コミュニティーインターンに参加して

1209yui

原田優生さん
信州大学農学部2年
イギリス・2013年9月参加


私が参加した理由は、「海外での生活を体験してみたかったから」というものです。教師になりたいなどの目標はありませんでした。語学研修などでも海外生活はできるが、この企画では、海外に行ってからの活動が明確でした。そして、せっかく行くのだから何か明確な活動目的があった方が充実したものになるのではないかと思いました。さらに、子供たちに、日本文化を紹介するということはなかなかできない体験で、良い経験になり、さらに親が、教師だったので少しは親のことがわかるかなと思い参加しました。参加した理由は、あまりかっこいいものではなかったのですが、とてもよい経験になりました。

実際に活動してみて、日本では経験できないことができたと思います。まず、ホームステイでは、温かい家族に恵まれ楽しく生活できました。私が印象に残っていることは、家を出ていくときや、寝る時など、顔を見なくなるときに「Have a good day」などの言葉を、必ず言うことです。相手への思いやりの気持ちなどをストレートに言葉で表現しているところが、日本とは全く違うけど、いい文化だな。と思いました。観光に行くときも、行き方を丁寧に教えてくれました。一日の出来事を話したり、夜一緒にドラマを見たり、そんな些細なことが、とても新鮮で、楽しい時間でした。英語力がなかったので、分からないことも多かったのですが、相手の表情や目を見ることで、なんとなく理解でき、会話もできたので、良い経験になりました。観光の帰り道に、道に迷ったこともまたいい経験でした。歩道のない夜道を友人と三人で歩き、どうなることかと思いましたが、パブなどで道を聞くと、優しく道を教えてくれました。そのお店に、お昼を食べに行き、おいしい食事ができました。偶然の発見が、結果的にとても良いものになりました。現地に住んでいる日本人と偶然出会い、おいしい料理店や、パブに連れて行ってもらったり、家に遊びに行ったり、楽しかったです。いろいろな人に出会えて本当によかったと、実感できる日々でした。

授業では、英語がうまく話せるか不安だったが、事前に授業で必要な英語を教えてもらえたので思っていたよりは大丈夫でした。事前に、自分の担当していた折り紙に関しては、友人とスライドを準備していたので、模擬授業でもやりやすかったです。突然の予定変更で、新しいスライドをつくらなければならなくなっても、一回作っていたので、作りやすかったです。かるたゲームは、外国の子供は楽しめるのかな。と思っていたが、とても楽しんでくれました。子供たちは、どの学校でも素直でした。私たちにとても興味を持ってくれて、日本に関する質問にも積極的に答えてくれました。ピカチュウや、ハローキティーがとても人気で、こっちの方が驚きました。しかしこれらのキャラクターが日本からたことはあまり知られていなかったです。そして、授業をしていないクラスの子供にもお昼ご飯や、そのあとの休み時間などに話しかけられたり、一緒に遊んだりして楽しい時間を過ごせました。授業中には、子供に英語の発音をなおされ、よい経験になりました。よくできましたシールは人気でしたが、それよりも印鑑の方がリアクションが良かったです。腕や手、顔などに押してほしいと頼まれました。このような子供たちとのふれあいが、とてもいい思い出です。

そして、フェアトレードの活動をしている、タミーさんに会い話を聞きました。なにか一つのことに一生懸命に活動している人はとても尊敬できると思いました。とても情熱的で、私も何か見つけて一生懸命頑張りたいと思います。

今回この活動に参加する前は、少し不安になることもあったのですが、一歩踏み出して飛び込んでいくと様々なことが経験できて、それが自分の中で一つの自信になり、一生忘れられない思い出になることが分かりました。そして今回出会った仲間にはいつも助けられて迷惑ばかりかけ、とても感謝しています。これからもずっと友達でいたくなる、そんな人たちと出会えてよかったです。三週間とても充実していて、とにかくこの活動に参加してよかったです。