節分の紹介に挑戦

1109asagi

山﨑 あさぎさん
社会人(郷土博物館学芸員)
イギリス・2011年2月


高校時代に進路を考えたとき、浮かんだ答えの中に「海外に日本文化を紹介できるようになりたい」というものがありました。そこで私は大学で日本民俗学を専攻し、今子ども達に日本の歴史に興味を持つきっかけ作りをする仕事に就いています。はたして高校時代に浮かべた進路のとおりになったのか。そんなことを考える時に「今の子ども達に紹介して、その子たちが海外に伝えてくれればいい」と言い訳を用意していました。そこに偶然見つけたこのインターン。高校時代の夢がふつふつとわきあがりました。英語に自信はありませんでしたし、仕事には無茶を言って休ませてもらいましたが、「日本文化を紹介したい」という気持ちだけを持ってインターンに参加しました。

日本で研修を受ける中で、私が普段教えている子どもは「日本文化の素養がある子達だな」と当たり前のことを再確認しました。折り紙1つにとっても、日本で考えれば、小学生はこれでは満足できないので、同じ年頃のイングランドの子は満足しないのではないかという内容でした。日本では小学生でももっと高度な折り紙を折れていますから、これでも難しいなんて想像できない。といった状況でした。

そして、日本について初めて知る子ども達に教えるには、私が学んできた事は高度でマニアックだという事も感じました。しかし、長年の夢がついにかなえられると考え、自分の意見を取り入れた授業案を作ることにました。日々の仕事にも近いものがありますし、自分を試してみたかったのです。実施させていただけることとなり、本当にありがたかったです。

その内容ですが、紙芝居のclassの際、「桃太郎」の紙芝居を読んだ後、鬼退治に絡めて日本の鬼の考え方を紹介し、そして日本の行事のひとつである、節分を紹介しました。節分は日本において現在でも多くの家で行われている行事です。私が学生時代、英語の授業中にクリスマスやハロウィン、イースターなどの行事について知ったように、イングランドの子ども達にも日本の行事を知ってほしい。その上で今でも行われている生の日本の文化を知ってほしいという気持ちから選びました。

授業では節分の説明に「現代では、鬼役の人は、鬼のお面をつけることもある」と絵を交えながら紹介し、その後の作業で桃太郎か鬼のお面を色塗りして仕上げる工作を入れました。桃太郎の紙芝居をした後なので、ヒーローである桃太郎が人気だろうと考えていたのですが、意外にも、鬼のお面のほうが瞬く間になくなっていきました。見渡すと、クラスの殆どが鬼のお面をチョイスしていました。「日本人にとって鬼は災いをもたらすものだ」と教えたために、作ったお面をかぶって日本人の私に怖がらせてくるような子もいました。ただふざけただけにも思えますが、意味をきちんとわかってくれていたのだと思うと嬉しい場面でした。

このような授業、日本の小学4年生にやらせたら、「幼稚園生じゃないのだから」といわれてしまいそうですが、イングランドの小学生達は本当に喜んで、楽しんでくれていました。紙芝居の話も、拙い私たちの英語をしっかり聞き取ってくれていたし、お面が完成し、シールを渡した後も目の部分をくりぬいたりと各自で工夫して楽しんでくれていました。

着物や食べ物、折り紙といった日本文化は見た目や味でもわかる素晴らしい文化です。その中で、日本の特有の生活として年中行事を紹介できたことは嬉しく思っています。

お面の材料に関してですが、お面用の厚紙やホチキス、輪ゴムは日本から持参しました。イングランドでも手に入るものではありますが、ホチキスはお面のために使うには少し大きく、輪ゴムも日本のような品質ではないと聞きました。自分の思ったとおりに授業を進めたいのならば持参する事が一番だと痛感しました。海外という日本ではない環境下で日本文化を紹介することは、日本で簡単に手に入るものが入りません。これから参加する方には、もし自分で授業を考えてみるようでしたら、自分の担当する事になった授業の内容を日本にいる間にもう一度見直して、グループなり、自分なりに組みなおしてみる事も大事かと思います。やはり準備が大事です。

日本、現地でそれぞれ研修をしても、学校に行って実際に授業をするまで、なかなかイメージがわきにくかったというのは事実です。1度授業を経験するまでは先行き見えずに、不安ばかりが募りました。ましてや子どもの前で授業などしたことのない学生さんたちが行うのですから、グループの子達は、私よりもきっと心配だったのだろうと思います。できることは日本にいる間にやっておく、現地に入ったらそれをより良くする。それが大事だと思います。それでも私たちの英語ではやはり伝わりにくい、私たちのやりたい内容の授業をnativeの子どもたちにわかりやすいように作り直してくださった現地の先生、kevinに感謝したいです。おかげで、子ども達が私たちの英語で理解してくれていることが感じられました。

今回、私は用意された授業を自分なりにアレンジして、イングランドの子ども達の前で授業をさせてもらいましたが、授業を作るにあたり考えていた事が2つあります。

1つは与えられた時間を有効に活用し、子どもを飽きさせないようにするということです。紙芝居の授業も、読むだけでは10分程度で終ってしまうので、そこからお話に絡めて作業を行うという流れにいたしました。飽きてしまってはつまらないという印象をもたれてしまうので、作業の遅い子がいることを考慮しつつ、早く終ってしまった子にも追加で何かできる作業を用意する事が大事でした。その点で工夫の余地があったお面は、偶然ですが良い選択肢でした。

そして2つめは「何が日本文化なのか?」「この紹介で間違っていないのか」という事をずっと悩んでいました。
例えば折り紙。かぶとを折るのと違い、折り紙で犬や猫を作ることだけで本当に良いのだろうか。それではただの工作にしか過ぎないのではないか?成果物で何か日本文化の背景を伝えられるものにしたほうが、日本文化紹介になるのではないだろうかと疑問に思っていました。それが折り紙に不慣れな子ども達には高度すぎるという事なのかもしれませんが、もっと良い方法があるのではないかと頭がいっぱいになりました。
そして茶道や書道は、動作の面白さだけ、美味しさだけで日本文化紹介としてよいのだろうかという事も感じていました。精神を集中させる事とか、相手を思いやる心なども、茶道や書道の根幹ですが、詳しくやると難しく、子どもに伝わらない。略式で進めては、本当にこれで日本文化紹介になるのか?間違ったことを教えてしまっていることにはならないだろうかとずっと悩んでいました。特に茶道に関しては紅茶文化のあるイングランドですから、そこと対比しながら紹介できればよかったのではないかと思いました。
また、中国から来たものが、日本で独自に花開いた文化を紹介しているものが多く、本当に「日本」と言ってよいのだろうかと悩む場面も多くありました。その中で年中行事は、本当に特有のものであるため、これを基礎に授業を進めるとよりよいのではないかと感じています。

授業以外で日本文化紹介をしたときのことも紹介します。イングランドに日本のものはだいぶ来ていると感じました。Made in JAPANは良く見かけました。ホームステイ先のテレビは日本製でしたし、ポケモンやハローキティなどのキャラクター、テレビゲームなど日本のものがこんなに海外に出回っているとは改めて実感することができました。子ども達は日本の場所は知らなくても日本のアニメは良く知っていました。「それも日本の会社なの?」と驚かれる場面もありました。それだけ生活に溶け込んでいるのだろうと感じがしました。

また、Karaokeがこんなに広まっているとは思いませんでした。「カラオケ」と言って通じないなんて(聞こえてくる音はカリオケ)、どれだけ世界に認知されているのだろうと驚いたとともに、きっと人気のイベントなのでしょう、Pubでカラオケナイトが毎週のように行われていました。日本とは少し違い、カラオケボックスではなく、DJの人がいたり、歌詞以外の映像が出てこなかったりという違いがあるのが面白くて、そういう部分を見つけるとわくわくしました。日本に外国人の人が来たときに紹介したら面白いかもしれないと思うようになりました。ホストマザーとファザーに、「カラオケは日本発祥なんだ」と伝え、日本とイングランドのカラオケ事情について話したりしました。歌う人ばかり楽しくて、聞いている人はそんなにと言うのはどこも同じようでした。

スーパーで見つけたカブトヌードル(独自のカップラーメン)や、テレビを見ていたら、日本でも放映されているロゼッタストーン(外国語習得ソフト)のCMが、イングランド版は日本語を覚えるようになっていたりと生活の中の小さな違いに気付ける事が本当に面白かったです。
その中で、イングランドは古いものを大事にしているという事、シンプルに生きているということ、日本のようには便利さを追求しているとは感じませんでした。私のホームステイ先はお風呂はシャワーなしのお湯と水の蛇口が別のものでしたし、トイレットペーパーホルダーも簡易なものだけ。日本だったら細かいところまでこだわりそうなところを不便な部分もそのまま受け入れているように感じました。例えばカラオケに関しても、日本では映像付きが多いですが、技術としてはすごくても、映像が付いている意味は特にないと考えれば、シンプルなのも良いのかもしれないと感じました。そうやってイングランドの生活を知りながら、日本の良いところを見直す良いきっかけになったと感じています。

高校時代に考えていた日本文化を海外に紹介すること。思わぬタイミングでしたが、このような機会に参加し、実現できたこと本当に嬉しく思っています。今回で少しだけですが自信がついたので、草の根的活動にはなりますが、もっと詳細に日本文化を紹介できるようになっていければ良いなと思っております。

 

 

イギリスのフェアトレードタウンに滞在して

1102keisuke
比嘉啓介さん
社会人
イギリス:2011年3月参加


私は、今年の3月にイギリスのサネット地区のフェアトレードタウンを訪れました。ラムズゲートという港町に滞在し、そこを中心に活動しました。ラムズゲートは治安がよく、ホストファミリーもいい方で、とても快適に過ごせました。

出発当日は、入国審査に時間がかかり、さらに携帯電話を受け取るためにパディントンのホテルに行く時に道に迷い、またオイスターカードを購入するために地下鉄の駅を往復しために、ラムズゲートに到着が夜になっていまいました。

二日目は、Northdown Houseでフェアトレード・ティー・パーティーに参加しました。日本からは茶道を紹介しました。パーティーでは、フェアトレードの食材を使ったケーキのコンテストが行われました。それから、会場ではフェアトレード商品が販売していました。地道にフェアトレード普及活動していると感じました。

三日目は、現地作成した郷土カルタで描かれた場所を訪問しました。午前中は、鉄橋、ジム、公園など、ラムズゲートを中心に訪問しました。ラムズゲートはあらためて港町だと感じました。午後から、マーゲイトに行きました。フェアトレードショップが閉まっていましたのが、残念でした。


四日目は、障害児学校で折紙を教えました。数名の生徒に対して2・3人の先生がついていました。日本でもそうなのかわかりませんが、とても教育環境に恵まれていて、設備も整っていました。それでも低い年齢のクラスは、先生も大変そうにみえました。午後からカンタベリー大聖堂に行きました。観光地なのか、観光客がたくさんいました。

五日目は、Monktonの学校で郷土カルタの作成を指導しました。担任の先生が郷土カルタの理解が深く、こちらでやることは、あまりありませんでした。その後、フェアトレード推進委員会会長のTammyさん宅に訪問し、フェアトレードについてのお話を伺いました。生でフェアトレード関係者の話が聞ける貴重な体験をしました。Tammyさん宅に行くまで、とても風が強く寒かったですが、Tammyさん宅がとても暖かく、つく前の寒さを忘れてしまうほどでした。

六日目も、Monktonの学校に訪問しました。その日は折紙ポスターの作成を指導しました。生徒が積極的に作成したので、素晴らしい出来きになりました。学校の体育館に飾られました。個人的には、折紙の折り方を聞きにきた生徒に、折り方がわからず、教えられなかったのが残念でした。つくづく自分の準備不足を痛感しました。後半は、空手演武と昨日作成した郷土カルタのゲームを行いました。

七日目は、St Laurence Junior Schoolという学校を訪問しました。簡単な日本語指導を行い、そのあと、生徒の発表会を見学しました。生徒が一生懸命やっていました。この日は、平和で穏やかな日でしたが、日本で大地震のニュースを知らされました。ラムズゲートの日々とは対象的で、複雑な気分になりました。

八日目は、休日で(事務局の方)と一緒に、フェアトレード巡りに行きました。ラムズゲートのスーパーでは、日本と比べものにならないくらい、フェアトレードマークの商品がたくさん扱っていました。値段は安いのも高いのもあり、お客さんは、特にフェアトレードマークの商品を求めているわけではなく、自然に購入しています。学校の生徒と比べると、フェアトレードの認知度は低いようです。それからマーゲイトに行き、(事務局)の知り合いの議員さんと昼食を摂り、砂浜でモトクロスを観ました。砂浜でモトクロスはとても珍しく、臨時で遊園地にあるような乗り物が設置されていました。さらに、Shell Grottoという貝の寺院に行きました。誰が作ったかわからない神秘的な所でした。

最終日は、マーゲイトの教会でのフェアトレードのイベントに参加しました。日本の被災者に祈ってもらいました。ヨーロッパでは教会が、フェアトレードの普及に寄与しています。日本にはないことです。

最後に、サネット地区のフェアトレードタウンでは、学校、議員などの行政機関、教会、生協などの協力があって、フェアトレード普及活動が行われています。特に訪問した学校の生徒がフェアトレードマークを知っていることに驚きました。ただフェアトレードの認知度は、一般の人に対しては思ったほど認知されていないようです。日本でフェアトレードを認知されていないことを悲観する必要ないと思いました。フェアトレードタウンに滞在して、フェアトレードとどう関わっていくかを、今後の自分の課題となりました。

久しぶりの英国 

 

1102ichiko

粟野市子さん
社会人
イギリス・2011年2月参加

 


■震災翌日の出会い “日本の東北地方に大地震”の衝撃ニュースの翌日、3月12日土曜日の午前中です。あちこちインターネットをできる場所を捜しました。BBC放送だけでは詳しい情報がつかめません。息子が住む東京の震度もわかりませんでした。Churchillhouse School のインターネット教室、ズーッとパソコン故障で使用叶わずでしたが、前日様子を見に寄ったところ何台か使用可能になっていました。が‥‥教室が開くのは午後1時半からでした ラムズゲイトにインターネット・カフェが一軒あると聞いたような。地元の方2~3人に訊ねましたが分りませんでした。英語学校まえの小さな公園で”あーーどうしよう”と思いながら座りこんでいました。かなり疲れた表情だったのでしょうか? その公園で植栽作業をしていた女性に話しかけられました。 ラムズゲイトに長く住んでいるその方もネットカフェがどこにあるかを知りませんでした。私が英国滞在中の日本人と知ったからでしょうか? ”もし万が一、ネットカフェが見つからなかったら、家にいらっしゃい”と、初めて知り合って5分くらい会話を交わしただけの私のノートに住所、電話番号、メールアドレスを記入してくださったのです。 14日月曜日ロンドンに向かう日、ホームステイ宅を引き払い、感謝の気持ちを伝えたくてその方の家を訪ねました。彼女は数年前の旅行に日本航空を利用して、搭乗員の接客態度の丁寧なこと、食事の美味しさが忘れられないとのことでした。その数日前、イギリス郷土かるた作りに取り上げられたラムズゲイトの場所をあちこち訪ねた日に、私達が出会ったコックス規子さんと知り合いだそうです。 3.11地震の余波でロンドンへ行く準備が整ってなく、ロンドン行きの電車・汽車のことやホテルの予約について相談にのっていただきました。彼女は色々調べて下さり、Speed express(?)の発車時間にあわせてラムズゲイト駅まで送ってくださったんです。もし将来万が一、またイギリスへ行く機会ができましたら、あらためてお礼を伝えるためにラムズゲイトを訪ねようと考えています。


■布ぞうりを教えて 布ぞうり作りを実施した小学校2校とも参加した子どもは全員が1組2個を完成させようと真剣に取り組みました。ヨーロッパでよく見るflip-flopサンダルとも素材が違う、初めて見る珍しい布ぞうりをひとつぐらい作ってみようかなといった軽い興味以上の熱意が、子どもたちみんなに溢れていました。作りながら日本のことを色々質問してくる子もいましたョ。マーゲイトのお店に参加した大人の方々も熱心でしたネ。足のサイズが30cmくらいあるみたいな素晴らしい体格の男性も、時間がかかっても諦めずに仕上げてニコニコと帰られました。編みこみ作業に入る前にそれぞれの足に合わせて型紙作成した方が良いみたいです。 そういえば、子どもさんの用事で偶然学校にいらした、夫がイギリス人の日本人女性が、絶対作ってみたいので布ぞうり本のタイトルと出版社を教えてと、書き留めていかれました。


■空手演武 空手への注目度もかなり高かったですネ。ホールに集まった子どもたち全員の視線が指導する千葉さんに集中してましたョ。空手には流動美があります。空手の動きが体力保持、健康維持にも繋がっているんですネシェーン英語学校勤務時代、父親が空手インストラクターで英国生まれの日本語はほとんど話さない外見日本人の男性が、英語講師として来日しました。日本国内での就職を選んだのは古武術の習得をめざしたからのようです。


■トーマス君との再会 Monkton School昼食時間にホールでトーマス君に”Fairtrade Tea Partyで飲んだお茶がとても美味しかった。妹も一緒だったよ”と話しかけられ、本当にビックリしました。予想もしてなかった嬉しい驚きで、思わず兄妹ふたりの写真撮らせてと言ってしまいました。郷土かるた作成を担当したクラスにトーマス君がいまして、授業の合間に少しだけ話しました。日本文化全般、茶道以外への興味も強くあるみたいな印象でした。


■6時間遅れの帰国便 3.11地震の影響で、通常フライト時間より6時間も長い成田空港への帰国便。乗客は3分の1くらいだったでしょうか?以外にも数時間も睡眠とれました。一人で4席も使用できて横向きに寝ることができたからでしょうか。香港を離陸した後だったかな、”カップめんのシーフードヌードル、○○そば、○○めんを用意しました。お好きな方はどうぞ!”の放送が流れました。機内に何だか嬉しそうな空気が流れました。10年ほど前ですが、アムステルダムから戻る海外航空フライトの機内食一食分として出てきました。機内食カップめんも日本文化の波及ですネ。


■2003年以来、久しぶりの英国 ロンドン市内のレンタサイクル制度導入、地下鉄・バス共用のオイスターカードなど、8年も月日が流れると社会状況も大きく変化しますネ。交通事故による脳挫傷クモ膜下出血で一時的にかなりの記憶が消滅したからでしょうか? 過去の思い出を呼び戻したかったのか、生まれ育った故郷や旅行で行った海外へ、記憶確認の旅に出かけたくなるんです。今回、普通の観光旅行では味わえない小学校の子どもたちや地元の方たちとの会話が思い出深い英国旅行・イギリス滞在になりました