これからの自分の課題を見つけることができた

kahori
和田佳保里さん
筑波大学人文・文化学群1年
イギリス・2013年9月参加


今回私がこのコミュニティインターンに参加した目的は、英語で授業を行う、ということを体験するためであった。私は英語の教員を目指しているのだが、現在文部科学省によって英語の授業を英語で行うという案が提出されている。そのため、一度英語で授業を行うという体験をする必要があると考えた。
ところが、実際に体験してみると、英語で授業を行う以前に授業を行うということにおいて、他の参加者を通じて自分の能力がどれだけ欠如しているかが思い知らされた。 続きを読む

心に残っているのは「教員もいいな」と思えたこと

moe
松原萌さん
筑波大学人間学群教育学類3年
イギリス・2013年9月参加


2013年9月、濃密で衝撃的な3週間をイギリスですごしてきました。その一部始終を振り返り、時系列に沿って以下にまとめていきたいと思います。

まず、コミュニティインターンへの参加きっかけは、大学の掲示板でお知らせを見たことでした。高校生の頃から漠然とイギリスに興味があったこと、大学で留学生のお世話をしていながらも自分の英語力に疑念が湧いてきたこと等が重なり、参加を決意、両親の説得にとりかかりました。正直に話せば、参加する前のフェアトレードの知識はそれほど多くなく、日本文化の何かに秀でているわけでもなく、また、子供好きではあるものの教員になるかどうかは迷っている、そのような状態でした。ただ、

現地での生活1週目、翌週から始まる小学校での授業に向けて語学学校で準備をします。事前に配布されたスケジュールよりも前倒して進めたため、かなりハードでした。他のメンバーはお互いに初対面の人ばかりでしたが、少なくとも私は、緊張感を感じていたのは初日まででした。皆で同じプロジェクトに向かっているという仲間意識が不必要な緊張感を取り除いたのでしょう。1週目に関しては、天候は穏やかで過ごしやすかった記憶があります。

ただ、3週間を通して傘は必要です。事前にインターネット等で調べた際に「雨が降っても少し待てば止む。傘はいらない」といった情報をよく見かけましたが、私としては、降るときはだいぶ降り続いた印象があります。仮に少し待てば止むにしても、このプログラムは基本的に団体行動でバス移動のため、雨が止むまで待つことはあまりできません。私は傘を持って行かなかったため、日本にはないような傘を現地調達、そのまま自分のお土産にしました。ただ、基本的にどのお店も閉まるのが早く、平日はなかなかショッピングの時間が取れないので要注意です。

話は変わりまして、現地での生活拠点となるホームステイ先について。これは当たり前ですが家庭により様々な面で差があるようです。家族構成も多様。女性の一人暮らしだったり、他にも留学生を受け入れていたり、家族のうちの誰かが長期旅行中だったり……。生活習慣も多様。シャワーの時間について注意されたり、洗濯のルールもあったり、まったく干渉されなかったり……。私のステイ先は留学生というものに慣れていたようで、家主と留学生の生活はほぼ別々、ダイニングにあるものはいつでも何でも食べていい、と、割と放任主義のお家でした。洗濯物がいくつか返ってこないなどということもありますので、どのようなことも起こりうると覚悟しておいた方がよさそうです。


さて、いよいよ小学校での授業が始まる2・3週目。気温も下がってくる時期なので寒さ対策が必要になってきます。毎朝とても早い時間にバス停に集合して移動しました。学校に到着後、浴衣に着替えて校内を歩くととても喜んでもらえました。(皮肉なことに、私を含めメンバーの多くが渡英をきっかけに浴衣の着付けやたたみができるようになりました。)子供たちは押しなべてフレンドリーで、すれ違いざまに「ハロー!」「コンニチハ!」などと挨拶をしてくれたり、授業後には「僕のこと覚えてる?」と近寄ってきてくれたりします。また、現地の小学生はさまざまな言語でのあいさつを習うようで、スペイン語やフランス語などでもあいさつをされました。

母国でさえ行ったことのない授業を、海外で、しかも英語で展開するのには大変な勇気がいるものですが、内容はマニュアルが教えてくれるので安心です。対象が小学生のため多少ざわついたりすることもありますが、「静かにしなくてはいけない合図」がクラスによって決められていることもあります。(もとより、ざわつかないクラスもあります。)私は、クラスで声を出しすぎたためなのか単なる風邪の前兆なのか、一時期のどが痛かったことがあります。予防策として、先生を観察して「合図」を真似してみたり、教えてもらったりするとよいかもしれません。飴やマスクがあるとより安心です。また、集団を相手にするときのテクニックで私が参考になった(と振り返って思う)のは、「おかあさんといっしょ」など教育番組の「おにいさん・おねえさん」の仕切りや音楽ライブでの歌手によるMCです。その空間にいる人々の関心を集めて話を聞いてもらうには技術がいります。「おにいさん・おねえさん」や歌手の振る舞いを真似してみたところ、メンバーや景谷さんから好評をいただけて嬉しかったです。

2・3週目の活動が終わると、いよいよ帰路に就きます。私は3日ほど延泊していたのでステイ先から日本まで一人で帰りました。イギリスと日本の時差は時期により8~9時間あります。帰国後、重い時差ボケに苦しんだメンバーもいましたが、私は全くそのようなことはありませんでした。往復路ともに「飛行機でよく寝る」という対策が効いたのかなと振り返って思います。機内でよく寝るためには若干の寝不足状態に身を置く。そのためには前夜遅くまで荷造りをすれば全てOK。忘れ物はないか、空港までの道のりや時刻表の確認は済んでいるか、入念にチェックしていました。翌朝の寝坊や乗り過ごしなどの支障が出ない程度に寝不足にしておくとよいと思います。


以上が、時系列に沿った3週間の一部始終です。メインイベント—小学校での授業—をさせていただいて様々な発見がありましたが、何より私の心に残っているのは「教員もいいな」と思えたことです。教員になるかは迷っている私でしたが、「将来小学校教員として働きたい」と強く思ってしまう、衝撃的な体験ができました。

貴重な二週間

fukunaga
福永万里子
熊本県立大学環境共生学部2年
イギリス・2013年2月参加


私がこのコミュニティインターンに参加したいと思った理由は主に三つあります。

一つ目はイギリスと日本の文化交流です。日本から出るのは初めてだったため、日本の良さを改めて実感すると同時に、イギリスの良さにも気づくことができました。また子供たちは折り紙や書道、カルタには興味津々で、自分の手で教えることができて本当によかったと思います。海外にはない日本の文化を大切にしていきたいと思いました。

二つ目は昔から夢だったヨーロッパの建築物を間近で見ることです。特に教会は歴史を感じ、歴史を学ぶことができました。今回は時間と人数の関係もあり、建築模型をつくることができず残念でしたが、西洋建築に直に触れることができ、感動しました。イギリスではレンガ造の家に自分たちでペンキを塗っていて、建物をいかに大切に思っているかがわかりました。イギリスの家の寿命は約80年、しかし日本は30年ほど、イギリス人の建物に対する思いやりを見習わなければならないと思いました。

最後は現地の人たちとコミュニケーションをとれるということです。Churchill houseをはじめ、小学校の先生、生徒たち、ホームステイの家族など多くの人たちと関わることができました。私の拙い英語でも子供たちは真剣に話を聞いてくれてとてもうれしかったです。しかし、ホームステイなどでは英語が話せず、コミュニケーションをうまくとることができませんでした。これからしっかり勉強し、再チャレンジしたいです。今回はチームで活動したため、何度も助けてもらいました。チームワークの大切さも学ぶことができました。

また、フェアトレードについても学ぶことができました。熊本がフェアトレードタウンということも初めて知ったので、大変興味が湧きました。熊本の人でもまた知らない人は多いと思います。フェアトレードはとても素晴らしい活動だと思うのでもっと活動の輪が広がってほしいです。自分も機会があれば活動に参加したいです。

二週間という短い間でしたが沢山のことを学び、これからの課題も見つかりました。今回の活動に参加でき、本当によかったです。この経験を活かし、一つのことだけでなく色々なことに挑戦していきたいです。

私を変えてくれた英国インターン

obunai     

小船井みず紀さん
新潟県立大学国際地域学部3年
イギリス・2013年9月参加


私がこの英国インターンに行くことを決めたきっかけは、、、、ポスターを見かけたことです。その時期、私は中・長期の海外留学を経験するのは今年の夏が最後のチャンスかもしれないと考え、自分に合ったプログラムがないか探していた時でした。偶然、私の友人に昨年参加した子がいたことで詳しく話をきくことができ、「すごく充実した3週間だった」という言葉をきいて、参加の決意を固めました。 続きを読む

英国インターン感想

machidamiki      
町山美樹さん
学習院女子大学国際交流学部4年
イギリス・2013年9月参加


「イギリスで日本文化紹介」と書かれていたプログラムは、文化交流を通して国家の友好を深めたいと昔から思っていた私にはピッタリのプログラムであった。卒業までには留学をして、ホームステイを経験すると決めていたが、大抵の語学留学は午前が授業で午後は休みというのが多く、これでは遊学になると思い、もっと自分自身が成長できるプログラムを探した結果、この英国インターンを選んだ。最初はなぜ「インターン」というのか理解できず、ボランティアだと思い参加したが、一週間の研修期間を終えて活動が始まったら「インターン」という意味を理解した。


*やったこと

私たち全国から集まった9人は事前に3人一組に振り分けられ、1週目の研修期間を利用して、授業をつくりあげていった。マニュアルを参考にしながら、こどもに何を教えたらいいのか、どう教えればいいのか、授業の流れはどうすればいいのか、時間配分はどうするか、どう表現をすれば見やすいかなど意見を出し合いながら話し合った。2週目から授業が始まってからも、前日の夜に集まって練習をしたり、授業後は毎回反省会を開き、自分の感想や改善点などといった意見を交換し合った。この場では学年関係なく自由に意見を言うことができる。このような誰もが平等に意見を言い合える場はとても貴重であったと思う。私にとって、この意見を出し合える時間は入社前の良い練習になれたと思う。
2週目からは、朝早くから学校に到着し、授業の準備を始める。午前の授業が終われば、子どもと一緒に給食を食べることができた。イギリスの小学校の給食を食べるということは普段では絶対にできないとても貴重なことだと思う。ここでは日本との学校教育の違いを間近でみることができた。また、イギリスの食文化を知ることができた。給食後は午後の授業が始まり、授業後は反省会、次の日の準備を行って家に帰るという流れになる。帰宅後はホストファミリーや一緒に住んでいる留学生とそろって夕食をとり、たくさん英語を使ってお話をすることができた。私は留学生との相部屋を選んだため、夕飯の時間以外でもお話をすることができた。また留学生がよく集まるパブに連れてってくれたり、他の留学生とも友達になることができた。活動で朝早くでることが多く、迷惑をかけたが、協力的なルームメイトだったので、問題なく3週間を過ごせた。
週末はインターンと一緒にロンドンやオックスフォードなどの旅行も楽しめた。


*学んだこと

私は人見知りをするし、チーム活動の経験があまりないので、ちゃんとやれるのか最初はとても不安だった。だが、私たちはすぐに仲良くなることができて、学年が違っていても敬語を使わず、友達だったかのように交流することができた。毎晩夜遅くに集まって次の日の練習なども行ったが、これもなかなか楽しい経験であった。折り紙を教えあったり、授業に必要なものを作ったり、みんなで心を合わせて「よい授業にしていこう」という目標に向かって活動をしたので、インターンの間には特別な絆が生まれたと思う。

このインターンで一番学んだことはチーム活動の大切さである。チームで活動をすると、アイディアは人数分に増え、一人で思いつかなかった部分をカバーしてくれる。一人では気づかなかったこともチームで動けば気づいてくれる。つまりチーム活動は各自の長所を発揮し、お互いの短所を補っているので、活動がうまくいける。またチーム活動ではお互い協力しあうことが必然となる。そこで協力し合うことの大切さと協力してくれるありがたさを知ることができた。協力し合うことはそう簡単なことではない。チーム内のコミュニケーションが大切であることをこのインターンで実感することができた。例えば、折り紙の授業で他の人のペースを気にせず自分のペースで教えていたら各グループの進行に大きな差ができてしまったり、書道の配布物で事前のコミュニケーション不足による勘違いで3人が別々の物も配ったりすることもよくあった。

私は就活を終えてからこのプログラムに参加したが、就活前に参加していればよかったとつくづく思っている。何故なら、半年間の就活を通して、企業はチーム力を大事にしていることがわかった。また、このチーム活動は日本企業の特徴でもあり、仕事するのに当たって欠かせない能力だということを知った。エントリーシートや面接でチーム活動について聞かれることが度々あった。エントリーシートを添削してもらうときもよく「個人のことしか書いてない」と先生や先輩に言われていた。私は今までチーム行動の経験がなく、チーム力についてアピールできるところがなかった。私のエントリーシートの通過率が低かったのもこれが原因の一つであったと思っている。もしこのプログラムに参加していたら、もっとエントリーシートや面接で満足のできる自己アピールができたと思う。就活が終わった後に参加しても、私はこの活動を入社前の練習になれると思った。子供たちを顧客だと考え、顧客を満足させるためにミーティングをし、企画をするということをイメージしながら活動した。今まで団体で企画活動を行う経験が全くなかった私にとっては、この活動を参加することによって、中間テスップを踏めたと思う。これから企業で行う企画や団体活動をやっていけるという自信がついた。

そして、このプログラムは様々な学校を訪問し、様々な学年に授業を行うため、その学校の文化、学年によって授業内容や教え方を変えなければならなかった。また、何が起こすかわからない小学生を相手にするため、臨機応変に対応をしなければならなかった。一つ一つのことに寄り添って考えることや臨機応変に物事を対応する能力は社会でもかなり求められる能力であると思うので、これらも練習することができたと思う。

また、今回は日本文化を伝えるということで、折り紙、書道、かるたを教えた。私にとって、最初は一番馴染みがなかったのはカルタである。何故なら、カルタは子供の時に遊んだのみで、大人になってからはやる機会がなくなっていた。だが、カルタを紹介することによって、カルタは言語を学習するにあったて大変良い遊びだということに気付いた。更に、カルタは他の国にない日本独自の文化であることにも気づいた。1日間に渡り子供に英国史のカルタ作りの指示を行ってきたが、カルタ作りによって子供たちは楽しんだだけでなく、英国史への理解を深めることもでき、更にカルタの素晴らしさに気付くことができた。この活動に参加することによって、改めて日本の文化について考えることができた。
この活動では、日本では絶対に学べない英語表現を学ぶことが出来る他、観光や留学では絶対に行くことが出来ない学校や地域に行くことが出来る。学校の中では現地の学校教育はもちろん、生活文化、食文化、家族観、労働、ジェンダーなどと様々な視点をたったの3週間で日本との違いを見つけることが出来、考えさせられる。

勉強になることがたくさんある一方、子どもと接する時間がなんと言っても一番楽しかった。こどもと英語で話すことはかなりの難関であったが、ここで必要なのは言語力よりもコミュニケーション料理が求められると思う。こどもはかなり人懐っこく、授業を通してすぐに仲良くなれた。授業以外にこどもとランチを食べることが出来た。担当しなかったクラスの学生にも囲まれて、恋話や文化の違いなどについてたくさん話すことが出来た。こどもと話すことはとてもいいリスニングのトレーニングになるし、コミュニケーション力を養うことができる。学校の中で歩いていると、私たちが教えた「こんにちは」で挨拶してくれたり、最後には日本語で「ありがとう」と言ってくれたことが一番嬉しかった。

この英国インターンは毎日忙しく、ハードな日々であったが、留学、旅行では絶対にできないことを経験することができ、毎日充実し有意義な3週間を過ごすことができると思う。