすく伝えるかが大切だと気づきました。そしてこのプログラムに参加したことで、今後の英語学習のモチベーションとなりました。

私が印象に残っている活動はかるた作りとフェアトレードタウン調査です。かるた作りは日本文化紹介の中で最も大変な活動でしたが、今までしたことのない取り組みでとてもおもしろかったです。郷土かるたは子どもたちが自分の住んでいる街のことを知る良いきっかけになったと思います。今回訪れた街は都会ではなかったのですが、歴史があり、調べればたくさんの素晴らしい場所やものがありました。子どもたちが学ぶことができたのはもちろんのこと、私自身も自分が訪れた場所を知る良い機会となりました。かるたと自分の暮らしている街をリンクさせて自分たち自身のかるたをつくることで、日本文化と外国の街を上手く融合させることができた活動だと思います。最初にかるたゲームをしたのでかるたの面白さを子どもたちが知って自分たちで作ることができるということに喜んでくれたのが嬉しかったです。かるたは絵が得意な子もいれば文章がうまい子もいて子どもたちの個性が非常に出ていました。一方でそれらが苦手な子にアドバイスするのが難しかったです。また終わらせる速さが違うのでその子どもたちの対応を考えるのも大切でした。

そしてフェアトレードタウンについて調査をしましたが、日本にいたころはフェアトレードを意識することはありませんでした。むしろ聞いたことがある程度で詳しくは知りませんでした。だから私が訪れた街全体がフェアトレードタウンと称されていることに驚きました。スーパーマーケットにはたくさんのフェアトレード商品が並べられており、店員の方も店にフェアトレード商品がどのくらいおいてあるかは把握されていました。しかし、街がフェアトレードタウンだということを知っていらっしゃる方はほとんどおらず、課題はフェアトレードの認知度をいかにあげるかだと感じました。さらにフェアトレードの商品の質の向上も課題としてあげられていました。またタミーさんにお話しを伺って、わざわざ現地にいかなくても商品を買うだけでその人々を救うことができるということに感銘を受けました。貧困をなくしたいけど、何をしたらいいか分からないという思いを抱えている人はたくさんいると思います。フェアトレード商品を買うという普通の消費行動が貧困で苦しんでいる人を救うことができるなんで本当に素晴らしい活動だと思いました。広島に帰って、この地で何かフェアトレードに貢献できたらいいなと思います。

英国コミュニティインターンでは現地の教育を学ぶことも学ぶことができました。日本の小学校と比較するとさまざまな違いが見られました。一番印象に残ったのはイギリスの小学校は多国籍な子どもたちが一緒に授業を受けているということです。初めに訪問した小学校にはさまざまな国の子どもたちがいて、驚くことに英語ができない子どももいました。日本の学校には日本人の子どもたちがほとんどです。イギリスのような環境で育つと多様な価値観を受け入れやすいのではないかと思いました。そのせいかいじめ防止のため子どもたちは休み時間は必ず先生の監視のもと、外で遊ばなければなりませんでした。私の印象では子どもたちは管理下に置かれていて教室での居場所があまりないと思いました。日本でもいじめが問題となっていますが、先生の子どもたちへの注意力がもっと必要ではないかと感じました。ほかにも教室の机の配置や装飾物も日本とは異なっていました。日本の教室は机が全員前を向いて並んでいますがイギリスはもともグループに分けられていました。このスタイルは非常にいいと思いました。日本でもグループワークというものが重視されていますが教室の雰囲気から変えるといいと思います。また教室の装飾もとても明るく、絵や図が重視されていました。またイギリスの小学校には掃除の時間というものがありません。イギリスのバスや道路はごみがよく捨てられていました。そして掃除専門の人がそのごみを集めていました。日本人は本当に清潔でイギリスのごみ問題は学校教育の掃除に対する考え方の違いからきているのではないかと思いました。

英国コミュニティインターンに参加してたくさんのことを学び、たくさんの素晴らしい仲間と出会うことができました。イギリスの小学校で授業をするなんで一生に一度の経験かもしれません。本当に参加してよかったです。