私を変えてくれた英国インターン

obunai     

小船井みず紀さん
新潟県立大学国際地域学部3年
イギリス・2013年9月参加


私がこの英国インターンに行くことを決めたきっかけは、、、、ポスターを見かけたことです。その時期、私は中・長期の海外留学を経験するのは今年の夏が最後のチャンスかもしれないと考え、自分に合ったプログラムがないか探していた時でした。偶然、私の友人に昨年参加した子がいたことで詳しく話をきくことができ、「すごく充実した3週間だった」という言葉をきいて、参加の決意を固めました。

初めての海外経験、それも小学校を訪問し日本文化を教えることは、想像以上に大変なことでした。語学学校に通い、模擬授業や準備が中心だった1週間目は、毎日が試行錯誤でした。マニュアルに頼りすぎず子供の目を見て話せるかな、どうしたら興味を持ってもらえるかな?等、様々な不安や疑問が出ましたが、そのたびにグループの仲間で、また時にはグループという枠を越えて、意見を出し合い助け合いながら乗り越えました。学年も出身もバラバラな人と出会え、助け合った大切な仲間ができたのも、このプログラムの大きな魅力の一つだと思います。

2週間目からの小学校訪問では、本当に多くのことを学びました。学校施設の設備の充実さ(電子黒板には驚きました)、クラスごとにテーマが決められた装飾(このクラスは忍者クラス…など)、日本とは違い自分の好きなメニューを選ぶことができる給食など、普通の留学ではなかなか経験できないイギリスの学校施設、教育を垣間見ることができました。そして実際の授業は、とても大変で、とても幸せな経験でした。私がメインで担当した折り紙の授業では、子供たち一人ひとりの進度や理解度が異なり、またやんちゃな子がいればおとなしい子もいて、マニュアルだけでは対応できないことがたくさんありました。授業を円滑に進めるには担任の先生との連携が不可欠ですが、英語となると細かい指示が伝わらないことがあり、苦労したこともありました。しかし、完成したかぶとを嬉しそうに頭にかぶったり、笑顔で作品を見せたりしてくれる生徒の姿を見るたびに大きなやりがいと達成感を感じました。

そして、小学校訪問と同じくらいかけがえのない経験だったのは、ホームステイです。初めのうちは、何を言われているのか聞き取れず、とにかく「yes」と笑顔だけで乗り切っていました。しかし、困ったことがあったときに何も質問ができず、ご飯の時間も明らかに私だけが会話に参加できず、辛くて泣いた夜もありました。しかし、そんな状況を変えようと思ったきっかけは、ホームメイトの18歳のフランス人の女の子でした。その子はわからない単語があったらすぐにホストマザーに質問し、うまく話せなくても積極的に会話に参加していました。その姿を見て、これではだめだと思い直し、ホームメイトの女の子やホストマザーに自分から声をかけ、手伝いなどを積極的に申し出るようになりました。私を受け入れてくれたホストマザーは本当に優しく、ロンドンに遊びに行くときは交通手段などを丁寧に教えてくれ、私の大好きなマッシュポテトの作り方を教えてくれて一緒に作ったこともありました。私にとってホームステイの経験は、英会話の苦手意識を大きく変えてくれたきっかけとなり、またマザーとの会話を通して、イギリスの文化を学ぶ楽しさを知ることができました。

この3週間のインターンを経験し、日本に帰ってきた今、自分自身の変化をいくつか感じています。例えば「英語への意識の変化」。今までの私は、大学での周囲の英語レベルの高さから、無意識に自分の英語力に自信がなくなり、英語の授業から遠ざかっていました。しかし、イギリスでの経験を通して、「下手でもいいんだ。英語を勉強すれば、いろんな国の人と話せる。もっと英語を楽しもう。」という考え方になり、今ではいくつか英語の授業をとるようになりました。そして、「自分への自信」。私が自ら「やりたい!」と思って応募したこのインターンで、大変だけどやりがいのあった3週間の小学校訪問をやり遂げたことは、私にとって大きな自信になりました。これから本格的に始まる就職活動でも、この経験で得た自信は、大きな武器になると確信しています。

かけがえのない経験、大切な仲間、思い出。なにものにも代えがたいものを得たこの経験を、ぜひたくさんの人に味わっていただきたいな、と思います。