海外に出向いて自国の文化を紹介してみたい

s140304_020

 

小泉加奈
明治学院大学国際学部2年
イギリス・2014年2月参加

 

 


私が今回コミュニティーインターンに参加した理由は、テレビや雑誌で海外の文化を紹介するものを見たことはあったけれども、日本の文化を海外の方々に紹介するものはあまり見たことがなく、自ら海外に出向いて自国の文化を紹介してみたいと思ったからです。また、大学の授業を全て英語で学んでいるので、自分自身の英語の語学力がどれほどのものかを活動や現地での生活を通して知りたいと思ったからです。私の活動の目標は、初めて知る日本の文化を小さい子供たちに楽しんでもらい、興味を持ってもらうことです。貴重な授業時間を私たちのために与えてくださっているので、飽きてしまう子供がいたり、不快に思うような子供がいては絶対にいけないと思っていました。

言葉の壁がある中でこの事を達成する為に、私は特に自分が持っている情報を簡潔に伝えることが大切だと思いました。簡潔に伝える為には、まず与えられたマニュアルをただ読むだけではいけないと思いました。なぜならば自分自身で作った文章ではないため、どうしても子供達と会話するというよりは、台本をただ機械的に読んでいるようになってしまい、コミュニケーションが上手にできないと思ったからです。ですので、私は与えられたマニュアルを元に新たに自分なりの文章を作成し、語学学校での準備時間に先生に見ていただきました。

またわかりやすく伝えることや授業の流れをスムーズに進める為に、最初に今回の授業の流れをホワイトボードに書くことや時間の流れを説明する英語の表現を使うことを心がけました。そうすることで、子供たちも次に何をするかがわかり戸惑うこともなかったし、作業が早く終われば次にすることの準備をしてくれて、飽きてしまう子供が少なかったです。

このように前もって特に意識していたことは、授業内で存分に活かすことができ、達成感を得ることができました。一方、難しかったことや至らなかったと思うことは、授業内で起こる想定外のことに対応できなかったことです。例えば自分が用意した折り紙の折り方を説明したら、うまく伝わらなかったことです。そもそも折り紙の存在自体を初めて知る子供たちにうまく伝えてあげたかったのに、伝わらなかった時やりきれない気持ちになりました。しかし私がジェスチャーを使って説明するとそれを真似して折ってくれたり、英語の表現を教えてくれたりしました。他にもその場で先生や子供たちとコミニケーションを取る場面が多々ありましたが、私の拙い英語を理解して協力してくれて結果どの授業も子供たちに喜んでもらえ充実した日々を過ごすことが出来ました。

三週間のコミニュティーインターンを終えて、自分の知っている情報を、0から知る人々に教えることの難しさや、人前でプレゼンテーションをするときに必要な事を学べたと思いました。その事を自分の母国語以外で行う為には、まだまだ努力や勉強が必要だと感じる事が出来ました。これからの課題としては、英語を使って人前で自分の言葉で流暢に人々に興味や関心を持ってもらえるプレゼンテーションができるようになることです。