マリさんの英会話かるたアプリ

高専生がスマホ用の、英会話かるたアプリを制作した、記事を見つけました。

作ったのは、京都府舞鶴市の高等専門学校で学ぶ、男子の2年生。地元の英語塾経営者「マリさん」作の幼児向け「英会話かるた」を基にアプリを制作。

読札と取り札は、各44枚。読札には、「あ」から「わ」で始まる日本語の読み句が書かれ、絵札には、それに合った英語のフレーズと絵が描かれています。

「あ」を例にとれば、「あさのあいさつ」と読まれ、Good Morningと書かれた札を取る。つまり、日本語を聞いて、それに合った英語表現の取り札を取る、方式です。


さっそくダウンロードしてみました。トップには、「がくしゅう」「かるた」「ずかん」の3つのボタンがあります。

「がくしゅう」をクリックすると、「あ」から「わ」まで、一つ一つの読み札が画面に現れ、読み句が読み上げられ、しばらくすると、右側に取り札が表示され、Good morningと聞こえてきます。

トップに戻り、「かるた」のボタンをクリックすると、画面の上に一枚の読み札表示され、下側に5枚の絵札が表示されます。まず、読み句が読まれたら、それに合った絵札をクリックします。正解だと〇、間違いだとXが大きく表示され、正しい取り札が上に表示され、英語が読みあげられます。それを5回繰り返すと合計正解数が表示されて、終了です。

「ずかん」というボタンを押すと、全ての読札と取り札が表示されます。


フロムジャパンでは、英国のかるた関係者?と一緒に、「フェアトレードかるた」のアプリ制作に取り組んでいます。今後の日本でのかるたアプリに注目していきたいと思います。

 

終戦間近の英語かるた

古書店から、終戦時に発行された「国際英語かるた 会話篇」が、販売されています。

http://kogundou.exblog.jp/21528420

絵札・読札が46枚からなり、読み句は英語のあいさつや疑問文です。例えば、

絵札 What time is it now ?
挿絵
何時ですか?
<NANJI DESUKA>
読札 What time is it now
ファッタイム イズ イット ナウ
なんじですか

その他の、読み句:
All right/ Thank you / Look out / How much is this pencil ? / It is five o’clock/ Have you finished your supper ? / Do you know ? / Don’t be angry / Let us take a walk. / Where is it ? / I know it /Please come again/ It’s funny. / If you please/ Lunch is ready/

箱には、「英語の会話がたれにでもはやくおぼえられる」というコピーがついています。進駐軍が絵札に登場することから、戦後進駐軍と会話できることが大切になっている、当時の状況をうかがい知ることができます。

価格は10000円です。その前にYahooオークションでも同じかるたが販売されていましたが、その時は、2600円で落札されていました。

値段に関わらず、

“The Sheep – Pig”: 児童書がテーマの飾り付け

  • 下の写真は、9月8日、カンタベリーにあるHersden Priamry Schoolを訪問した際に撮影した、教室のドアの写真です。
    (写真をクリックすると、拡大して見ることができます。)

140908_100

  • この学校では、英国の子ども達に人気の児童文学書をテーマに、ドアに飾りつけをしていました。
  • ブタの飾りつけは、ディック・キング=スミス(Dick King-Smith)という英国の児童文学者が著した”The Sheep – Pig”です。
  • これは、映画『ベイブ』の原作だそうで、1995年製作のアメリカ映画で、農場にもらわれてきた子豚ベイブの物語です。

■参考となるリンク

The Sheep Pig (ウィキベディア英語版)

映画ベイブ(ウィキベディア日本語版)