遊びから学ぶもの

1302kana

林 理奈さん
東京造形大学造形学部2年
イギリス・2013年2月参加


今回の英国インターンで、いろいろな小学校を訪問して、たくさんの小学生と触れ合うことができました。日本の小学校とは違った、カラフルな色使いの教室や廊下の装飾が、とても魅力的で素敵でした。さらに、金髪や赤髪を生まれ持った少年少女たちをたくさん目の当たりにして、自分が洋画の中に入り込んだような気分になりました。子どもたちに、いくつか日本の文化を紹介してきましたが、中でも遊びの文化について述べようと思います。


■魔法がかかった、折り紙

日本の文化を紹介する際に、折り紙を主に担当した私は、こどもたちに楽しんでもらいたいと思い、最初の導入で「あらゆるポケットから折り紙で折ったモノを次々に取り出して見せる」という、ちょっとしたマジックのようなものをやりました。子どもたちは興味をもって見ていてくれたので、やって良かったと思っています。いくつか見せた折り紙で作ったモノの中で、より興味を示してくれたのが、羽の動かすことのできる鳥でした。本物の鳥のように羽ばたくので、みんな驚いていました。折り鶴を少し工夫して折ることで、羽ばたく鳥に作り変えることができます。私が子どもの手にした普通の折り鶴を、羽ばたく鳥に作り変えるととても喜んでもらえて、作り変えてほしいと頼んでくる子がたくさんいました。動かなかったものが動くようになったので、子どもたちは折り鶴に魔法がかかったように思えたかもしれません。私自身が羽ばたく鳥を知ったのは、中学生の時に友達が作って見せてくれたのがきっかけです。その時は羽を動かせることにとても驚き、面白いと感じました。この驚きを共有することができて良かったです。

子どもたちとメインで作った兜は、最初に折り紙で折り、つぎに新聞紙で作りました。新聞紙で折る兜は実際にかぶることができるので、出来上がると嬉しそうに作った兜をかぶっていました。兜には切り紙などを貼ってデコレーションも施して、自分だけのオリジナルを作り上げました。やはり、子どもたちにとっては作って終わりのモノより、動かしたり、身につけたりと遊べるモノを作るほうが喜んでもらえるのではないかと思います。


■かるたで出来ることを自分なりに創って、社会に広めていきたい

かるたといえば、幼稚園生の頃に「おやくそくかるた」を家庭でよくやっていました。おやくそくかるたなので、遊びながらも自然とルールやマナーなどを学ぶきっかけとなり、有効な教育道具のひとつとなっています。

サネットかるたは、かるたゲームを通して遊びを楽しみながら、サネット地域の建造物や見どころなど、地域のことを学ぶことのできる教材にもなるところが面白いと感じました。絵札を見て、知っている建物や場所があると子どもたちは反応を示していました。私自身、初めて訪れたサネット地域でしたが、サネットかるたで遊んでいるうちに、だんだんと地域のことを知っていくことができました。また、実際に街に出て絵札のモチーフを見ることで、認識がより一層高まりました。サネットかるたを使って自分の住んでいる地域を知ることで、より地域に対する愛着が湧くと思います。それによって地域全体が盛り上がり、地域活性化に繋がっていってほしいです。

かるた大会では、学校対抗で競うため仲間意識が強まり、全員でバンダナをハチマキのように頭に巻くチームがあったり、試合中に絵札を勝ち取る度にチームにVサインを送るところがあったりと、各学校それぞれに団結力が見られました。大会前に練習した時は、大賑わいで騒がしかったのですが、本番は誰もが真剣に取り組んでいて、審判をしているこちらまで緊張が伝わるようでした。ここではもう、かるたゲームは単なる遊びではなくて、判断力、瞬発力、集中力を求められるスポーツのようでした。

かるたの事を知れば知るほど奥深いカードゲームだと感じました。もっとみんなにかるたの事を知ってもらいたいです。かるたゲームは子どもからお年寄りまで、みんなで楽しむことができる点でもとても良いと思います。今後、機会があればかるたで出来ることを自分なりに創って、社会に広めていきたいと思います。


さいごに

日本文化を紹介することで、日本のことを客観的に見ることができ、改めて日本を見つめ直すきっかけとなりました。たくさんの人に出会い、言語が違う中で説明したり、言いたいことを伝えたりする機会があらゆる場面でありました。過ごした3週間は色濃く、普段はしないような貴重な経験をたくさんすることができました。

日本文化を世界へ

1302risa

島崎 梨紗さん
山形大学人文学部2年
イギリス・2013年2月参加

 


わたしの留学は大学2年生の春から始まっていた。世間では英語の重要度が高まっている。そのような世間に対応するため、また英語に関する意識を変えるために海外留学に興味をもった。『自分のお金で海外留学を経験したい。』このような思いから留学費用を賄うためにアルバイトを始めた。留学費用の目途がつき始めた頃、今回参加したコミュニティインターンの掲示がふと目に留まった。「日本文化」「イギリス」「フェアトレード」、興味のあるワードが揃うこのコミュニティインターンに参加表明の意志を出す迷いはなかった。

関連書類の提出、航空券の手配等、渡航準備を全て一人で行うのは並大抵のものではなかった。海外旅行初体験のわたしにとっては初めてだらけのことで不安や戸惑いしかなかった。しかし、その経験も今となっては小さな糧になっていると感じる。

1人暮らしをしているアパートから東京までの乗継ぎ、そして成田空港から12時間のフライト。機内ではこれから始まる憧れのイギリスでの生活に不安と期待でいっぱいだった。渡航前に購入したイギリスのガイドブックを読んで、現地での生活のイメージを巡らせた。そしてロンドン・ヒースロー空港に到着した。そこから始まる2週間の英国生活は毎日があっという間に過ぎていった。毎日が夢のようであった。インターンを行っていたこの2週間。実感したことは人との出会いと言語、日本文化の重要性である。

人との出会いは自分の視野を広げることが出来る。このインターンでたくさんの方と出会った。同じインターンを申し込んだ大学生、語学学校の先生、ホストファミリー、訪問した学校の児童と生徒たち、英国で日本語教師として活躍している方、フェアトレード関連者、多くの出会いの分、様々な生き方を知ることが出来た。イギリスで日本語教師として活躍する女性からは、同じ女性として憧れをいだいた。日本の中ではなく、世界で活躍している、好きなことを仕事としている方に出逢えたことはわたし自身の世界が広がった。

このインターンに申し込まなければ出会うことのなかった方々、たくさんの出会いは一生ものである。特に同じインターン生として毎日を共に過ごした仲間たちとは、プレゼン授業作成のためにお互いが協力し合い、仲を深めた。日本各地から集まった仲間たちであるからこそ、考えも違って当たり前である。時には意見がぶつかり合うこともあった。何でも言い合える関係であった。たった2週間での期間ではあったが、まるで家族のような関係を築き上げることが出来たことはかけがえのないものである。また同じ大学生であるのに、英語能力の差を日々感じることもあった。英語を堪能に話すことが出来ることを知り、自分がみじめに感じることもあった。この時に感じた悔しい気持ちを英語の勉強の励みにしていきたいと感じた。

イギリスでの生活を通して、やはり言語の重要性は毎日実感した。語学学校、インターン生として小学校、高校を訪問、ホームステイ先での生活、週末を利用した観光、誰かと関わる日々の中で言葉を一切使わないことはありえない。だからこそ、自分自身の英語能力の無力さと意思疎通が出来ない辛さを強く感じた。『もっと英語が聞き取れれば…。』『もっと英語が話せれば…。』と感じる日々だった。少しでも英語を話せる機会を増やしたい。そのような気持ちからホームステイ先での夕食後は毎日ホストファミリーであった25歳の女の子と会話を楽しんだ。伝えないことが伝わらない、そのもどかしさを日々感じていた。自分の英語に関する意識を変えなければならない。「世間に通用するため」ではなく、「自分のために」、英語を勉強せねばならないと感じた。伝えたいことが伝わらなければ前に進めない。わたしが何をしたいのか、何を伝えたいのかを相手が理解できないと、相手も困ってしまう。そのような危機を回避するためにも英語は必要不可欠である。コミュニケーションを円滑に行うための一種のツールとして言語を扱っていきたい。

最後に日本文化の重要性をおす。偶然ではあるが、ホストファミリーであった彼女も以前から日本文化に非常に興味を持っていた。日本の携帯ゲーム、キャラクター、映画が大好きだった。ホームステイ先の家にも日本映画のDVD や日本のアニメキャラクターのぬいぐるみがたくさん置いてあった。その様子を目の当たりにして嬉しかった。

ホストファミリーである彼女はわたしにイギリスの文化と英語を教えて、わたしは彼女に日本の文化と日本語を教えた。彼女と話をしている中で、日本文化の素晴らしさを再確認できた。
ヨーロッパは「JAPAN EXPO」の開催でも知られているように、日本文化は人気がある。「漫画」「ファッション」「ゲーム」「食べ物」「アニメ」「音楽」「キャラクター」、イギリスにも日本文化があふれていた。週末に行ったロンドンでも日本企業が軒並みあった。

日本文化は若者に人気がある。現地の高校(Dane Court Grammer School)に訪れた際も日本文化に興味を持っている高校生が多数いた。女子高生に『日本が好きですか。』という質問を投げかけた。女子高生は『好き、ファッションが好き。』と応えてくれた。

また現地の小学校(Holy Trinity & St John’s School)で、折り紙・カルタ・書道を英語で教えた際も、どの小学生も日本文化に非常に興味を示してくれた。日本から遠く離れた国の人たちが日本文化に興味を持っていることが実感出来て、日本人として単純に喜びを感じた。文化に関する価値観は世界共通だと思う。世界遺産であるカンタベリー大聖堂、エリザベスタワーを目の当たりにしたわたしも、やはり感動を受けた。おいしいものはおいしい、美しいものは美しい等、世界各国の人が感じる感情に対しては国によっての違いの差は小さい。国際理解のために、もっともっと日本文化を世界に発信したい。そして日本を好きになる人が増えてほしい。日本のよさを知るためには、日本をどこかの国と比較する必要性があることを実感した。他の国の文化も吸収しつつ、日本文化を発信したい。

イギリスだけでなくて、たくさんの国の様子を自分の目で見たい。本やインターネットの中だけでは知ることが出来ない。自分で足を運んで、自分の目で見て世界の様子を吸収したい。海外に対する怖さを少しは懸念することが出来た体験でもあった。英語が話せないから、海外に行かないのはもったいないと思う。機会があれば、海外に足を運びたい。

たった2週間の英国生活ではあったが、貴重な経験がたくさん出来た。この経験はわたしの糧になるであろう。英語に関する意識は変わった。しかし意識が変わっただけでは何も起こらない。次なるステップに向けてわたしは動く。

文化交流の理論と実践を通して学んだこと

1305rie
岩井理江さん
同志社大学法学部
イギリス・2013年2月参加


みなさんは「文化交流」というキーワードからどんなことを連想しますか。異なる文化集団が互いを知るための友好親善、華やかで楽しいイメージを抱くでしょうか。それとも異なる文化集団が互いに反感や嫌悪感を持つ、暗いイメージを抱くでしょうか。おそらく、多くの人が文化交流と聞けば、前者のようなイメージを持つのではないかと思います。私自身も、いつからとなくそんなイメージを抱いていました。また留学生との交流等、自分の体験からもそう思うことができました。しかし私は、文化交流が必ずしも異なる文化集団の双方にとって、プラスの働きをするものではないことも専攻の国際政治学を通して学びました。

文化交流の定義は非常に広いですが、一般的には【異なる文化集団が意識的に(ある目的を持って)文化を交流し合うこと】を指すことが多いようです。それには政府が主体となって行うものもあれば、NPOなど民間の組織が行うものもあります。今回のコミュニティ・インターンは、この定義に基づく文化交流であったと認識しています。文化「交流」ではなく、文化「紹介」であったということもできるかもしれませんが、私自身はできるだけ、一方的な「紹介」ではなく、「交流」になるように努めました。

話を元に戻しますが、「文化交流の結果として当事者間に信頼や友好を築くことができるのか」というのが私の問題意識でした。そして2週間、イギリスの学校で日本文化を伝え終え、感じた答えはYESです。もちろん、宗教的・政治的に全く相容れない文化を持つ者同士、歴史的に対立し続けてきた者同士であることは、文化交流がプラス要素として働く可能性を低くするかもしれません。日本とイギリスがそのような関係にないことも明らかです。しかしそうしたことを考慮に入れても、文化交流が当事者双方にとって、良い影響を与える得るものであると、一般化して言えるのではないかということを感じたのです。その成功のヒントは、先にも触れたように自国の文化を一方的に紹介するのではなく、自分たちも相手国の文化を知ろうとすること、【双方向的な交流】にあると感じます。

その例として良いと思った活動が「カルタ」です。カルタ自体は日本の文化ですが、今回の活動で用いたカルタは「My Thanet Karuta」―イギリスで初めて創られた郷土カルタ―です。「郷土カルタ」は、すべての読み句がその地域のことに関する句になっています。つまり、「My Thanet Karuta」は、訪問先であるサネット地域専用カルタです。子供たちはいったん遊び方を覚えると、とても楽しそうに取り組んでくれました。「この遊び最高だよ!」、「もう一回やりたい!」、「Karuta!」という元気な声が聞こえてきました。地域で開催したカルタ大会では、絵札にアルファベットが記載されていないカードを使うことになり、読み札の内容と絵を必死に暗記しようとする子供たちの姿があちこちで見られました。そしていつになく、真剣にゲームに臨んでくれました。

帰国後私は、なぜ、これほどまでに子供たちがカルタに夢中になってくれたのかということを考えてみました。そしてその答えとして、「My Thanet Karuta」に【双方向的な交流】があるからだと考えたのです。これはフロムジャパンが長い月日をかけて現地の人と協力して作ったもので、私たち第6回インターンが直接制作に携わったわけではありません。しかし、その制作の過程にはフロムジャパンとサネットの双方向的な交流がたくさん詰まっていたと思います。カルタの題材を選ぶために地域を歩き回り、現地の人からサネットについて教えて頂くなど、イギリスの小さな街に日本人が密着することで最終的にこのカルタが完成したのです。またカルタ遊びをするなかで、私たちもサネットについて学ぶことができます。時には子供たちから、題材となった場所の話を聞けます。さらに私たちは、題材場所をいくつか訪れ、実際にサネットの街の雰囲気を感じることもしました。
このように、郷土カルタを通じた活動は、単に日本文化だけを紹介しようとするものではなく、「私たちがサネットから学ぶ」機会を含むものです。そのため、お互いがお互いを知ることができ、交流が生まれます。自分たちの文化を相対化して見ることができます。帰国して思うのは、もっと積極的にサネット地域について勉強すればよかったな、日本文化を伝えるだけでなく、子供たちともっとサネットの話をする時間をとりたかったなということです。活動中は、自分たちのプレゼンや教えることで精いっぱいで、なかなかできなかったというのが正直なところです。しかしその中でも私は、生活の中で日本との違いを見つけそれを受け入れたり、現地の人と話をし、イギリスとサネットについて学ぶ努力をしました。そうすることが、日本文化を伝える際にも必ず役立つと思うのです。

また先にも述べたように、カルタの制作には地域のこどもからお年寄りまで様々な年代の人が関わっていました。そのため、採用された読み句と絵札の制作者を表彰する式では、地域が一体となってカルタの完成を喜びました。その時、この活動は文化交流という域を超えてサネット地域の「まちづくり」にも貢献しているということを学びました。たとえ異なる文化を持つ集団であっても(だからこそ)、もう一方の文化集団に対して文化的・社会的な貢献ができるということ実感したのです。

実は国際政治学において、文化交流が一方通行的ではなく【双方向】的に行われるべきだという議論があります。日本政府のもとで行われてきた文化交流は、長い間自国の文化を一方的に紹介しようとするものでした。近年、双方向的な活動を重視しようとする声もありますが、実態としてはまだまだです。そのため、フロムジャパンが提供するこのプログラムは非常に興味深いものだと感じました。このプログラムに関心を持つ人は、教育学部の人が多いかもしれませんが、文化交流という視点からも楽しむことができるプログラムです。私は文化交流が国際関係にプラスの影響を与えることを実感し、そのより効果的な方法についても見つけることができました。気になった人は是非参加してみてください。

事実を伝える授業をするために、参加

1302sanae

阿武 沙苗さん
山口大学教育学部2年
イギリス・2013年2月参加


私がこのインターンに参加しようと思った理由がいくつかあります。1つ目は、単純に外国に行ってみたかったからです。今まで海外には1度も行った事がなく、飛行機さえも20年間生きてきて1回しか乗った事がなかったので、日本じゃない他の国に行ってみたいという思いをずっと抱いていました。2つ目は、小学校の先生になりたいという思いから、事実を子どもに伝えられるようになりたかったからです。教科書を批判するわけではありませんが、ある国は貧しくて孤児がたくさんいるとか、ある国では子どもが戦争に参加するとか、否定的なイメージを植えつけてしまいかねない表現が教科書にはあったりします。しかし、どんな国でも良い面はたくさんあるはずです。だから、教科書に書いてあることを読むような授業でなく、自分自身が体験した事を踏まえて子どもがより興味をもつことができる、事実を伝える授業をしたいと思ったので、海外に行きたいと思いました。

イギリスに行ってみて1番最初に感じたことは、「寒い!」ということです。山口県とは緯度が違うので当たり前ですが、20年間山口県に住んでいる私にとっては、とても寒く感じました。言語については、私は、英語の学習は好きですが、コミュニケーションをしっかりとれるほど得意ではありません。3週間目になっても、host familyの言っていることが理解できないことが多々ありました。しかし、分からない様子を示すと、ゆっくり話してくれたり、ジェスチャーで表現してくれたりするので、なんとか理解する事ができました。けれど、相手の言いたい事が分かっても、自分が言いたい事を伝えられないのがとてももどかしかったです。だから、帰国後の今から、もっと英語を勉強して、次に
host familyの元を訪れる時にはしっかり自分の意見を伝えられるようになって、驚かせたいと思います。

今回のインターンでは、小学校を4校、高校1校、大学1校を訪問し、日本の文化(折り紙、書道、かるた、高校では巻き寿司)を伝えてきました。私は折り紙を教える担当で、インターン2日目からデモンストレーションを繰り返しながら練習してきました。対象は小学校3年生だったのですが、思った以上に3年生の理解度が高く、スケジュールより早く進みすぎて、急遽予定外のプログラムを取り入れて1時間を終えました。この経験から、常に想定外のことに対処できるような入念な準備が大切である事を学びました。

小学校訪問で一番困ったのは、やはり会話です。大人の方は、気を使ってゆっくり話してくれたりジェスチャーを使ってくれたりするのですが、子どもは容赦ありません。声のボリュームが小さく、ものすごいスピードで喋るので何度も聞き返すのですが、なかなか聞き取れません。聞き返しても簡単な英語に言い換えてくれることもなく、同じ内容を同じスピードで話すので、理解するのにとても苦労しました。しかし、イギリスの子どもたちはとても積極的なので、初対面にもかかわらず気軽に話しかけてくれるし、すれ違うと手を振って「Hello!」と元気にあいさつしてくれて、とても嬉しかったです。

今回、せっかく4校も小学校を訪問する機会があったので、イギリスの教育にも目を向けてみました。日本では机を黒板と平行になるように、左右前後と等間隔を空けて配置するのに対し、イギリスではグループの形になっている事が多かったです。グループの形になっている事で分からないところを教えあったり、相談したりすることが容易にでき、子ども達同士で高めあっているような印象を受けました。また、先生一人が黒板の前に立って説明し、子どもは椅子に座って説明を聞くというスタイルが日本ではよく見られますが、私が見た算数の授業では、先生が電子黒板の前で椅子に座って道具を使って説明しているのを、子どもが取り囲むようにカーペットの上に座って聞いていました。実物をしっかり見るというのは大切な事であり、席が黒板から遠い近いに関わらず全員見る事ができ、机上での作業と先生の説明を聞く時間とのメリハリをつける事が出来るので、とてもよいスタイルだと思いました。また、各クラスに必ずコンピュータが何台か置いてあって、書くことが苦手な子が書かずにタイプできるよう、配慮されていました。また、teacher’s room(日本で言う職員室のようなものだが、一つの机をソファで囲んであって、みんなで休憩する部屋という感じ)には、食物アレルギーをもっている子の表が貼ってあって、先生全員で共有していました。これらの様子から、生徒一人ひとりに適した教育を行おうという姿勢が感じられました。イギリスの教育は、とても自由だなと思いました。9時ごろ登校し、3時ごろ下校。宿題もなく、先生達も子どもが帰るとすぐに帰り、5時には校内にほとんど誰もいない状態でした。子ども達はとても生き生きしていて、授業中も躊躇することなく手を挙げ、休み時間は外で思いっきり遊んでいる様子を見て、教員になった時イギリスの教育を参考に授業づくり、クラス運営を行っていきたいと思いました。

今回、このインターンに参加できて本当に良かったと思います。新しい友達ができ、話に聞くだけだったイギリスを自分の目で見る事ができ、たくさんの子どもたちに出会え、大好きなfamilyもできました。「英語が上達した」と胸を張ってはいえないけれど、たくさんの事を学ぶ事ができました。、、、、、この経験は、私の一生の宝です!

かるたを担当、一から説明するのに苦労

1302yuta
荒又 祐太さん
金沢大学人間社会学域経済学類2年
イギリス・2013年2月参加


私は、経済系の学部で教育系や国際系の学部の人が多い中では畑違いだったわけですが、とてもためになる活動ばかりでした。

小学校での活動では、カルタや書道、折り紙といった日本文化を紹介しました。私は、カルタを担当したのだが、イギリスにはカルタのように文字と絵を合わすゲームをする文化がないので、カルタを一から説明するのに苦労しました。カルタは、ポルトガルから日本に伝わったとも思われがちですが、文字と絵を合わせるゲームをする文化は日本独自のものなのです。また、慣れない英語で子供たち相手にカルタの説明を行うのも大変でした。ここで使われたカルタは「My Thanet karuta」といい、サネット地方の町おこしのために地元の住民(小学生も含む。)やアーティストによってサネット地方を題材に作られたカルタです。さらに、地元の4小学校の児童の参加(各学校3~6年生4人ずつ)を得て、カルタ・トーナメントも開催されました。この大会は各学校のチーム制で行われ、優勝チームには景品が贈られました。この大会は、児童たちだけでなく、先生方にも好評でした。カルタは小学生の国語(英語)教育にも有効だからです。

また、イギリスの小学校の授業を見学することもでき、各教室にティーチング・アシスタントなども含めて先生が3人ずついたり、英語を第2言語とする児童(海外出身)向けのクラスがあったりと日本の小学校にはない光景が見ることができ、とても新鮮でした。

さらに、このインターンの期間中にあったサネット地方であったフェアトレードのイベントにも参加しました。私たちは、着物を着てカルタを紹介しまし、実際にカルタを行いましたが、子供だけでなく大人にも好評でした。また、着物に興味を持っててくれたお客さんもいてとても話がはずみました。

また、地元のクライストチャーチ大学のフェアトレードの講習会にも参加しましたが、そこでは、地元の高校生やフェアトレード商品の輸出先であるスワジランドなどのアフリカの方ともお話やグループワークをして交流する機会があり、とても勉強になりました。英語でのスピーチを集中して聴くことでフェアトレードだけでなく、英語のいい勉強にもなったと思います。

また、活動のない日でもロンドンやカンタベリーに行くこともでき、とても楽しかったです。カンタベリー大聖堂やロンドン塔、大英博物館などの世界遺産に行くこともでき、休日も有意義に過ごすことが出来ました。また、普段の活動においても日本で過ごすのとは比べ物にならないほど充実した時間を過ごすことが出来ました。