“lovely” days-生きた英語に触れる楽しさ、子どもたちと関わる楽しさ―

1209hina

深澤 一菜子さん
愛知県立大学教育福祉学部3年
イギリス・2013年9月参加


私がフロムジャパンのコミュニティインターンに参加した理由は2つあります。1つは、時間に余裕がある3年の夏休みに英語圏の国で趣味として勉強してきた英語を使って生活してみたいと思っていたからです。単なる語学留学ではなく、現地の人々と関われるところがこのインターンの長所だと思います。2つ目の理由としては、現在私が小学校教諭になるために大学で勉強をしているからです。大学の講義で海外の教育法についても勉強し、刺激を受けたので海外の小学校の様子を見ることができるということは私にとってとても魅力的でした。また、小学校の見学だけではなく自分が小学生に授業をして直接関われるという点も魅力的でした。

結論からいうと、イギリスでの生活はとても良かったです。毎日が充実していて、ホストマザー(ファーザーとは別居中でマザーしかいませんでした)はとっても素敵な方でした。イギリスのご飯はおいしくないと噂で聞いていましたが、ホストマザーがつくるご飯はとてもおいしかったですし、イギリス英語の発音で苦労するかな?と不安に思っていましたが数日経てば慣れてしまって問題ありませんでした。ホストマザーと私はほぼ毎日、夕飯の後に話をしました。それもイギリス英語に早く慣れることができた理由かもしれません。おしゃべりが大好きな私を察してくれたのか、自然とホストマザーとのんびり話す時間ができていて、本当の母のようでした。ホストマザーとの話の内容は、私が発見した日本とイギリスとの違いであったり、ホストマザーの趣味についてであったり、英語についてわからなかったことを質問したり様々でした。題名に入れた“lovely”という言葉はイギリスで私がよく耳にしたのでホストマザーに意味や程度、用法を教えてもらい、覚えた私にとってとても思い入れがある言葉です。お店の店員さんや学校の先生、家族などいろいろな人に本当によく言われました。このようにそれまで知らなかった言葉や言い表したかった表現を教えてもらうことは辞書にはのっていないものばかりだったのでとても勉強になりました。また、同じ家にイタリア人の男の子2人もホームステイしていたのですが、その2人が話す英語はイギリス英語よりも聞き取りにくく、最初はかなり苦労しました。しかしよく考えてみると、英語が母語ではない人と英語でコミュニケーションをしなければならない状況はこれから先もありえることです。良い経験ができたと考えています。

英語研修後の小学校での活動でまず感じたことは子どもたちが日本もしくは日本のものに興味をもってくれているということです。特に子どもたちが興味をもっていたのは日本語や日本の文字についてでした。自分や家族の名前のカタカナ表記を知ると嬉しそうでした。また、ある子は日本の津波について心配していました。子どもたちと関わるにつれて、自分の国である日本について伝えることはもちろん大事だけれど、イギリスや子どもたち自身について私が尋ねて互いに知ろうとすることも子どもたちとのコミュニケーションにおいて重要だということを感じました。自分が知らない、わからないという状況を恐れてはいけない、知らないのは当たり前なのだから子どもたちに逆に教えてもらおう!と思うことができれば、より会話を楽しめると思います。小学校での授業においては4日間の英語研修が大変役に立ったとも感じました。like thisを使えばなんとなく言いたいことを伝えることができるかもしれませんが、やはり一度に多くの人に物事を伝えるためには簡単で的確な言葉が必要でした。そして子どもとのやりとりのなかではほめる言葉やねぎらいの言葉は欠かせません。Well doneや Good try、NearlyやCloseなどの言葉を事前に英語研修で教えてもらっていたので有効に使うことができ、子どもたちとの会話も楽しいものになりました。活動をしていて感じたことといえば、子どもたちがとってもかわいかったということも言わずにはいられません。最初は名前を覚えていないために子どもたちはインターンのことをMiss!と呼びます。しかし、名前を覚えてくれると授業が終わっても翌日になっても廊下や運動場で会うとHina!!と呼んでかけよってきてくれました。休み時間には一緒に遊んだり、ある子は弟を私に紹介してくれたり、ある女の子は恥ずかしがりながらボーイフレンドを紹介してくれました。とても素敵な交流が子どもたちとできたので素晴らしい思い出ばかりが思い浮かびます。

小学校での授業を考える際に意識したことは能動的に子どもたちが動く場面をつくるということです。私たちが日本の文化を伝えるということは、子どもたちは聞く、教えてもらうという立場になるので受動的になるのは当然のことです。しかし、受身ばかりでは子どもたちのモチベーションが下がってしまったり、インターン任せになってしまうことがあり得ると思ったので子どもが主体的になってそれぞれの個性が出せるような場面をつくろうと工夫しました。例えばワークシートに顔や体、メッセージや絵を書き込めるようにしたり、かぶることができる大きなかぶと折り紙の授業に切り紙で装飾をする作業をいれたりしました。

もちろん小学校での活動も充実していて楽しかったですが、町歩きやオフの日の生活も楽しかったです。町歩きをすることで自分が滞在している町について詳しく知ることができました。そしてオフの日にはロンドンやカンタベリー、サンドウィッチなどに出かけました。町に出ると初対面の人と話す機会が多くなります。お店の店員さんと会話をしたり、外国の人にお店の場所を尋ねられたりしました。

現地の子どもとも大人ともたくさん関われて、現地の小学校も見ることができて、観光もショッピングもできて、さらに英語の勉強もできる、私にとってフロムジャパンのコミュニティインターンは“lovely trip” でした。