Communication

1209yuma

奥原 由真さん
信州大学教育学部4年
イギリス・2013年9月参加


今回の、海外での3週間の滞在、ホームステイ、語学学校、海外の小学校訪問は私にとって初めての経験でした。初めてのことだらけの今回のインターンでは「コミュニケーション」について多くのことを考えさせられました。

まずは、コミュニケーションにおける「言葉」についてです。英語のリスニング、スピーキングが特に苦手だった私は、3週間の滞在で最初に「言葉の壁」にぶつかりました。英語は日本でもある程度準備はしていったつもりでしたが、実際現地の方と会話をすると、ネイティブのスピードには全くついていけませんでした。そんな自分に、始めは強い挫折感を受け、現地の方と関わることに不安を感じたこともありました。それでも、英語でのコミュニケーションは日本ではなかなか経験できないと思い、この3週間は積極的に英語を使ってコミュニケーションを行おうと心に決めて取り組みました。わからない単語を事前に調べて会話の中で使ったり、言葉だけでなく、ジェスチャーや物を使ったりするなど、自分なりに工夫して会話をするようにしました。また、学校で日本文化を伝える際も、実物を見せたり、パワーポイントで映像に映したりして紹介することを心がけました。そうすることで、自分の考えや思いをわかりやすく表現でき、相手としても受け取りやすかったようで、スムーズな意思疎通ができたように思います。日本では、言葉を使って容易にコミュニケーションができてしまいます。しかし、日本語が通じない国で生活することで初めて、自分が今までコミュニケーションの仕方に工夫をしていなかったことに気づきました。言葉が伝わらない、伝わるに関係なく、「いかにわかりやすい伝え方をするか」ということが楽しく人とコミュニケーションすることの鍵だと学びました。体全体やモノを使うことはもちろん、言葉の中でもわかりやすい簡単な言葉を使ったり、ゆっくり話したりというように、考えればたくさんの工夫があります。私は今後、教師として働きたいと思っているのでそういった面でも、非常に興味深いことで、日々考えていきたい課題となりました。また、自分の気持ちや考えを伝えたい、発信したい、といった強い気持ちも、コミュニケーションにおいては大切だと学びました。私も、「英語を使って現地の人と話したい!」という気持ちがあったから、工夫のアイディアが浮かんだし、ホストファミリーや現地の方も親身に私の拙い英語を聞き取ろうとしてくれたのだと思います。英語を使って少しでもコミュニケーションができると、嬉しくてもっと頑張ろう!と高いモチベーションを持ち続けられました。そして、これまで言葉のみに頼るべきではないと書きましたが、言語能力が高い方が確実に密度の濃いコミュニケーションができるとも感じました。実際生活してみて、もっと英語ができればもっと深い話ができたのにな、と思うことが度々ありました。多くの人と関わるためにも、世界共通語としての英語をより確実なものにしていきたいです。

また、「文化」の発信はコミュニケーションのひとつのツールになると学びました。今回のインターンでは3校の小学校で日本文化を伝える活動をさせて頂きました。自分でも、ホストファミリーに日本のお土産や食べ物を紹介し「日本文化」を発信することに重きを置いて活動してきました。そのように活動する中で、文化をただ紹介するだけでなく、実物を見て、実際に体験することが よいコミュニケーションになるのだと思いました。小学校のインターンでも、折り紙、書道、そしてカルタを紹介し、子どもたちが実際に折り紙でかぶとを折ったり、筆や墨を使って漢字を書いたり、自分のカルタを作ったりといった実物や道具を使って作品を作るという活動ができたからこそ充実したものになったのではないかと感じます。そういった活動の中で、先生や子どもと会話をしたり、子どもたちには発音を直してもらったり(笑)と様々な関わりがありました。また、ホストファミリーには最終日、お礼に持参した浴衣を着せてあげました。浴衣を着せながら、なんで日本で浴衣が着られるのか等、浴衣を媒介に会話が弾みました。「文化の発信」は文化の紹介だけでなく、体験しながら交流を深めることができるとてもよい活動だったと思います。文化の違いは、日本と外国人という大きな括りのみならず、日本の中でもたくさんの文化が存在します。地域はもちろん家庭ごとにもそれぞれの文化を持っているのではないでしょうか。そんな文化の違いを話したり、家庭料理を作って食べてもらうといった体験をしたりして、身近な人とも簡単に楽しい関わりができるのだと、改めて気付くことができました。

(略)

今回の3週間で得た経験を今後に生かしながら、これからも英語の勉強に励み、多くの人との関わりを通してさらに精進していきたいと思います。