英国インターン感想

machidamiki      
町山美樹さん
学習院女子大学国際交流学部4年
イギリス・2013年9月参加


「イギリスで日本文化紹介」と書かれていたプログラムは、文化交流を通して国家の友好を深めたいと昔から思っていた私にはピッタリのプログラムであった。卒業までには留学をして、ホームステイを経験すると決めていたが、大抵の語学留学は午前が授業で午後は休みというのが多く、これでは遊学になると思い、もっと自分自身が成長できるプログラムを探した結果、この英国インターンを選んだ。最初はなぜ「インターン」というのか理解できず、ボランティアだと思い参加したが、一週間の研修期間を終えて活動が始まったら「インターン」という意味を理解した。


*やったこと

私たち全国から集まった9人は事前に3人一組に振り分けられ、1週目の研修期間を利用して、授業をつくりあげていった。マニュアルを参考にしながら、こどもに何を教えたらいいのか、どう教えればいいのか、授業の流れはどうすればいいのか、時間配分はどうするか、どう表現をすれば見やすいかなど意見を出し合いながら話し合った。2週目から授業が始まってからも、前日の夜に集まって練習をしたり、授業後は毎回反省会を開き、自分の感想や改善点などといった意見を交換し合った。この場では学年関係なく自由に意見を言うことができる。このような誰もが平等に意見を言い合える場はとても貴重であったと思う。私にとって、この意見を出し合える時間は入社前の良い練習になれたと思う。
2週目からは、朝早くから学校に到着し、授業の準備を始める。午前の授業が終われば、子どもと一緒に給食を食べることができた。イギリスの小学校の給食を食べるということは普段では絶対にできないとても貴重なことだと思う。ここでは日本との学校教育の違いを間近でみることができた。また、イギリスの食文化を知ることができた。給食後は午後の授業が始まり、授業後は反省会、次の日の準備を行って家に帰るという流れになる。帰宅後はホストファミリーや一緒に住んでいる留学生とそろって夕食をとり、たくさん英語を使ってお話をすることができた。私は留学生との相部屋を選んだため、夕飯の時間以外でもお話をすることができた。また留学生がよく集まるパブに連れてってくれたり、他の留学生とも友達になることができた。活動で朝早くでることが多く、迷惑をかけたが、協力的なルームメイトだったので、問題なく3週間を過ごせた。
週末はインターンと一緒にロンドンやオックスフォードなどの旅行も楽しめた。


*学んだこと

私は人見知りをするし、チーム活動の経験があまりないので、ちゃんとやれるのか最初はとても不安だった。だが、私たちはすぐに仲良くなることができて、学年が違っていても敬語を使わず、友達だったかのように交流することができた。毎晩夜遅くに集まって次の日の練習なども行ったが、これもなかなか楽しい経験であった。折り紙を教えあったり、授業に必要なものを作ったり、みんなで心を合わせて「よい授業にしていこう」という目標に向かって活動をしたので、インターンの間には特別な絆が生まれたと思う。

このインターンで一番学んだことはチーム活動の大切さである。チームで活動をすると、アイディアは人数分に増え、一人で思いつかなかった部分をカバーしてくれる。一人では気づかなかったこともチームで動けば気づいてくれる。つまりチーム活動は各自の長所を発揮し、お互いの短所を補っているので、活動がうまくいける。またチーム活動ではお互い協力しあうことが必然となる。そこで協力し合うことの大切さと協力してくれるありがたさを知ることができた。協力し合うことはそう簡単なことではない。チーム内のコミュニケーションが大切であることをこのインターンで実感することができた。例えば、折り紙の授業で他の人のペースを気にせず自分のペースで教えていたら各グループの進行に大きな差ができてしまったり、書道の配布物で事前のコミュニケーション不足による勘違いで3人が別々の物も配ったりすることもよくあった。

私は就活を終えてからこのプログラムに参加したが、就活前に参加していればよかったとつくづく思っている。何故なら、半年間の就活を通して、企業はチーム力を大事にしていることがわかった。また、このチーム活動は日本企業の特徴でもあり、仕事するのに当たって欠かせない能力だということを知った。エントリーシートや面接でチーム活動について聞かれることが度々あった。エントリーシートを添削してもらうときもよく「個人のことしか書いてない」と先生や先輩に言われていた。私は今までチーム行動の経験がなく、チーム力についてアピールできるところがなかった。私のエントリーシートの通過率が低かったのもこれが原因の一つであったと思っている。もしこのプログラムに参加していたら、もっとエントリーシートや面接で満足のできる自己アピールができたと思う。就活が終わった後に参加しても、私はこの活動を入社前の練習になれると思った。子供たちを顧客だと考え、顧客を満足させるためにミーティングをし、企画をするということをイメージしながら活動した。今まで団体で企画活動を行う経験が全くなかった私にとっては、この活動を参加することによって、中間テスップを踏めたと思う。これから企業で行う企画や団体活動をやっていけるという自信がついた。

そして、このプログラムは様々な学校を訪問し、様々な学年に授業を行うため、その学校の文化、学年によって授業内容や教え方を変えなければならなかった。また、何が起こすかわからない小学生を相手にするため、臨機応変に対応をしなければならなかった。一つ一つのことに寄り添って考えることや臨機応変に物事を対応する能力は社会でもかなり求められる能力であると思うので、これらも練習することができたと思う。

また、今回は日本文化を伝えるということで、折り紙、書道、かるたを教えた。私にとって、最初は一番馴染みがなかったのはカルタである。何故なら、カルタは子供の時に遊んだのみで、大人になってからはやる機会がなくなっていた。だが、カルタを紹介することによって、カルタは言語を学習するにあったて大変良い遊びだということに気付いた。更に、カルタは他の国にない日本独自の文化であることにも気づいた。1日間に渡り子供に英国史のカルタ作りの指示を行ってきたが、カルタ作りによって子供たちは楽しんだだけでなく、英国史への理解を深めることもでき、更にカルタの素晴らしさに気付くことができた。この活動に参加することによって、改めて日本の文化について考えることができた。
この活動では、日本では絶対に学べない英語表現を学ぶことが出来る他、観光や留学では絶対に行くことが出来ない学校や地域に行くことが出来る。学校の中では現地の学校教育はもちろん、生活文化、食文化、家族観、労働、ジェンダーなどと様々な視点をたったの3週間で日本との違いを見つけることが出来、考えさせられる。

勉強になることがたくさんある一方、子どもと接する時間がなんと言っても一番楽しかった。こどもと英語で話すことはかなりの難関であったが、ここで必要なのは言語力よりもコミュニケーション料理が求められると思う。こどもはかなり人懐っこく、授業を通してすぐに仲良くなれた。授業以外にこどもとランチを食べることが出来た。担当しなかったクラスの学生にも囲まれて、恋話や文化の違いなどについてたくさん話すことが出来た。こどもと話すことはとてもいいリスニングのトレーニングになるし、コミュニケーション力を養うことができる。学校の中で歩いていると、私たちが教えた「こんにちは」で挨拶してくれたり、最後には日本語で「ありがとう」と言ってくれたことが一番嬉しかった。

この英国インターンは毎日忙しく、ハードな日々であったが、留学、旅行では絶対にできないことを経験することができ、毎日充実し有意義な3週間を過ごすことができると思う。

 

東西文化を融合、カルタのイエローカードを発案

1109nozomi
大竹のぞみさん
学習院女子大学国際文化交流学部2年
イギリス・2011年9月参加


私はかるたに特別な思い入れを持っています。私の故郷、群馬県では郷土かるたが盛んに行われています。年始の県大会に向けて地域で練習するというのが、小学生の恒例地区行事となっています。秋から夜、公民館に集まってかるた練習をしたことで、地域の子や監督してくる大人達と交流することができました。また、題材となっている県内それぞれの市町村や偉人、地理、特産物について自然と知識が身につきました。今回、イギリスへのインターンを決めた理由の一つもかるたを主軸に活動していくということで自分の経験が生かせるのではないか、現地の子ども達が地域について考える機会を与えられるのではないかと思ったからです。


実用的な英語表現を学ぶ

一週間目は、午前中は語学学校にて、かるた紹介を子どもたちが理解し興味を持ってくれるように改善し、練習しました。講師に教えてもらった表現の中で、札を数える時の掛け声として「Ready Steady Go!」や列に並ばせるための「make a queue」などは実用的で使う頻度も高くかなり役に立ちました。


「かるたにされていた所だ」!と感動

町巡りや活動外の時間に散歩をしている時などには、3月のインターンでのRamsgateの町かるたの題材を見つけて感動してしまいました。その「感動」はどこかガイドブックやテレビなどに載っている有名な物を見た時や名所巡りをしている時の気持ちと似ているものでした。かるたにされていた所だ、日本から外国に来たんだという実感や喜び、興奮の「感動」だったように思います。


のイエローカード?!

私たちのチームがかるた紹介を小学校でする前日に、かるたを行ったチームの報告で「お手付き」が良く理解できてないようだ、というものがありました。最初は白板にお手付きに関するルールを書こうかと思いましたが、夢中になっているさなかにそれを覚えているだろうか?と思いやめました。そこで言葉や文字でなく視覚的に瞬時にお手付きをしたことを分からせるにはどうすればいいかを考えました。そこで考え付いたのがイギリスの国技フットボールのイエローカードでした。一方的に日本の文化ばかりを伝達するのではなく、双方向の流れがある活動にしたいと思っていたことが思いついたきっかけでした。日本の遊びでイギリスのスポーツのものを用いるということで、遊び自体に両国の融合、交流が起こるのです。

チームのメンバーにアイデアを伝え黄色の折り紙折ってイエローカードを用意しました。前日チームからのアドバイスであるトーナメント制とデモンストレーション時にお手付きの様々なパターンを実際にやって見せ、且つイエローカードも駆使するということになりました。使ってみたところイエローカードを実際にゲーム中、用いた時にみんなで「イエローカード!!!」と言ったり「あと一回でレッドカードだよ!」と言ったりしてくれていて好感触でした。ゲームやトーナメント制もヒートアップして嬉しかったです。しかし6チーム作ってカード1組、1チーム対1チームでトーナメントを行ったので負けたチームが退屈してしまった。また、プレイヤー以外のチームメンバーが絵札の位置を教えてしまっているということを訴えてくる子ども達が多かった。


役に立った町めぐり

二週目にはかるた作り対象の町であるMargateとBirchingtonを巡って、Thanetのサイトの観光のページに載っている場所を中心として、題材になりそうな物の写真を集めました。自分の足で散策し実際に回ってみることでその土地について知ることができ、現地の人とは異なる外部の視点からの題材を確保できました。この写真は実際のかるた作りにおいて、子ども達のトピック選びとデッサンに役に立っていました。ただの観光で来たらそこまで見るものも見つけられずに終わってしまっていただろうこと、小学校訪問の間のリフレッシュになったことなどインターンにとっても、この活動はとても良かったです。


カルタの絵札を展示

Margateの学校でかるた大会を行った際には、子ども達が作った絵札を掲示しました。撮ってきた写真の題材を使ってくれている子もいれば、ファストフード店が多く使っている子もいて様々でした。今回、メンバーの中から展示作品の投票と表彰の提案があり、行うこととなりました。これで対戦時中以外に退屈になってしまうという、前回の課題が克服されていました。また、投票することで子ども達にとっての良い札を知ることができました。意外にも世界的なハンバーガーチェーン点が一位をとりました。私達と子ども達で興味の惹かれる物が全く違うのだということが分かりました。


かるたづくりの課題

三週目は学校側の都合により急遽BirchingtonからBroadstirsに変更になりました。それに合わせて前週と同様に町巡りを行いました。この週で私達のチームはかるた作りをしました。町巡りの写真を見せると、「ここ家族で食べに行くお店だよ」、「これはどこ?」などと反応が良かったです。アルファベットや題材選び、読み札作成はスムーズに決まりました。その時に担任の方に電子黒板を使ってパソコンで書きだしてもらったので後の作業でも打ちこまず、ほぼコピー&ペーストで済ませられました。題材の重複に授業後の作業中に気がついて翌日変えてもらったのですが、変えたことでデッサンの見本となる写真が用意できなくて、作業が進まない子が出てしまいました。また、読み札を詩的にするということができず、全体的にただの長文になってしまう傾向がみられました。この二点は、次回の参加者に是非気をつけて、改善してもらいたいと思います。


カルタ大会&投票

かるた大会は前週にやったということもあり、前日の準備などはかなり早く終わりました。かるた大会では、先生が絵札を並べたマットの上にはプレイヤーしか入らないようにしてくれていたため、今回は他の子が位置を教えてしまうこともなかったです。前回同様、投票を行ったのですが、2クラスということで数が多く、全部見ないで入口に近い方に点が集まってしまいました。また、投票数も実際の人数よりも少なかったです。今回は先生賞も加わったことで大人の視点からも評価することができました。

このように徐々に段階と経験を踏んで、かるた作りとかるた大会にもっていったことで、進行しつつ改善することができました。また、現地の子ども達が地域について考える機会を与えられたと思います。題材選びの時に食べ物のジャンルの班で例としてフィッシュ&チップスを上げた時に「テイクアウトでもいいんだね」という発言があり、あまりにも身近すぎてイギリスを代表する食べ物という意識がなかったようでした。


カルタを通じた、町おこしの可能性

また、自身が既成のRamsgateの町かるたの題材を見つけた時の気持ちを生かすと、町かるたで街おこしになるのではないかと思いました。観光者や転居者、留学生向けに町の地図とかるたマップを融合させた物を作ったりそれをインターネットに載せたり、それを使ってスタンプラリーのようなイベントも開催できると思います。まだまだ、かるたには活用方法や隠れた力がありそうです。


カルタづくりで得たこと

イギリスでかるた作りに取り組んだことで、プレゼンテーションスキルの向上はもちろん、改めて日本文化について考えることができました。また、個人ではなく集団であったために自分にはない意見がもらえたり、経験談を聞けたりと、普通の旅行ではできない体験ができて良かったです。これだけで終わらず今後これを何かに生かしていきたいと思いました。

 

かるた大会が大成功

1102ayaka
小川彩華さん
学習院女子大学国際文化交流学部1年
2011年2月参加


カルタは、小学生時代の好きな遊び

まず初めにイギリスでカルタづくりをするということは、私が今回のインターンに参加をすることを決めた要因の一つである。なぜならばカルタは、小学生時代の私の好きな遊びの一つであり、地域の小学生が集まる大会に参加をしたり、友達と自分たちのオリジナルのカルタを作って遊んだりするなどして、とてもカルタに慣れ親しんでいたからだ。だから今回のインターンでカルタづくりをするということを聞いたときは、当時のことがとても懐かしく思い出され、ぜひイギリスの子供たちにもカルタの楽しさを知ってもらいたいと思ったのだ。 しかしイギリスにはカルタのようなカードゲームはないので、カルタについて上手く理解してくれるかということや、気に入ってくれるかどうかということを初めは不安に思っていた。けれども実際にイギリスの小学校を訪問し、授業に臨んでみるとみんなとても真剣に話を聞いてくれ、すぐにルールやどのようにカルタを作るのかということをわかってくれた。あまりにもスムーズにカルタを作成することが出来たのでとても驚いた。


学校カルタづくりに参加

私が携わったのは学校に関係したカルタ作りだった。学年はイギリスの小学3年生。作る手順は、まずみんなで学校に関する単語を出し合い、沢山でたらそれぞれが担当したい場所を挙手で決めていった。喧嘩や揉めたりすることもなく、一人ひとりの担当箇所が決まった。またこの方法のおかげで偏ることなくいろいろなテーマに関するカルタが出来た。このことはゲームをする上で、いろいろな種類があると飽きないでより楽しむことが出来ると思うのでとても良かった点だと感じる。 カルタ作りの一日目は決まった題材の絵の読み札作りと絵札の下書きをした。読み札づくりは3つ、しかも頭文字が異なるものを作らなければならなかったので、子供たちは少し苦労をしていた。しかし先生や私たちに助けを求めたり、上手く文を倒置させたりして、そんなに時間を掛けずに読み札を作り終えた。みんなでそれぞれのアルファベットの頭文字が被らないように決めるのも、すんなり決まってすごくカルタ作りは苦労するだろうなと思っていたが、むしろ呆気なく完成してしまった。二日目は絵札を絵の具で描き、生徒ひとりひとりの思いの詰まったイギリス初のオリジナルのカルタがついに完成したのだった。


苦労した点

しかし苦労したのは生徒たちにカルタをつくるのを教える時ではなく、そのあとの事務作業であった。その理由は二つある。一つ目は小学三年生の文字は、まだ字体がはっきりしていないのでなかなか読むことが出来ず、なんと書かれているのかを読み取ることが一苦労で、誰が作ったのかという名前さえも先生の力を借りなければ正確に読み取ることが出来ず、とても時間が掛かってしまった。二つ目は誤字脱字が思っていたよりもとても多かったことである。特にbとdを混同して使っている生徒がとても多かったことにはびっくりした。同じくらいの年齢の日本人の生徒が「は」と「ほ」を間違えてしまうようなものなのかなと思った。どちらの問題も最後に先生にチェックをしてもらったことにより無事に解決でき、妥協をすることなくしっかりとしたカルタが完成した。


日本と違う、イギリスの生徒

カルタづくりを通してイギリスの生徒と日本の生徒の違いを二つほど感じることが出来た。一つ目はイギリスの生徒の方がとても積極的であるということだ。なぜなら日本の生徒は答えがわかっていたとしてもなかなか手を挙げないが、イギリスの生徒はどんな質問にもクラスのほとんど全員が一斉に手を挙げて意見を述べようとしていたからだ。 二つ目は集中力がとても高いということ。なぜなら一つ目に述べたことからも話をよく聞いているということが言えるし、無駄話や違うことをする生徒は全く居ず、決められたやる作業が終わったら「次は何やるの?」としょっちゅう聞かれて逆に困ってしまうくらいだった。これらの違いはイギリスと日本の教育現場の違いから生まれて来るのかと感じた。それはクラスに先生が二人居て、生徒に目がよく行き渡っているからなのだと思う。またそれは、みんなが黒板のほうに向かって、同じ向きに座る日本とは違い、グループになっている机の並び方からも影響を受けているのだと思う。


カルタ大会が大成功

最後にカルタ大会についての感想を述べる。結論から言うと、大会は大成功だったと言えるだろう。なぜならゲームをしている子供たちの顔がとても生き生きとしていて、カルタを楽しんでくれていることが伺えたからだ。そのことからもイギリスの子供達にも、日本の伝統の一つであるカルタが受け入れられたということが感じられ、とても嬉しく思った。またチーム戦だったお陰で、自分のチームの子がカードを取ったらみんなでハイタッチをするなどして、とても盛り上がっていた。楽しそうにしている生徒たちの笑顔を見ることが出来てすごく嬉しかった。 でもやはり一番苦労したことは、言葉の壁である。生徒達が人見知りもせずに一生懸命話しかけてくれているのにも関わらず、上手く聞き取ったり、言ったりすることが出来なかったたからだ。しかし日を重ねるごとに出来るようにはなっていたが、自分の満足できるレベルではなく、とても悔しくて今回の経験で、語学力のアップに磨きをかけることについて今まででの経験の中で一番思い知らされた。このことに気づかされたことも今回のインターンに参加できて良かったことの一つだ。


フェアトレードも学びました

またタミー(※)さんに出会い、いろいろなフェアトレードに関するお話を聞くことが出来た事もとても良い経験であった。まだまだ勉強不足だと痛感し、これからの大学での勉強や、自分の勉強に生かしたいと思う。そして日本でももっとフェアトレードの認知度が上がり、フェアトレード商品を買う人が増え、アフリカやラテンアメリカ、アジアなどで今もなお苦しんでいる人々が、私たちが今出来ているような当たり前の生活をできるように、一刻も早くフェアトレード、つまり公正な貿易が行われるような日が来るといいなと思う。 (※招待団体サネットフェアトレード団体会長)