書道の授業を通してみる、イギリス児童にとっての日本語

1209moe

鹿島萌子さん
立命館大学大学院先端総合学術研究科
イギリス・2013年9月参加


今回の海外インターンシップで、私は事前研修での担当分けのとき自分から立候補し、「Japanese writing& Calligraphy」の担当となりました。その理由として、私の興味関心が、一つに他文化圏の子どもたち、つまり日本語にあまり触れたことのない文化社会で生きる人間はどのように日本語に接するのか、二つ目に、そのような子供が日本独特の文化のひとつである習字/書道をどのように行うかにあったためです。

私は、事前研修前までは、ただ生徒たちに日本語を習字で書かせることだけを考えていました。しかし事前研修を終えてチーム内で話し合い、折り紙とCalligraphyともに「何か形に残るようなことをやろう」と決めました。そしてCalligraphyでも、ただ書かせるのではなく、形に残るものを前提とした文字を書かせようと様々な案を出していきました。その結果、これまで通り「祝」という字はそのまま用いることとなりました。そして、「形に残るもの」としてカードを作ろうと私たちは考えました。その理由としては、イギリスはカード文化であるため、生徒たちにとってもカードはなじみがあるだろうと考えたこと、「祝」(congratulation)が両親・友人・親戚など誰に対しても使用することができると考えたからです。「祝」という字以外を書かせることも最初は考えていましたが、「カードにする」ことが最終目的になったとき、「感謝」や「おめでとう」とするよりも一字で書ける「祝」がより適当であろうという結論になりました。

この「カード」作品として生徒たちのCalligraphyを残すということは、とてもよかったと2回の授業を通して実感しました。私たちは、早めに終わった子はカードを作って友達や両親に渡せるようにしようと計画していました。また、折り紙を他の授業で使うのならば、Calligraphyのときも折り紙に触れてもらおうと考え、折り紙や千代紙で作った動物や花などをデコレーションとして活用しようと考えました。これは事前研修の話し合いをしたころよりチーム全員で考えていたことです。当初は半紙をそのまま台紙に貼り付けることで大きめのカードを作ってもらおうと思っていましたが、現地での準備段階で使用する筆や折り紙の残量を考慮したとき、厚手の画用紙を半分に切ったA5に近い大きさのほうがいいだろうということに落ち着きました。初回の授業では時間の配分がうまくいかず、カードまで進むことができませんでした。そのリベンジもかねて、初回の授業の反省点を踏まえて二回目の授業に臨みました。本番の本紙に入る前に、早めに終わった生徒はカードを作ることができることを伝え、見本として作っていたカードを見せたときの生徒の反応がとてもよかったことが強く印象に残っています。その分、カードを早く作ろうとした生徒も多く、私たちから見て、ちょっと雑に書いてしまっているなと感じる生徒がいたのも事実です。ただ、それまでの間に飽きてしまった子が再度やる気になれた(なったように見えた)のは、やはりカードとして形に残るものを作れると分かったからだと思います。デコレーション用として用意したピカチューやロケット、ハート型の折り紙や千代紙で作った切り花も、カード作りに貢献していたと思います。最初練習で書いていたときは恥ずかしがって見せてくれなかったけれど、デコレーションを施したカードにしたことで自ら自信満々に見せにきてくれる生徒もいました。その笑顔は今でも忘れられません。

私たちは授業の流れは次の通りです。パワーポイントを用いながら、まず私たちが日本語には平仮名・カタカナ・漢字があることや小学生は漢字を約1000字学習することなどを紹介したあと、生徒はそれぞれの名前をカタカナで書いて練習します。これがJapanese writingの授業です。生徒がカタカナを練習している間、次のCalligraphy の準備をします。Calligraphy の授業では、書いてもらう漢字「祝」の成り立ちや意味、書き順を紹介したあと、墨と書道筆を実際に使ってもらいました。
生徒の日本語への接し方は、私の目から見るととても興味深いものでした。生徒のなかには自身の名前をカタカナでワークシートに練習した後、空いているスペースに練習する生徒もいれば、別の紙を机のなかから取り出し、そこに練習する生徒もいます。ただ驚いたことに、多くの生徒が自分たちの腕に名前を書き始めたのです。なかには私たちに平仮名の書き方を聞き書く生徒もいれば、私たちの名前を書いてくれるように頼んでくる生徒もいました。それは私にとってとても意外な行動でした。

おそらく彼らは日本語(カタカナ・平仮名)を一種のタトゥーのデザインとしても受け止めていたのだと思います。イギリスでは多くの人が腕や足、時には背中などにタトゥーを入れています。日本ではタトゥー(あるいは刺青とも呼ばれます)は反社会的なものであり、タトゥーを入れている人は冷ややかな目で見られることが少なくありません。しかし、イギリスをはじめとする海外では、特に若い世代とってタトゥーは一つのファッションであり、入れていても白い目で見られることはありません。生徒を迎えにきた保護者のなかにもタトゥーを入れている保護者は少なくありませんでした。また、そのタトゥーには多くの種類のデザインがあり、日本語もその一つです。実際に入れている人をバスのなかなどで見かけたりもしました。日本人も多言語の文字は一種のデザインとして捉えます。イギリスの生徒は、自分の名前をタトゥーのように腕に書いていました。このことは、アルファベットとはかけ離れた日本語の文字が、生徒にとってデザイン的であること、そしてそれをタトゥーのように腕に書いたことは、それだけタトゥーという文化が生徒にとって一般的であり、日常に親しんでいることの一つの表れであるように感じました。

また、生徒たちの書道のやり方もとても興味深いものでした。当初生徒たちのなかには「祝」の二画目を、一度横棒をかいたのち左下へ払うのではなく、下から上へと書いたり、五から七画目の「口」の部分を、四角形を描くかのように一筆書きで書いたりしていました。また、墨をblack inkと紹介していたためか、書道筆を絵筆のように持ち、色を塗るかのように字を作っていた生徒もいました。何人かの生徒には書き順を再度教えたり、実際に手を持って一緒に筆を動かして書いたりすることで、書き方をやっとわかってもらえるようになりました。私たち日本人は、字を上から下、左から右へ書くことが当たり前です。しかしアルファベットの文字は、特に筆記体で書く場合、下から上へとペン先が流れる文字も少なくありません。そして多くは一筆書きで文字を起こします。そのため、当初生徒たちは混乱していたのだと思います。ただ私たち日本人は当たり前の書き順・書き方であるため、そこまでしっかりとその混乱に注意を払えていなかったようにも思えます。

今回のインターンでは、自分にとって当たり前であること/ものを、当たり前ではない人たちに教える大変さんを始終痛感しました。「日本文化を紹介する」と考えたとき、日本の文化の成り立ちや歴史的背景などを再度調べ、そのことをかみ砕いて相手に理解してもらおうとします。日本の文化がイギリスの文化と違うことは多くの書物などに書かれ、明白なこととなっています。しかし、文字の書き方や墨への接し方、そのほかにも、折り紙の角と角を合わせることなどは、当たり前のこととして私たちの身に沁みついているため、現地に行って実際に生徒の様子を目で見て疑問に思わなければ気づかないこと/わからないことであり、書物において明白に文字化されていることではありません。そして、自分たちが当たり前だと思っていたものが日本のなかでしか当たり前ではないと気づいたとき初めて、日本の独特さを感じ取り、自分の言葉でわかりやすく発信しようと行動を起こしていくのだと思います。

海外に行くことは異文化を理解すると同時に自国の文化を再度認識することにもなるといわれます。確かにその通りだと思います。今回インターンに参加して、それまで意識していなかったカルタの文化を再度考えるようになりましたし、現地の学校の授業風景や先生が生徒を静かにさせるときに手拍子を用いるなどの体制を知ることができました。また、イギリスの子どもたちが日本をどこまで知っているのかを、生徒たちとのコミュニケーションを通して確認することもできました。ただ、それはすべて私たち自身が目の前にある光景に疑問を持って初めて気づくことであり、疑問にもつことが再度考える切っ掛けになるのだと思います。そしてただ現地に行って、子供たちと接しているだけでは疑問に思うことにならず、いろいろな方向へ自らアンテナを張り、情報を受け止めることで疑問は湧き上がってくるのだと思いました。

当初は不安だらけの3週間でしたが、ともに過ごしたチームの友達に恵まれたことや現地のことをよく知り、様々な配慮を図ってくださった運営者の方のおかげで、とても有意義な3週間を過ごせたと思います。この期間に考えたこと、感じたことを忘れずに、今後に生かしていきたいと思います。

 

参加したきっかけは、東日本大震災

1109hikaru

高野 晃肖さん
法政大学人間環境学部3年
イギリス・2012年9月参加


志望動機

まず始めに、私がNPOやボランティアについて関心を持つきっかけとなったのは、東北大震災である。学部有志の“震災について考える”プロジェクトへ参加したら、志高く様々な活動を行う友人がたくさんおり、私には何ができるだろうと考えた。そして、ボランティアの募集を探すためにJANICでNPOについて調べていて、フロムジャパンのサイトにたどり着いた。このプログラムに参加した動機は、日本の素晴らしさをより多くの国の人に知ってもらいたいと思ったためである。震災直後被災地である福島へ赴き地元の方々とお話した際に、『震災前はこの辺りは本当に美しかったのよ』などと涙ながらに語る姿を前にして、それまで考えたこともなかった母国・日本についてあらためて考えるきっかけとなった。参考資料などを読み、地域に密着したとても自由な活動を行っている点にひかれ、参加を決めた。イギリスという国に憧れていたことも応募した動機の一つである。


主な活動

私たちの活動は、イギリスの小学校(Salmestone Primary School,Bromstone Primary School)へ通い、日本文化を伝えることである。皆教えることは初めての経験であり、それを英語で行うため、3度の事前学習を行った。私たちインターン参加者はラムスゲートという町に各々でホームステイし、月曜日から金曜日まではバスで小学校へと通った。授業の内容は書道、折り紙、ローカルかるたづくり、紙芝居である。またプログラムの終盤では教室ではなく体育館でかるた大会とティーセレモニーを行った。


実習を通じて感じたこと、自らの課題として見出したこと

私はこのインターンを通して、コミュニケーションの難しさを知り、また、どうしたら意思疎通を図ることができるのかを学んだ。授業を始めて感じたのは、コミュニケーションには何よりも自信と伝えたい気持ちが大切なのだということである。生徒だけでなく先生も含め、文化も年代も異なる人々へ“伝える”ということはとても難しいことだった。単語選びからよく使う表現など、慣れるまで担任の先生や語学学校の先生などに何度も相談をした。授業は会話でないため、全員のフィードバックを確認することはできない。伝わっているかどうかの確認ができないため、手探りで授業を行うのはとても不安だった。そのため、生徒たちの様子をよく観察し、毎回の授業後にミーティングを開いて情報を共有していくことで、少しずつ改善していった。はじめは英語力がなく、自信もなかったのでうまく授業を進行することができなかったが、授業の回数をこなし、生活をしていくうちに、英語力がついただけではなくボディーランゲージや表情など工夫をこらし伝えようとする力がついた。“子供に教える”という経験はこれまでなかったためとても難しかったが、子供たちが能動的に動くことが好きなのだと分かってからは子供たちのフィードバックできる機会を増やしたり、体を動かす機会を増やしたりすることで参加型の楽しい授業を提案していった。少し工夫することで、聞き手の表情や反応が大きく変わり、生徒たちの楽しんでいる様子が伝わってきて大きなやりがいとなった。そして、慣れてくると、どうしたら日本文化の細かなニュアンスを伝えることができるのか、ということが私たちにとっての課題となった。私たちにとっては当たり前のことが、説明しないと伝わらないためである。私たちは何気なくしてしまう行為やしぐさには意外と盲点が多く、発見の連続だった。より細かく伝えるために、例えば書道を紹介するときには精神統一についての説明を加えたり、深呼吸を教えたりした。また、墨のにおいをかがせたり、半紙の紙質を確かめさせたりと五感に訴えることでより細かな部分まで楽しみながら伝えるように工夫をした。

また、授業はインターンシップ生にほぼ全面的に任されていた。企画から進行まで、担任の先生は助けてはくれるが、何も指示することはない。責任を任されていることに初めのうちはとても緊張していた。内容は前回のインターンのフォーマットに倣うこともできたのだが、授業を進めるうちに“新しく作り出すこと”が楽しくなり、いろいろな企画を提案した。事前に担任の先生と打ち合わせをして、よりよい授業づくりを目指した。初対面のインターン生9人が3つのグループに分かれて授業を行っていたため、はじめはグループ内でのミーティングが日課だったのだが、だんだんとグループを超えて交流するようになった。プログラム終盤のティーセレモニーやかるた大会では教室ではなく体育館を借りて全グループ合同、3クラス合同で大々的な授業を行った。苦労したこともあるが、だんだんと団結力が生まれていく過程はとても楽しく、授業の後はいつも反省と達成感でいっぱいだった。参加者には着付けが上手な者や、書道指導の資格を持つ者など各々で各自の得意な分野があったので、授業はどんどん充実していった。スケジュールが詰まっていて準備する時間が短い時などは限られた時間でいかに臨機応変に対応し成功させるか、皆でアイデアを出し合い、役割を分担した。授業が終わった後は達成感でいっぱいだった。とてもいい経験になったと感じている。


将来にむけて

将来については依然として漠然としているが、現地で多くの違った価値観をもった人々とコミュニケーションをとったことにより、少しだけ世界が広がった。私たちの滞在したラムスゲートという町は田舎の港町で、古き良きコミュニティが今も生きる街だった。すれ違えば挨拶をしてくれ、町の住人は町にいる人々へ優しかった。とても温かい雰囲気のある町だったのだ。アジア人が大勢で話をしている光景は珍しいらしく、地元の人々とたくさん話をした。つたない英語力でも、繰り返し、粘り強く、話をしてくれ、聞いてくれた。日本からきたのだというと皆、地震について心配してくれた。初老の男性が「以前日本に行って原爆ドームを見たときには涙が出たよ」と話してくれたときには胸が熱くなった。いろいろな国のいろいろな年齢の人話をしたが、文化や考え方の違いに大きな刺激を受けた。NPOの代表の方の紹介で知り合ったワーキングホリデーでラムズゲートに滞在する日本人の女性や、語学留学に来てこの町の男性と結婚した女性の二方と話したことは私の中の人生観を変える大きなきっかけとなった。お二方とも一度大学を出て就職してから「英語を勉強したい」と思い立ちラムズゲートに来ていたのだった。行動力があれば、可能性はいくらでも広がるのだと学んだ。少し楽な気持ちになった。大学卒業→就職→結婚?というありきたりな道しか自分の中に浮かばなかったが、もっと夢を持ち、自分のやりたいことをしたいと思った。普通の語学留学を考えたこともあったが、英語を勉強したい、しかし何故、というジレンマが自分の中にあり踏み出せずにいた。ただ漠然とした気持ちでは長期の海外生活の中でくじけてしまうと思った。インターン中は、どうしたら伝わるか、楽しんでもらえるかを夢中で考えているうちに自然と会話をする力がついていた。英語を勉強するには文法ももちろん大切だが、何か目的があると上達が早いのだということに気づいたのは大きな発見である。ただの海外旅行ではできない経験をたくさんすることができるので、もし後輩に興味がある者がいたらぜひ紹介したいと思っている。



フロムジャパン事務局コメント

高野さんは卒業後、イギリスの服飾を輸入販売を手がける会社に就職されたそうです。その企業は東日本大震災後を始め社会貢献活動に熱心だそうで、就職面接の際には、英国でのインターン活動が話題となったそうです。

 

 

かるたの面白さは世界共通

1109yuri

金田悠里さん
法政大学人間環境学部3年
イギリス・2011年9月参加


私は今回のインターンを通じて、観光や留学では決してできない体験ができました。また、私自身も以前より日本文化に詳しくなったと感じております。日本文化ということで、かるた、折り紙、紙芝居、書道、茶道を紹介しましたが、かるたづくりは特に大掛かりで大変な内容だったと思います。

かるた紹介に関しては大きく分けると3つの内容がありました。かるたゲーム、かるたづくり、そしてかるたトーナメントです。

かるたゲームは、かるたの発祥について紹介し、遊び方のルールを紹介した後、実際に遊んでみるとう内容でした。こどもたちは、かるたははじめ貝殻に絵を書いて遊ばれていたと知るととても驚いているようでした。実際に貝殻かるたで遊んでみると、同じ番号の貝殻はそれぞれぴったりと合わさることを発見しとても楽しんでいました。かるたゲームにも夢中になって取り組んでくれたので、日本で子供たちが楽しんでいるかるたは世界共通であるという発見がありました。

かるたづくりはとても骨の折れる内容でした。ローカルかるたを作るにあたって、まずはじめに街歩きをし、現地のランドマークとなるような場所を把握、子供たちにかるたを作ってもらいます。最後にカルタの形に仕上げる作業をしました。街歩きは、一日ないし半日かかる作業でしたが、観光ではいけないような素晴らしい土地をたくさん訪れることができました。また、この作業によって子供たちにかるたを作ってもらう際にアドバイスができました。子供たちは発想力豊かでのびのびとし、進んで作業にとりくんでくれたので、かるたづくりの授業は大変でしたが予想していたよりもスムーズに進めることができました。私が小学生の時と比べるとイギリスの子供たちは自由に学び、みないきいきとしているという印象をうけました。最後にファイナライズの作業ですが、これも初めて作業したときは思わず時間がかかってしました。しかし、この反省を生かし2回目のかるたづくりにはうまく作業ができるような改善点(プリントに生徒の名前をちゃんと書いてもらう、絵札の原画にもアルファベットを書いてもらう、作業の役割分担を決めるなどなど)を実行し効率化を図ることができました。インターン同士の中もより深まり、自分自身の成長も感じることができた体験でした。

かるたトーナメントは実際につくったかるたでゲームをし、優勝したチームを表彰するというものでした。同時進行で絵札の投票も行い、こちらも上位5名と先生が選んだ絵札の生徒を表彰しました。生徒たちはみな一度かるたゲームを体験していたので、トーナメントでは日本人の子供さながらのゲーム展開となり、また自分たちの作ったかるたということもあったのでとても白熱した試合となりました。また、絵札の投票を行うことによって自分が作ったかるただけでなく友達がつくったかるたにも興味を持って接することができたと感じております。表彰時には、手作りの日本語の表彰状と折り紙で作ったメダルをプレゼントしました。イギリスでは優秀な子はどんどん褒めるという風習があり、表彰された生徒たちはとても誇らしげにしていました。また、日本語や折り紙も生徒たちにとっては珍しいもので興味を持ってもらえました。

このインターンに参加する以前、私は特に日本文化としてのかるたというものを意識することがありませんでした。かるたを紹介すると聞いたときも「イギリスの子供たちが果たしてかるたに興味を持ってくれるのか」と全く反応が予想できませんでした。しかし、実際に活動してみて、かるたを含め日本文化に対してイギリス人は興味を持ってくれたし、すばらしいものだと感じてくれたようです。小学校の先生のなかにもかるたのルールが面白いからぜひこれからこのゲームを取り扱っていきたいとおっしゃってくれた方もいらっしゃいました。実際に、子供たちはとてもかるたを楽しんでくれていたので、かるたの面白さは世界共通なのだということも感じました。

世界にはさまざまな文化があり、それぞれが素晴らしいものだと思います。今回のインターンで私は主に2つの文化(イギリスと日本)について触れましたが、お互いそれぞれの文化を尊重し尊敬しながら共有できたと感じております。これからはさらにほかの国の文化に触れられたら良いと考えております。

かるたは、素敵な日本の文化

1102haruna

小野崎遥菜さん
埼玉大学教養学部2年
イギリス・2011年2月参加


出発前の準備

私のカルタづくりへの第一歩は日本にいるときからでした。私の住んでいる栃木県小山市は小学生が毎年カルタ大会に参加する、ということがありましたので大会にむけて練習を友達とするということが遊びの一つでした。今回、イギリスでカルタを作り、大会を開催するということで私も参加させていただいたことのある小山市のカルタ大会について、また栃木のカルタである「下野カルタ」についてのお話を伺わせていただき、さらには大会の様子を取材する機会を頂きました。小山市で開催されるカルタ大会は自治会によって運営されているものです。各地区の育成会で行われた予選で勝ち抜いた小学一年生から六年生までの各学年二人ずつの代表が小山市の決勝へと進むことが出来ます。地区や学年によっては人数が少ない場合もあり、必ずしも二人の子供がいるというわけではありませんでした。自分が当たり前に思っていたカルタ大会ですが、同じ栃木県でも他の地域では開催されていないことや大会開催にあたり「子どもたちに地域のことを知ることが出来るカルタで遊んでもらいたい」という思いが伝わってきました。カルタのようなカード遊びは、日本の伝統的な遊びである一方、特に地域カルタにおいては歴史や地理、名産物等の地域の特色を学ぶには良いものです。子どもたちも遊びの一環で自分たちのすむ地域のことについて学ぶことが出来ます。
日本で二回にわたって行われた事前実習では、実際に私たちがカルタ遊びをしました。これによってチームのみんなに「どのようなカルタ大会をつくりあげるのか」という共通のイメージをえがくことができたと思います。


二つの学校でカルタを完成

実際にイギリスの二つの小学校でカルタを作ることが出来ました。教室に向かう前には、子どもたちにカルタのことを理解してもらえるのか、またある程度の質のカルタを作ることが出来るのかという不安がありました。もちろん英語でコミュニケーションをとらねばならない。そのいった不安はいくつもありました。
作り始めて、困難だったことは生徒の作った読み句の校了作業です。子どもたちの書いた英語はスペルミスだけでなく、文法的にも間違いがあること、また判別の難しいアルファベットを書く子どももいます。また絵札用の絵を描くときにも、時間内におらわせることのできない子、集中力が途切れてしまって他のことで遊んでしまう子がいる一方で、すぐに終わってしまって暇をもてあそんでしまう子どもがいました。一つの教室の中である作品を完成させようとするときには日本においても同じことですが、すべての生徒が同じ速度、またクオリティーで作業を進められるわけではありません。そういった生徒にはサポートが必要ですが、英語が不自由なことで、100パーセントのサポートが出来たわけではありませんでした。
カルタが出来あがって、カルタ大会を開きました。子どもたちはみんな真剣に、また楽しそうに参加していました。大会の運営としては、きちんとした役割分担をしないままに始めてしまったために、こちらとしても戸惑うことがありました。
二つ目の小学校では、私が子どもたちにカルタの導入からやらせていただくことになりました。用意してくださったマニュアルを基に、自分である程度の用意をして、臨みました。ですが、いざとなると緊張してしまってうまく言葉が出てこなくなってしまいました。チームや先生の助けを借りて、なんとかこちらの学校でもカルタを作り上げることができました。こちらでも、大会を開催すると子どもたちは楽しそうに遊んでいました。
カルタに描かれた町を探検

今回、カルタを作るだけではなく、子どもたちがカルタの題材として選んだ物、場所を観に行く町探検ツアーも行いました。特に興味深かかったのは、全国で展開されているお店も子どもたちにとっては町の一部として捉えられているという点です。大人が自分たちの町のカルタを作ったならば、その町に特有なものでカルタを完成させることが可能ですが、子どもたちの目線からみた町は必ずしもそうではありません。もちろん、町の誇るもの、特有なものを題材にとる生徒が多いのですが、そういった子どもたちの町の捉え方をしることができ、とても楽しいツアーとなりました。


素敵な日本の文化

「イギリスでカルタをつくる」と言うことは、人々になじみのないものを紹介して、理解してもらい、かつ興味を引きだすことが必要です。そのためにはたくさんの準備が必要で、どのように「教えたら」いいのか、ということばかり考えていました。しかし今回の活動を通して、こちらからはカルタのことを教えるその一方で、先生方や生徒たち、またホームステイ先の家族や現地でできた友達からはラムズゲートをはじめとするサネットの町のことやイギリスの文化などについて多くのことを教わりました。そういった点で、地域カルタは双方にとって有益であると感じました。また、遊びの一つであるためにとても楽しい。子どもたちが楽しんで遊ぶことができ、またその楽しんでいる様子を見て周囲の大人も楽しい雰囲気に包みこんでくれる。そんな素敵な日本の文化であると感じました。