感じたこと:自分が人に何かの影響を与えていく立場である

1208serina

渡邊世莉奈さん
女子大学文学部2年
イギリス・2012年8月参加


8月下旬から9月末にかけての3週間に渡るイギリスコミュニティインターンを終えて今感じるのは、自分がもう人から何かをしてもらう立場ではなく、人に何かの影響を与えていく立場であるということです。思い返してみて、自分が小学生の時、イギリスやアメリカから大学生が日本にインターンで彼らの文化を教えてくれるという経験はありませんでした。英語を学ぶことが日本では一つの異文化と捉えられていることからも、彼らの伝統的な学びを得ることは彼らが日本に来るのではなく、私たち自身が外へ出ていく方が多く感じます。授業をさせて頂いたBromtone Primary School, St.Ethelberts Catholic Schoolの子供たちは、純粋に異国から来た私たちに対して強い興味を示してくれた反面、自分たちとは異なる文化を持つ私たちを見てどう感じたのか。インターンに参加する1週間程前からロンドンに滞在していたのですが、イギリスは思っていたより多民族国家ではなく、閉鎖的なイメージを受けました。以前、滞在していたオーストラリアでは多種多様な国籍が共生していたので、現地の多くの人が異文化共生というものを自然と身につけていたように思います。しかし、日本と同じ島国、EUに加盟しながらも独自の貨幣を持ち、少し他のヨーロッパ諸国とは距離置いているイギリス。そんな国で子供たちに、異文化や異民族を受け入れる、異文化を知ってもらうというプログラムに興味を持ち私はこのプログラムに参加しました。

折り紙、書道、カルタ、子供たちが本当に関心を持ってくれるのか半信半疑で初日学校へ向かいました。「子供たちの記憶に残る授業をしたい」そう思いながらも実際に授業を行ってみると実際の生徒の数が事前に聞いていたものと違っていたり、耳の不自由な子にどのようにしてカルタを行うか、準備8割、実践2割というように、どれだけ準備していても現場に出るとまだまだ経験も浅い私たちでは戸惑うことばかりでした。準備が8割もできていなかったのでは。。。と初日が終わった日、後悔と申し訳なさでいっぱいでした。ですが、回数を重ねるごとに授業のペースが掴め、よりスムーズにできるように、子供たちの声に耳を傾ける余裕もでき、異文化を持つ私たちの姿がイギリスの子供たちに「自分の知らない世界がまだまだある」ということを知り、刺激を与えることができたら嬉しく思います。3週間滞在したラムスゲートは小さな田舎街です。ロンドンとの経済格差は否めませんし、ラムスゲート入りした日は正直暗い街という印象でした。都市での生活に引け目を感じていたり、ロンドンのハイスピードで進む世界についていけないという人が多くいたり。。。 私のお世話になったホストファミリーは「もう何年もロンドンには行ってない、今更行っても疲れてしまう。」と言いましたが、ラムスゲートの子供たちが囲の中の蛙になってしまいそうな環境にあるのではないかと思いました。自分が今いる場所に安心を覚えるのは大切なことですが、向上心のない生活を送ることにも繋がってしまいます。田舎待であることを引け目に感じるのではなく、ラムスゲートに誇りを持って旅立つためにも、郷土カルタは良い教材だったのではないかと思います。私自身が自分の故郷のことを全て知り尽くしている訳ではありませんが、小さいころよく家の近くの歴史博物館や建物に両親に連れて行った思い出があります。現在では、ゲームが子供たちの遊びを占め、なかなか地域めぐりをする機会が奪われつつあるので、カルタづくりを通して、子供たちが自分のアイデンティティーを知る手がかりにしてくれたら嬉しく思います。

また、教育が進んでいると一般的に言われている英国ですが、何がどう日本と比べて進んでいるのか。現在の日本の小学校事情は全国まちまちで、これが日本の小学校教育といえるものはないと思います。イギリスの場合は、クラスヘッドティーチャーのほか、アシスタントティーチャーが2人から3人付くこと、障害時の受け入れをした場合、先生の数が増えるのではなく手当が増えるということ、イギリスのも公私の学校で教育格差が起きていること、私が感じたのはこの点です。1校目のBromptone Primary Schoolはとても親しみやすい学校でしたが、学力的なものは掴みきれませんでした。ですが、先生方の手助けがなければ生徒が静まらなかったり、興奮のあまり大人しくできなかったりといったあたりを見ると教育がまだまだ行き届いていないようにも感じました。2校目のSt.Ethelbertsでは驚くほど子供たちが聞き分けがよく、私たちが指示する前からワークシートを理解していたり、前校と比較して教えやすかったとチーム全体として話しました。ミッション系学校ということもあり、少数人数の小さな学校だからこそできる教育だったのだと思います。どちらの学校にも良い点、改善した方が良い点がありましたが、授業の内容に熱心に取り組んでくれ、準備した甲斐があったと感じることができました。イギリスの教育が進んでいるとは一概には言えませんが、日本の小学校と比べ先生の数が多いため、1人1人が過ごしやすい環境なのではないかと思いました。

インターン活動の一環として、フェアトレードの活動を斡旋しているタミーさんにお会いし、お話しできたことは大変嬉しかったです。女性の生き方のロールモデルの一人として尊敬する方でした。女性の方がフェアトレードや貧困解決の活動をする傾向があるとされながらも、それを職業として専門的に扱う人は多くありません。大抵が副職としてではないかと思います。ラムスゲート自体がフェアトレードタウンとして認証されているものの、自分のお店でフェアトレードを扱いながらもフェアトレードについてはよく知らないんだといった方もいました。しかし、それは逆に良いことなのではないかと思いました。無意識のうちにフェアトレードの商品を手に取っている、日本では意識的にフェアトレードの商品を買う方がまだまだ多いと思います。なかには、フェアトレード商品は高い割に質が良くないといった方もいました。フェアな価格で取り引きしているのだから高くて当たり前というか、そこの仕組みを理解せず、批判するのは違うのでは?と感じましたが、その不満も身近にすぐフェアトレード商品があるから抱けるものであり、ラムスゲートのまち起こしの一環ではなく、フェアトレードで活性化して欲しいなと感じました。とは言いながらも、経済状況的に考えるとフェアトレードで活性化するのは厳しい政策のようにも感じました。ラムスゲートの子供たちが胸を張って自分の故郷を誇れるような未来の政策を考えていく必要があると思いました。

3週間イギリスで過ごした日々は、どれも濃く、毎日何かしらを吸収していました。今回のインターンで自分自身のなかで見つかった課題やフェアトレードについての幅広い知識を深めていきたいと思います。

経験から得られる物は1つとは限らない

1208yumi

藤巻優美さん
宇都宮大学国際学部2年
イギリス・2012年8月参加


私は2週間のプログラムで参加しました。その「2週間」という期間は短かったものの充実しており、普段あまり何も考えずに生活している私にとっては、まるで1か月くらい生活したかのような感覚がありました。2週間をそんなとても濃厚な時間にしてくれたのは、活動を共にした日本のさまざまな大学から集まった自分とは違ったジャンルに興味のある学生たちでした。イギリスで異文化に触れた驚きよりも、私にとっては、日本ではなくイギリスで彼らと出会い、たくさんの話をしたことの方が大きな収穫となっています。

日本に帰ってきて、「イギリスに行ってきたんだ。」と友人に言うと、「旅行?」とよく聞かれ、しかしそこで「違うよ、インターンシップ。」と答えると、「え!すごい!」とかなりの確率で驚かれます。そこで必ず「どんなことをしてきたの?どうだった?」と聞かれます。どうだったのかというと、私は将来教員になることを目指しているわけでもないし、フェアトレードに強い関心があるわけでもなかったため、インターンの活動は、正直言うと夏休みの思い出の1つ程度の感覚となりました。だからと言って退屈だったわけではありません。英語を使ってたくさんの人たちとコミュニケーションをとるのは楽しかったし、何より英語を使って自国の文化を小学生たちに教えるなんて滅多にできることではありません。私の夏休みが充実したものとなったのは、このインターンのおかげです。しかし、楽しかったけれども、それ以上にはならないような感覚がありました。でもそれは、インターンの活動に関してであって、その活動を通した起こったその他の場面で刺激を受け、私は一皮むけて帰国することができました。私にとってとても刺激的だったのは、活動を共にした仲間たちで、日々たくさんの考えを交換し合うことでお互いを磨き合い、活動をより良いものにすることができました。

何人かは事前研修で一度だけ会ったことがありましたが、ほとんどの人とは現地の空港で初めて顔を合わせることになりました。それぞれがそれぞれの活動に参加した理由を持っていて、同じ理由を持っていた人はいなかったように感じます。唯一の共通点は、大学生であり、年代が近いということ。たったそれだけだったのに、すぐに打ち解けたくさんの話をして、互いに高め合いました。保育士を目指している人、小学校教師を目指している人、子供が好きな人や嫌いな人、どんなことでも笑いに変えてしまう人、将来フェアトレードの商品を販売するお店を経営したいという夢を持っている人、海外に来るのが初めての人、たくさんの国に訪れたくさんの知識を持っているからこそ現状に満足できず常に疑問と向上心を持っている人。本当に様々な人がいました。普段の何気ない会話のほかにも熱くディベートすることもあり、本当にたくさんのことを知ることができました。

私の中で1番記憶に残っているのがフェアトレードに関する話を友人としたことでした。私の学校でもフェアトレードの商品を販売しているサークルはあるし、フェアトレードという単語自体は耳にしたことがありました。しかし何のための活動なのかはよく理解していませんでした。そのため、インターンに参加したフェアトレードに強い関心のある友人たちの話がよく理解できず、どうせ「これは国際協力だ!世界の役に立つのだ!」とアバウトに考えて、「自分はフェアトレードに興味がある」と言っているだけなのではないかと思いました。しかし友人たちは、私のフェアトレードに対する多くの疑問やしつこく続ける意見をしっかりと聞き、最後まで答えてくれ、その姿勢から、それほどフェアトレードについて自分なりの考えを持っているのだなと感じました。私は世の中のことを知ら無すぎるとよく言われます。そのせいなのか、どんな事象にも「なんで?」と疑問を持ってしまいます。たいていの人はそんな私のしつこい質問に答えてはくれないし、細かいことまで聞いても相手は私の質問に答えられるほどの知識と自分なりの考えを持っていません。しかし彼女たちは違っていて、私が今までに出会った人たちの中で一番、私の質問にむきあってくれ、私が本当に求めていた答えを聞かせてくれた気がしました。

私も自分の将来のことだったり、たまには世界のことだったり、様々なことを考えます。しかし、例えば、平和を求めて「戦争をなくそう!」と思っても、それは簡単なことではないし、私は戦争がなくなることはないという考えを持っており、それでは結局世界中のみんなが毎日平和に暮らすことなどできないと思ってしまうので、いつまでたっても自分なりの答えが出せません。たとえたくさんのことを考えても、私にはまだそれを自分の考える「正解」や「考えのゴール」へと持っていくことができないのです。しかし彼女たちは違っていました。たとえ考えても考えても出ない答えがあっても、見分を広げて、少しでも答えに近づこうとしていました。考えることをやめようしませんでした。彼女たちと私のフェアトレードに関する意見は真っ向から対立するものだったので、私は彼女たちの意見に賛成することはできず、100%すっきりしたわけではありません。しかし彼女たちの考えと、その考えを相反する意見を持つ相手に伝えようとする姿勢にとても感動し、わたしも彼女たちのその姿勢を見習いたいと強く感じました。

私は本当に本当に良い仲間たちと出会うことができました。このような活動に参加することができて本当に良かったです。海外という慣れない土地で異文化に触れて、多言語をしゃべって得られるものはもちろんあると思います。しかしそれだけではもったいないのです。もしまた新しい誰かがこのインターンに参加するときは、私は、活動を共にした仲間たちとお互いを磨き合い、身近なところからも多くのことを学んで帰ってきてほしいと思います。

出会いのすばらしさを強く感じた3週間

1208chihiro

坂内千紘さん
静岡文化芸術大学文化政策学部2年
イギリス・2012年8月参加


今回コミュニティインターンに参加したひとつの目的は自身の英語力の向上でした。昔から、「英語を話せるようになりたい」「もっと勉強しなきゃ」といいつつ、必死になりきれず中途半端なままで大学生活を送っていた自分を変えたい、その思いでこのインターンに応募しました。

このインターンでの活動内でまず印象的だったのはイギリスの教育現場、そして日本のそれとの相違です。まず感じたのはイギリスの小学校は「自由」だということです。これは児童が各々好き勝手に行動しているという意味ではなく、ある程度の規律は守られながら開放感のある教育がなされている、私個人の印象としては非常に理想的な環境でした。日本では、先生からほぼすべての指示が出されその通りに子どもたちが作業をしていくという受け身なスタイルの授業が主ですが、イギリスの小学生は自発的に発言または提案している場面が多かったように感じます。郷土カルタを作成したクラスで、そのカルタを使って彼ら自身でプレイしてもらったさいも、審判をサポートする人をつけようだとか、みなが積極的に提案しながら参加している姿がありました。

授業前は子どもたちの反応がとても不安でしたが、いざ子どもたちの前に立ってみると、そのような元気な発言がたくさん飛び出し、紹介した折り紙、習字、カルタいずれも目を輝かせて楽しんでくれました。彼らは日本文化について全く知らないわけではなく、とくにポケモンやキティーをはじめとした日本のアニメや漫画については良く知って楽しんでおり、日本のサブカルチャーの国境を越えた人気を実際に肌で感じることができました。

ここから発展して、文化的な違いに衝撃を受けることが多々ありました。私がまず驚いたのは小学校で女の子たちがマニキュアをしていたことでした。日本であったら「なぜ学校にそんなものをしてくるの!」と速攻指導の対象になるでしょう。学校ごとに違いはあるでしょうが、鞄も日本でいうランドセルのような決まった鞄があるわけではなく各々が好きなものを持っていました。お菓子や飲み物を持ってくるのも自由です。「学校では質素に」が一般常識、決まりごとが多く一律性、同調性をあらゆるところに求める日本人の国民性とは異なります。しかし休み時間の過ごし方を見てみたところ、教室で本を読んでいてもよし、ほかの場所で遊んできてもよし、といった日本の学校とは異なり、子どもたちは一斉に外に出されて先生の見ているなかで遊びます。また訪問した2校のうちでも校風が異なり、2校目のカトリック系の学校ではよりそういった先生の指導下で見守るという印象を受けました。このように、日本とは異なった場面で自由であったり規律があったりすることは、その内容にそれぞれの国民性が出ていて、とても面白く感じました。

またラムスゲートやロンドンの街を歩いてみて感じたのは、イギリスの街が「自国らしさ」をよく保持していることです。家をはじめとする建築物の外観に顕著でしたが、それらに一貫して感じられる英国の伝統には感心しました。反対に、現在の日本に伝統的な日本家屋があるかというと、洋風な外観・内装が殆ど。都会の建築物も然り。どんどん便利性を追求し社会が発展していくなかで、日本古来の伝統的な「和」の文化が薄れてゆき現代的な文化様相になってゆく過程が、外から日本を見つめてみて初めて分かりました。大学の学科で国際文化、多文化間のつながりを学んでいる自分にとっては、そういった様々な文化の相違がとても興味深く感じました。

3週間、様々な出会いがありました。ホストファミリー、パブで仲良くなったおじいさん、小学校の子どもたち。ラムスゲートの人びとのあたたかさにはいつも元気づけられ、彼らと毎日英語でコミュニケーションを取る生活はとても魅力的なものでした。しかし、言っていることがわからないまたは自分の言いたいことを英語にできず、彼らと十分に意思疎通をはかれないということも多々あり、幾度となく悩みました。伝わらないことを怖がり相槌だけになってしまう会話もありました。しかし帰国した今、その悔しさが英語学習への意欲となっています。将来また彼らと会ったときには、不自由なく楽しいおしゃべりができるようになりたい。それが今の私のひとつの目標となり、今必死に、しかし楽しく自発的に勉強することができています。イギリスで出会った人びとは、日本語だけしか話せなかったら親しい関係にはならなかったであろう相手。そのような、人と人とを結びつける、言語の可能性やすばらしさも実感しました。帰国してみて、渡航前何事も中途半端だった自分は確かに成長したと感じることができ、このインターンシップには非常に感謝しています。

また、毎日一緒に活動した仲間は私にとってかけがえのない存在です。本当に、出会いのすばらしさを強く感じた3週間でした。

イギリスの文化・英語にふれて感じたこと

1208keita

寺門啓太さん
琉球大学教育学部2年
イギリス・2012年8月参加


 

私が、今回のこのインターンに参加したのには、2つの目的があります。1つは、英語が話せる環境に挑戦してみたい。というものと、2つめに、私が目指している教師に関連することで、イギリス(外国)の教育事情が実際に目で見ることができ、さらには、体験することもできるということに多くの魅力を感じ、参加に至りました。

この2つの観点で、今回のインターンを振り返ってみたいと思います。まず、1つめの英語の話せる環境という点ですが、痛感したのは、自分の英語力の無さでした。現地についてすぐ、日本人に会うことなく、ホームステイ先に滞在しました。この空港からホームステイの家につく間、私はなにを話すか考えて、なかなか口に発することのできないまま、ホームステイ先に到着しました。この行動の中には、今まで英語を私生活で口にしたことのない私でしたから、英語が苦手だから話せない。というより英語を口にする恥ずかしさに直面しました。またそれだけでなく、ある程度質問は出来ても、なにを言っているのか、一度では聞き取ることのできない、リスニングの問題もありました。到着早々いろいろな局面に襲われ、不安にもなりましたが、翌日は日本から来た仲間たちにも会い、少なからず安心感をいただくことができたのを覚えています。

そして、このインターンでは英語に触れる際に4つの行動パターンがありました。1つはホームステイ先の家族と自分だけというものです。わたしはこの関係でのやり取りが今回のインターンで英語を学ぶ1番の機会だと思います。家族とは毎晩一緒に食事をとり、語学学校での宿題や翌日に行く観光地の話を聞いたり、英語をもっと勉強したいと言ったところ、いちいち発音にも注意を配ってくれて、私も納得できるまで発音練習を繰り返したこともありました。今でもメールでやりとりをしています。この中で英語を話す恥ずかしさを取り払うことができたと思っています。

2つめに、第三者と仲間たちと自分があります。これは、語学学校内や街の探索などの時にこのような体型で英語を話す機会があります。この形の時は分かる通り、英語ができる人が話して、それ以外の人は、できる人に自分の英語を聞かれるのを恥ずかしがり、そのできる人に話すのを任せたりする機会が多くあります。自分は少しでも話したい!!という思いがあったので、率先して話してみました。うまくはいかなくても、自分の力になるのでこのような機会は率先して前に出て行ったほうが良いと思います。

3つめに、自分一人で街歩きをするパターンです。私は1回だけカンタベリーまで一人で出かけてみました。この旅で感じたのは、一人だとあまり話さなくても済んでしまう。ということです。これは自分でもびっくりしたのですが、書いてあることをたどって行けば何とかなってしまうのです。一応、カンタベリーでは観光できたので良かったのですが、英語を話そうとするならば、何かしらの目的があるとこの一人旅も活きてくるのかなと思います。

そして、最後に仲間と自分だけというパターンです。日本人だけだったら英語は学べるのか?と思われるかもしれませんが、私は学べると思っています。私は私生活の中で、自分の言ったことで、『これであってるのかなー?』や、Body languageで説明が不十分な部分がたくさんあったので、その足りない部分を仲間に「あなただったらどう言う?」と質問をかなりしました。嫌な顔ひとつせず私の面倒な質問に答えてくれた仲間には感謝しています。他人の表現を真似ることでも、英語を深めることにつながると思います。

英語を話す環境に挑戦してみた結果、表面的な部分は、3週間で伸びたかと言われれば、話すこと、聞くことにおいて正直大きな変化はないと思います。しかし、英語をもっと勉強して身につけたいという意識的には自分の中で大きな変化がありました。

そして、2つめに、教育現場を見ることができたということから、日本とイギリスの教育の違い、またイギリスの教育の特徴などをみつけることができたことですが、まず、参加者全員が驚いた電子黒板です。正直な話、私は教育学部の授業で、これからの時代は電子黒板が導入されるということで何回か電子黒板を見たことがありました。しかし、今回は私も驚いてしまいました。なぜなら、見聞きしていたものが、学校のすべてのクラスに配備されていたからです。少なくとも私が今回訪問した2つの学校ではそのような状態でした。また、親が学校まで送り迎えをしている光景、さらに、昼休みに担当の教師以外の子供たちの安全を管理するスタッフ、掃除をするスタッフ、授業中に教室で担任の補助をするスタッフなどの姿を見て、日本に比べて、教育にお金、または時間をかけているのが一目瞭然でした。

ただ、一点だけ掃除をするということについて、疑問が残りました。なぜなら、日本において掃除をすることは当たり前で、その場でなんらかの作業をしたら、最初より綺麗にいてからその場を離れる考え方があるので、イギリスの食後の食堂や、制作活動の終わったあとの教室などは見るも無残な光景が広がっていました。それをなんとも思わない心というのは、この掃除をやらない習慣からくるのではないでしょうか?実際にイギリスの街を歩けばすぐにわかると思いますが、バスや、道路は綺麗な景観とは言い難いものが広がっていました。日本人の誇れる部分だな。と密かに思っていました。

教師を注意深く見てみると、日本のように重い空気はなく、悪い言い方かもしれませんが、楽にやっている感じが見受けられました。これは、日本のように堅苦しい職員室がなくカフェのようなスタッフルームがあるからなのかなと思いました。残業をしないのが当たり前な感じのした職場の空気も気持ちの良いものでした。

そして、肝心の子供は、日本でもイギリスでも遊んでいるときはなんら変わりなく、元気いっぱいに遊んでいたので、難しく考えずに、昼休みはどんどん遊びに混ぜてもらえば、すぐに仲良くなれる気がします。

今回のこの経験を大学の教育学部の仲間たち、またはそれ以外の友達、そして、これからこのインターンに参加する仲間たちに伝えていき参考に少しでもなればいいと思います。


 

イギリスで驚いたこと

1208kana

関加奈さん
新潟県立大学国際地域学部2年
イギリス・2013年8月参加


●イギリスの小学校で感じたこと
Bromstone schoolとSt Ethelbert’s schoolを比較すると全体的に後者のほうが子どもたちはおとなしく、静かな印象を受けた。日本の公立学校では、平等な教育を受けるという視点から、イギリスのような学校による校風の差はあまりないのだろうと思う。St Ethelbert’s schoolの2年生の教室はとてもカラフルだったが細かく観察してみると、学習事項が織り込まれていた。例えばcircleやsquareなど形を表わす単語、blueやbrownなど色を表わす単語、また、punctuationやconnectivesなどの文法項目も掲示してあった。英語を身につける方法は案外、外国語として英語を勉強している私たちと似ているのかもしれないと思った。Bromstone school では学習障害を持っているような児童も同じクラスで勉強していたが、どういう理由で分けていないのか、知りたいと思った。

●カルタ
カルタの活動では郷土カルタを作成したが、子どもたちに地域のことを知ってもらうためにはどうすればいいか、考えた。日本では総合学習などの授業で地域のことについて学ぶ機会があると思うが、イギリスではどうなっているのかが気になった。子どもたちに地域のことを知ってもらいたいと思うのであれば、自分自身も地域のことを知る必要があると思うので、日本のことや自分の地域についてもっと知っておきたいと思った。

●書道
書道では、自分の名前をカタカナで書く練習をする場面で、子どもたちはいちばんうれしそうに活動していた。「祝」の漢字の意味を質問したときにはたくさんの意見が出て、漢字に興味を持ってくれているのだということがわかった。説明の際に注意点(絵のようにかかないこと)などを繰り返し伝えたのでよかったが、説明の難しさを感じた。自分が知っていても相手が知らないことは多いので、そのことをよく理解してわかりやすく説明する努力をしなければならないと思った。

●折り紙
折り紙ではかぶとの折り方を教えたが、折り紙Englishが難しかった。子どもたちは「できたよー!」と見せてくれ、楽しそうだった。日本の文化を伝えたり、新聞紙でかぶることができるかぶとが作れたりと、かぶとは教えるのに最適だと思う。しかし、折ったことがあるという子もいたので、活動前にアンケートをとるとより良い活動になるのではないかと思う。

●イギリス文化・風習
イギリスでいちばん驚いたことは、女性がスーツケースを持って階段を上り下りしていると、必ず男性が荷物を持ってくれるということです。帰国前ロンドンを歩いているときに気が付きました。彼女と一緒にいても、手伝ってくれる方もいました。扉を開ける時も、次に通る人のために、扉を支えて待つ習慣もあり、素敵な文化だと思いました。また、ロンドンでミュージカルを見た際に感じたのは、日本より気軽に見に行っているのではないかということです。日本では上演中の会場の出入りは控えると思うのですが、イギリスでは頻繁に出入りしている人がいる印象がありました(子どもが多かったせいもあると思いますが)。タトゥーを入れている人が多いのも印象的でした。ロンドンやラムズゲートの街の様子は、建物はとても綺麗ですがポイ捨てや歩きたばこが多いため少し残念でした。

●今後生かしたいこと
今回はイギリスでの研修だったため、イギリス英語に触れることができた。私は来年、大学の研修でカナダへ行く予定のため、カナダ英語とイギリス英語との共通点および相違点を発見できたら良いと思う。また、英語教師を目指すうえで、日本文化の良さ・特徴などを英語で伝えることができるということは重要なことだと思うので、日本文化や外国の文化をよく知り、伝える技術を身につけていきたいと思う

イギリスで教育現場を通して学んだこと

1208tomomi

木村友美さん
宇都宮大学国際学部3年
イギリス・2012年8月


今回のインターンシップでは、Bromstone Primary SchoolとSt Ethelberts Catholic Primary Schoolの二つの小学校を訪れ、日本文化を紹介することができました。

私は3週間、インターンシップに参加しましたが、最初の第1週目に語学学校に通い、日本文化に必要な英語表現を学び、模擬授業を実施しました。この1週間で、小学校での活動についての不安を解消し、本番に向けて自信を付けることができました。授業は、チームごとに行います。私達のチームは4人いましたが、折り紙、習字、かるたの各授業の代表を選び、各代表者が担当の授業を責任を持って進めました。私は英語教員免許取得を予定していますが、授業を考え構成していく経験が非常に有意義でした。言うまでもありませんが、授業中の使用言語は英語でしたので、英語でどのように小学生の子供たちに説明し、理解させるか、という課題に向き合うことができたと思います。語学学校の先生はとても親切で、質問には何でも答えて頂き、英語力の不十分な私たちに根気強く指導して下さり、実用的な英語を学ぶことができたと思います。チームで授業を作る上で苦労したことは、それぞれの授業のリーダーを決めて完全に分業してしまったので、担当外の授業に不干渉的になってしまったことです。リーダーはあくまでもリーダーで、他のメンバーも主体的に授業づくりに参加していくことが必要だと個人的に思います。

語学学校で学んだ後、小学校に行きました。イギリスの小学校は日本の小学校と大きく異なっていました。日本では先生が授業で黒板を使用しますが、イギリスでは黒板の代わり電子黒板(スクリーンのようなもの)が教室の正面に配置されており、チョークの代わりに繰り返し使用できる電子ペンを使います。電子黒板とPCは連動しており、PCの映像は電子黒板に反映されます。つまり、授業中に先生が必要とした情報をPCで即座に調べ、子供たちと電子黒板を通じて共有することができます。この電子黒板とPCは各教室に必ず1セット用意されていました。イギリスの公立小学校ですらこの設備であることに、日本の小学校の教育設備と比較せざるを得ませんでした。さらに、日本の小学校では通常1クラスに1人の担任の先生が常置され、クラスの状況によって2人以上の先生が授業を担当することはありますが、イギリスでは、ティームティーチングが頻繁に行われているようでした。2人、さらには3人で1クラスの授業を監督している姿が良く見受けられました。Bromstone Primary Schoolで、耳の不自由な子がいるクラスがありましたが、その子の隣にはいつでも手話のできる先生が1人付き添っていて、学習のサポートそしていました。この学校はIncludingをモットーにしている為に、様々な障害を持つ子を除外せず、他の子供たちと共に同じ空間の中で学ぶということを意識しているようでした。日本ではこのようなクラス編成は、先生の負担も考慮すると、難しいことです。さらに、St Ethelberts Catholic Primary Schoolに関して、この学校はカトリック系の学校で、知的レベルも概ね高い学校でしたが、教材としてDS(任天堂のゲーム機)を用いて数学の計算をゲーム感覚で行っていました。DSは各子供に1つずつ貸し出されていました。子供たちにとって教材が魅力的なものほど学習意欲が向上するものだと思いますが、このような電子機器を揃えられる点もまた、イギリスの教育水準の高さを物語るものだと感じました。

イギリスの子供たちは非常に積極的に授業に参加してくれました。集中して取り組んでいたのも、見慣れない日本人の授業だったということや、先生の協力のおかげもあると思います。折り紙の授業では、子供たちは初めて折り紙を見るものだと想像していましたが、クラスによってはすでに折り紙を使用した授業を、私たちが来る以前から実施して準備していて下さっていたりしていました。一枚の紙から兜を作るという作業は、子供たちのみならず先生も感激している様子でした。習字の授業では、漢字と名前のカタカナ表記を教えました。自分の名前を日本語で書くということが興味深かったようで、教えると満足そうな表情を浮かべる子もいました。そしてカルタの授業では、サネット地域の郷土カルタを子供たちが作り、最終的にそのカルタでカルタゲームをして遊びました。今回担当したカルタ作りでは、子供たちの知らない場所や歴史的人物などを敢えてピックアップして、そのトピックに関してインターネットで調べ作業をし、その後カルタ作成という流れで行いました。自分の身近にある場所さえも知らない子がいたので、こうした調べ学習を含めた活動は、サネット地域を知るという意味でも、郷土カルタの醍醐味だと感じました。カルタ作成は時間内に終えることができ、カルタゲームも何回も行い、子供達も楽しそうに参加していました。私達のチームは、最終的には全員で協力して分担作業をしていたこともあり、大きな問題もなくスムーズに授業を行うことができました。途中でマニュアル通りに進まなくとも、臨機応変に対応し、先生とコンタクトを取りながら上手く乗り越えることができました。チーム内での団結力の大切さを強く感じました。

授業はもちろんのこと、週末の町歩きもチームごとに行動することが多くありました。イギリスという異国の土地で、意見の合わない時もありましたが、お互いに協力し、足りない部分を補い合いながら活動しました。チームで活動することは難しいことも多いですか、達成した時の大きな喜びを味わうことができます。このインターンシップでは素敵なメンバーと貴重な体験ができたと思います。

商品を販売しない、フェアトレード

1208ayaka

糸澤文香さん
筑波大学理工学群社会工学類3年
イギリス・2013年8月参加


「最初のフェアトレードタウンはイギリスで生まれたんだよ。」大学でフェアトレードサークルに所属している私は、ある日メンバーにそう教えられた。それから「イギリス=フェアトレード先進国」というイメージが自然と出来上がっていた。イギリスに行ってフェアトレードの最先端を見てみたい、フェアトレード先進国の実情を見てみたい、それが私が今回コミュニティインターンに参加したきっかけの1つだった。イギリスで、最初に出会ったフェアトレード製品はコーヒーシュガーだった。これはイギリスへ向かう機内で出てきたものだったので、正確にイギリスで出会ったというわけではないが。日本を出発して数時間でフェアトレードが見つかったことで、私の期待はますます大きくなっていった。イギリスに降り立ってすぐにサネットへと移動し、2週間お世話になるホストファミリーの家へと向かった。サネットはロンドンの南東に位置する海沿いの街で、減少する観光客数に歯止めをかけようと、ターナー美術館をはじめとする様々な街おこしに取り組んでいる。その一つがフェアトレードタウンである。

イギリスにはフェアトレードタウンが数多く存在するが、サネットもその1つである。フェアトレードタウンと聞いて、私は町中のいたるところにフェアトレードショップが点在し、住民はフェアトレードに関心を持ち、またそのことに対して誇りを持っているものだと勝手に解釈していた。インターンプログラム初日、2日目にかけてサネット地域、特にRamgsgateの街歩きをしたが、思っているよりもフェアトレード専門店は見当たらなかった。Waitroseというスーパーマーケットには砂糖やコーヒーはもちろん、コーラやはちみつ、ワインに至るまでフェアトレード商品が数多く陳列されていた。商品の中にはwaitrose独自のものも多く、特に紅茶はティーバッグからルーズリーフティー(茶葉)まで、様々な種類が取りそろえられていた。日本では、最近イオンなどの大手スーパーの自社ブランドでも、チョコレートなどでフェアトレード商品を扱い始めてきたが、その種類はまだまだ少なく、しかもフェアトレードによほど興味がある人でないとその事実についても知らない場合が多い。ここでも日本とイギリスのフェアトレードに対する差を感じた。

プログラム後半では、Broadstairsという街をフェアトレード商品を扱う店舗を訪れ、実際にフェアトレード商品を扱っているか、売れ行きはどうかなど、直接従業員の方たちに尋ねるという機会を得た。私達のチームは美容室を2件訪問し、どのようなフェアトレード商品を扱っているかを調査した。最初に調査先を告げられた時、美容室とフェアトレードに一体何の関係があるのか、イギリスではヘアケア用品もフェアトレードなのか、と様々な想像をしていた。しかし実際に店舗に伺ってみると、ヘア用品がフェアトレードなのではなく、美容室で客に出すコーヒーや紅茶がフェアトレードであることが分かった。フェアトレードといえば、フェアトレード商品を消費者に向けて販売することだけ、といった凝り固まった考えをしていたことに気づかされ、これは素晴らしい取り組みであると思った。一見すると、全く関係のない分野でも何らかの形でフェアトレードにかかわっていけるということを教わった。商品を販売しない、という新しいフェアトレードのシステムは、フェアトレードショップよりもより低いリスクでフェアトレードを導入することができる。フェアトレードに関心を持っている人は少なくないが、フェアトレード商品を導入した際の収益の減+少や顧客からの反応など様々な障壁が考えられる。この方法なら、収益をあまり気にかけることなくフェアトレード商品(主にコーヒーや紅茶、チョコレートなどのオーソドックスな商品に限られるとは思うが)を導入できるというメリットがある。そのため、先述のヘアサロンはもちろん、大学や企業など様々な場所、場面でフェアトレード商品を導入できる。こう見ると、イギリスのフェアトレードタウンでは、フェアトレードを足がかりとした街おこしが成功しているように見える。

しかし、私達はサネットを街歩きした際に違った一面を見ることができた。あるグループがインタビューした、フェアトレード商品を取り扱っていたというカフェのオーナーによれば、フェアトレード商品は質が悪く、客からの反応も良くないということで、フェアトレード商品の取り扱いをやめてしまったのだという。フェアトレードタウンでフェアトレード商品を扱う店として、サネットのフェアトレード広報誌の中で、fairtrade directory に名前が掲載されているにも関わらず、先述の店のように取り扱いをやめてしまった店や既になくなってしまった店もあった。このように、フェアトレード商品を扱う供給側としても問題点も発見することができた。

一方、フェアトレードタウンの消費者は、フェアトレードについてどう考え、感じているのだろうか。今回は2週間にわたりRamsgateでホームステイをしたので、実際に現地の人と会話する機会が多々あり、実情を知るには最高の機会だったと思う。私がホストマザーにフェアトレードについてどう思うか尋ねたところ、何というか、イギリス人らしいユーモアと皮肉を交えてフェアトレードについての意見を語ってくれた。彼女自身はフェアトレードというアイディアそれ自体には賛成だという。まず驚いたことは、日本でもフェアトレードが浸透しつつあるとはいえ、その中心は若い世代であり、年配の方になるとその言葉自体知らない人も多いが、彼女はフェアトレードについて正確に理解していた。イギリスがいち早くフェアトレードに取り組んだことに加え、彼女は毎日新聞を読み、教養も深かったからかもしれない。彼女の話に戻ると、フェアトレードのアイディアには賛成だが、実際の活動になると話は別で、あまり好きではないという。なぜならば、少し前にイギリス国内でNPOが慈善事業を理由に市民から寄付を集めていたが、結局それは横領され、詐欺であったというニュースがあったらしく、イギリス国内で非営利団体や慈善事業に関する目が厳しくなっているのだという。また、イギリスではフェアトレードと言えば教会が主導していることが多く、日本のように企業が先行しているというイメージがあまりないので、余計にフェアトレードと慈善事業の結びつきが強い印象が残ってしまっているのではないかと思った。一口にフェアトレードタウンとは言っても、フェアトレードに賛成する市民ばかりではないということを痛感した。今回はホストマザーにしか話を聞くことはできなかったが、ぜひあらゆる年代にフェアトレードについての意見を聞いてみたいと思った。

今回イギリスの2週間にわたる滞在で、フェアトレードという言葉の認知度が日本に比べて高いことや、物を売るという形以外のフェアトレードの新しい形を知ることができたこと、またフェアトレードタウンを通したまちづくりの成功事例やその難しさを知ることができた。これは、フェアトレードに関心を持ち始めてまだ間もない私にとっては強い刺激ではあったが、それによってもっと勉強したいと考えるようになったことに加え、同じようにフェアトレードに関心がある仲間と出会えたことは大きな財産になった。また、これまでフェアトレードにあまり関心がなかった参加者もこのインターンシップを通してフェアトレードに関心を持てた、と言っていたので、それを聞いてやはり今回のプログラムは意義のあるものであったと感じることができた。

 

フェアトレード・・・、聞いたことあるような、ないような…

1208shoko

青井翔子さん
高知県立大学文化学部2年
イギリス・2013年8月参加


私は、大学2回生になって大学にも慣れてきて、何か物足りなく、「何かに挑戦して成長したい、周りにすごいと言われるような経験をしたい」と考えていました。今年の夏休みは就職活動の準備として企業へインターンシップに行こうと考え、大学の掲示板を見ているときに、このインターンの貼り紙を見ました。「イギリス」「日本文化」「教育」と、私の関心のあるキーワードばかりで、「海外にインターンシップなんてかっこいい。これに参加しよう」と思い、そんな単純な動機からこのコミュニティインターンに参加しました。

このインターンは、欧米市民団体の招待を受け、日本各地から集まった大学生が協力し、イギリス南東部のサネットという地域の小学校で日本の文化を紹介し、まちづくりを応援する活動です。地域の一員として活動しながら、現地の社会や文化・外国語を実践的に学ぶ、「地域貢献型」海外インターンシップです。

私は文化学部でもあるし、イギリスの小学生たちに、カルタや折紙、習字といった日本文化を教えることをとても楽しみにしていきました。もちろん、とても楽しく活動できたし、素敵な思い出がたくさんできたのは確かです。しかし、私がこのインターンで一番印象に残っているものは、“フェアトレード”についてです。

私はフェアトレードについて全くの無知でありました。「フェアトレード・・・、聞いたことあるようなないような…。」と、そんな程度でした。それゆえ、「フェアトレードタウンであるサネットという町で活動をする」と言われてもあまりぴんとこなかったというのが正直な印象です。インターンの参加者の中に、フェアトレードについて大変関心を持っている人がいて、フェアトレードとはどのようなものか教えてくれ、除々に理解していき、興味を持つようになりました。そしてそのときに偶然、町のスーパーで買って食べていたチョコレートがフェアトレード商品であったときの感動を覚えています。そのスーパーはフェアトレード商品を多く取り扱っている店で、私はそこで無意識に、可愛いパッケージのチョコレートを買っていました。こんなに身近にフェアトレード商品があるとは思いもしませんでしたし、同時に、こうして身近に感じられることがフェアトレードの推進として、大切なことなのだと思いました。

インターンのプログラムで、滞在しているラムズゲートやブロードステアーズの町を散策しました。そのときに、フェアトレード商品を扱っているという店を見て周り、また立ち寄って、「どんな商品がおいてあるのか」と尋ねる活動もしました。その活動の中で面白いと感じたのは、美容院に行ったときのことです。私は初め、美容院のフェアトレード商品といえば、シャンプーやワックスなどに使われていると思い込んでいました。ところが、商品として扱っているものは、来客に出すコーヒーや菓子だと聞き、とても驚きました。そんなところで関わっているのかと面白く感じました。このように少しではありますが、フェアトレード商品との関わりを持つ店が多くある町であることがわかりました。

私はこのように、フェアトレードの発祥の地であるイギリスで、“フェアトレード”について初めて学び、触れ、多くのことを感じました。最初は、発展途上国の自立のため、私たち先進国の者がフェアトレード商品を買い、慈善活動として貢献していくものだと解釈していました。しかしそれは全く違い、フェアトレードとは、両者が公正の立場で、両者ともプラスになるものです。フェアトレード商品は生産者や労働者に見合ったお金と取り引きするため、他の商品よりも少し値段は高いですが、その分、商品にこだわっており質が良いです。私たちはその質のいいものを選んで買い、利益や満足を得ます。それは何も慈善活動ではありません。どの商品を選ぶかは私たち消費者の自由であり、「発展途上国のためにみんなでフェアトレード商品を買いましょう」と強制するものではありません。フェアトレードタウンであるサネットと言っても、私みたいにフェアトレードについて知らない人もいました。しかし、売ることを目的にフェアトレード商品を推しているのではなく、より多くの人にフェアトレードについて知ってもらい、身近に感じてもらおうとしている意欲が、教会、店などを通し、町全体から感じられました。つまり、重要なのは、多くの人に買うことを推進することではなく、多くの人に“フェアトレード”というものを知ってもらうことだと学びました。

私が始めに興味を持って参加したことと、実際に帰ってきて感じていることは違いますが、“フェアトレード”という思いがけないものに出会い、興味を持ち、どんどんその魅力に引き込まれました。以前から、先進国と発展途上国との経済格差については気になっていました。同じ地球に存在しているのに、なぜ裕福/貧困などの差がつくのだろうかと考え、その差を縮めていくにはどうしたらいいかわからないままでした。募金活動など私たちのような裕福な国の者が貧困な国の人々に支援することが近道なのだろうかとも考えていましたが、そんな支援をしていても私たちの力で発展途上国を先進国にすることは不可能です。しかし、フェアトレードは、現地の生産者や労働者の権利や知識、技術の向上による自立を目指しています。そして、よりよい取引状況を提供し彼らの権利を強化することで、持続可能な経済社会発展が実現できるように貢献することができるのです。これこそ、先進国と発展途上国の経済格差を解決する遠いようで近い策だと思いました。発祥地であるイギリスでこのことを学んだ私のこれからの課題は、まずは私の友人や家族に、フェアトレードについて知ってもらうことであると思いました。

そしてもう一つ、貧困=不幸と思うことは間違っているということも学びました。私たちは、店に行ったり、また外に出なくてもインターネットで頼めば欲しいものが揃い、毎日寝る場所があり、食べるものがあり、小さい頃から学校に通え、風邪を引いたら病院に行き、こうした面で不自由だと思うことはあまりない大変便利な環境で暮らしています。それに比べ、発展途上国では、学校にも通えず毎日働いている子ども、テレビなど見たこともない人々、雨が降ったら濡れることを心配しなくてはいけない家に住む人など、私たちよりはるかに不便な生活をしている人たちがいます。私たちはそのような人々を、“不幸”と思いがちです。しかし、貧困な中でも、家族がいて毎日顔を合わせることができるだけで幸せだと感じている人々も多くいます。そして、一日中働いて少ない給料しかもらえなくても、幸せだと感じて毎日を暮らしている人もいます。それなのに、先進国に住む私たちが勝手に、貧困=不幸だと思い、今よりも多い給料を与えようとフェアトレードのような制度を作っていることを、単なる自己満足なのではないかと思うこともありました。これについては発展途上国の事情など、基礎となる知識もまだまだないので、私は今後、もっとフェアトレードや関連する分野について勉強していきたいと思いました。

今回、このインターンに参加して、自分自身変わったと感じることがいくつもありました。それは、イギリスでの二週間は新鮮なことばかりで、19年住み続けている日本という場所だけでは決してできなかった体験や、得られなかっただろう感動を味わったことが理由なことはもちろんです。しかし私を大きく成長させてくれたのは、同い年の日本の大学生のインターンの9人の仲間に、たくさんの刺激をもらったことであると思います。こんなにもフェアトレードについて興味を持ち、考え、意見を交わし合うことができたのもインターンの仲間のおかげです。たった二週間でしたが、今までの経験、知識、今頑張っていること、将来の夢など、多くのことを語り合い、とても刺激され、自分を見つめ直し、充実した毎日を過ごせました。それぞれ参加した理由も、大学も、目標も違いますが、こうしてイギリスで出会い、二週間過ごした経験は、私にとってとても意味のあることで、一生の宝物になると思います。たった二週間だとは思えないくらい仲良くなり、みんなのことを本当に大好きになれたし、そして大切に思います。そして、もっとこうした機会に参加し、もっと多くの人と出会いたいと思いました。

大学でたまたま見つけた貼り紙が、確実に私を変えたと思います。私は今、フェアトレードについて卒業論文を完成させることを目標としています。このインターンで学んだこと、感じたことはこれからの生活の中できっと役に立つと思います。そして、これからもいろいろなことに、どんどんチャレンジしていこうと思います。